明治大学付属中野中学校1年生―周回教材の設定で成績アップ!

明治大学付属中野中学校の成績アップ事例を紹介します。

この生徒は中学1年の11月に入塾しました。入塾前の2学期中間テストでは、英語1が59点、英語2が59点という状況でした。

しかし、入塾から1ヶ月間、当塾で学習していくことで、次の2学期期末テストでは英語1が69点、英語2が66点と、大きく成績をアップすることができました。

なぜ成績が大幅に上がったのでしょうか? その理由をお伝えします。

入塾時の学習状況

正直なところ、入塾時は勉強をあまりしているというわけではありませんでした。学習に関しての意欲はそんなに高くはないけれど、それでも何とか点数を取らないといけないということで、当塾に来てくれていました。

学校教材であるkeyワークやjack、シリウスは「さらっと」1通りに目を通しておしまいにしていたようでした。確かにそれでは難しいところが多いので、改善をしていこうということで、当塾での学習を始める形になりました。

周回教材を作り学習をする!

WAYSでは、周回教材を作って、周回学習をすることで高得点の獲得を目指しています。

今までのやり方だけでは困難なので、「さらっと」を「きっちり」にして、さらに周回教材としてやるものを指定し、前回よりも密度の高い学習ができるように学習の管理をしました。

学習姿勢を見ていると、少しダラダラとしてしまうところが見られ、通常学習の時間に集中力が伴っていない危険性も感じました。そこで、きちんとやるよう声掛けを多くおこない、当塾のスタイルで通常の学習を見守っていました。

周回教材と集中学習で得点UP!

今回は1ヶ月程度の短い期間でしたが、学習に対しての集中力を上げ、周回教材の設定をして、日々の学習効率を上げることで、定期テストの点数を上げることができました。

中学校生活では、こんなにきちんと英語をやったことはなかったようでしたが、周回教材を作り、それをきちんと学習していくことの大切さも感じてもらえたものと思います。

周回教材の対象教材を増やしたり、集中力を向上させて、そもそもの学習の成果を得やすい状態にしたりと、今後も課題を設定してそれをクリアしていくことで、より高得点を取れるようになっていってもらいます。

今後の目標

さらなる定期テストの点数向上が今後の目標になります。大学まできちんと進学をしていくために、学校の成績を十分に取っていきたいというところを、WAYSでは全力でサポートしていきます。

進学がらみの学校からの評価として、明治大学付属中野では英語検定にも力を入れているので、WAYSでの対策講座を通して、そちらもどんどん取得をしていく予定です。

 

個別指導塾WAYSでは、このような学習スタイルが確立していない生徒が多く入塾し、集中して周回教材の学習をすることで成績を上げていっています。

学校の成績でお悩みの方は、是非ともお問い合わせください!

The following two tabs change content below.
新井翔

新井翔

個別指導塾WAYS 高田馬場教室 室長 元気で明るく前向きに学習に向き合ってもらえるように、生徒さんとのコミュニケーションを大切にしています。学習に向き合うのに億劫になってしまっていたり、極力避けようとしたりということを出来るだけ取り除き、生徒さんの成績向上を成し遂げられるように努めてまいります。

コース紹介 中高一貫校生・高校生対象

中だるみ中高一貫校生の英語の数学定期テスト対策コース 高校生定期テスト対策コース

今日の人気記事

新着記事

八雲学園中学校2年生―問題の解き直しを繰り返すことで成績アップ!
学習院中等科3年生―学校の教材だけを徹底反復して成績アップ!
桐朋中学校2年生ー勉強の習慣づけで点数アップ!
山脇学園中学校2年生―問題集を繰り返し解くことで成績アップ!
三輪田学園高等学校1年生―春期講習で基礎を固めて1学期中間で成績アップ!
桐朋高校1年生―演習時間の確保と勉強効率を上げることで成績アップ!
立教新座中学校2年生―計画的に問題集に取り組んで成績アップ!
早稲田大学高等学院中学部2年生―講師が生徒の理解度を確認し成績アップ!
立川国際中等教育学校3年生―計画を立てて勉強を進めることで成績アップ!
光塩女子学院中等科2年生―問題を選定して効率よく学習することで成績アップ!

2018年01月30日