明治大学付属中野高校2年生―学習時間の増加で成績アップ!

明治大学付属中野高等学校の成績アップ事例を紹介します。

この生徒は高校2年の9月に入塾しました。入塾前の1学期期末テストでは、英語コミュニケーションが35点、数学Bが27点という状況でした。

しかし、入塾から4ヶ月間、当塾で学習していくことで、2学期期末テストでは英語コミュニケーションが53点、数学Bが52点と、大きく成績をアップすることができました。

なぜ成績が大幅に上がったのでしょうか? その理由をお伝えします。

入塾時の学習状況

入塾時はしっかりとした学習習慣のない状態からのスタートでした。家ではほとんど学習をしない状態でしたが、それでも進学のために成績を上げたいということで、「きちんと学習をする」という前向きな気持ちのもとで来てくれていました。

そんな中、当塾での学習を始めたのですが、わからない問題が多く存在する学校の問題を目の前に、気持ちを保っていくのが難しい状態でした。

学習時間の増加と積極的に問題と向き合う姿勢を確立

WAYSでは、学習することが苦手な生徒、難しい問題につまずいて手が止まってしまう生徒が多く通塾を開始しています。彼もまさにそんな状態からのスタートでした。

数学では、学校問題集のハイスコープ、英語では、単語の勉強を中心に学習をスタートしていきました。

特に数学に苦戦することが多かったので、あまりに止まってしまいがちな時には、塾にあるテキストでの補強学習をしながら学習をしてもらっていました。

英語はあまりストレスが多くならず、かつ学習習慣をつけられて基礎学力を向上できる英単語の学習をまずはスタートしました。

その中で、少しずつ長時間効果的に学習できるような状態に近づいていってもらいました。

効果的な学習時間の増加で成績アップ!

最初はすぐに眠くなってしまうところからスタートをしていました。しかし、学習が進むにつれて、勉強の成果が実感できるようになりました。そして、本人の学習時間が長くなり、学習法が身についていきました

基礎学力がついてくるまでに少し時間はかかりましたが、結果としては英語コミュニケーションでは53点、数学Bでは52点と成績を上げることができました。

他の数学や英語についても着々と点数を上げてきてくれています。

今後の目標

明治大学に進学することを目標にしています。「日々の学習時間をさらに増加させながら、成績をどんどん向上させていこう」と本人とも話をしています。

明大推薦テストの対策も含め、講習でもしっかりと下地をつけてきてくれているので、今後もさらなる得点獲得を目指して頑張ってもらおうと思います。

 

個別指導塾WAYSでは、このような勉強をする気が今のところ湧かないけれど、付属の大学に進学をしたいという生徒が多く在籍し、WAYSでの学習方法を身につけていくことで成績を上げていっています。

学校の成績でお悩みの方は、是非ともお問い合わせください!

The following two tabs change content below.
新井翔

新井翔

個別指導塾WAYS 高田馬場教室 室長 元気で明るく前向きに学習に向き合ってもらえるように、生徒さんとのコミュニケーションを大切にしています。学習に向き合うのに億劫になってしまっていたり、極力避けようとしたりということを出来るだけ取り除き、生徒さんの成績向上を成し遂げられるように努めてまいります。

コース紹介 中高一貫校生・高校生対象

中だるみ中高一貫校生の英語の数学定期テスト対策コース 高校生定期テスト対策コース

今日の人気記事

新着記事

帝京大学中学校2年生―効率の良い勉強サイクルを継続することで成績アップ!
三輪田学園中学校2年生―学習環境の改善で成績アップ!
東亜学園高校1年生―WAYSの勉強法を実践し成績アップ!
慶應義塾中等部3年生―解き直しの徹底で成績アップ!
学習院中等科1年生―学習習慣の定着で成績アップ!
成城中学校3年生―効率よく、そして問題集をしっかり解きこむことで成績アップ!
光塩女子学院中等科3年生―丁寧に解き直しを行うことで成績アップ!
獨協高校1年生―薄く広く基礎を復習することで成績アップ!
成城中学校1年生―勉強量の確保と短期目標の積み重ねで成績アップ!
攻玉社中学校1年生―解き直しの徹底で成績アップ!

2018年01月28日