光塩女子中学1年生~周回教材を反復し、『WAYS Subject』で基礎事項を固めて成績アップ~

今回は光塩女子中学校1年生の成績アップ事例を紹介します。

この生徒は中学1年の9月に入塾しました。入塾前の1学期中間テストでは、英語が6割程度、数学(代数)が6割程度、数学(幾何)が6割程度という状況でした。

しかし、入塾から3ヶ月間、当塾で学習していくことで、次の2学期期末テストでは英語が91点、数学(代数)が70点、数学(幾何)が90点と、大きく成績をアップすることができました。

なぜ成績が大幅に上がったのでしょうか? その理由をお伝えします。

入塾時の学習状況

中高一貫校生の中学1年生によくあることなのですが、中学受験で燃え尽きてしまいすっかり勉強とは無縁な生活を送る方が結構多いです。
今回ご紹介する生徒さんも最初のお話を伺ったところそのようなご様子であったようです。

また、中学に入ってからは学習内容も難しくなり、そのうえ進度も速いので「何を、どのように」したらよいのかがすっかり分からなくなっていたようです。

したがって、早めにこちらを解決することが、今後の学力アップ・成績アップの鍵であると考えました。

それと同時に、「出来るようになったこと」のレベルを少しずつ上げていくことで、学習の習慣化の形成を図りました。

周回教材を丁寧にやって成績アップ

学校の定期試験の題材は、学校の教科書と問題集です。(これらは当塾において「周回教材」と呼ばれています。)
そして、学校の定期試験の目的は、生徒が学校で一定期間学んだ基礎事項がきちんと身についているのかを見ることにあります。

となると、余程の例外が無い限り試験問題の難易度は「基礎~標準」程度のものと言っていいでしょう。

言い換えれば、問題集の「A問題(基礎問題)」、「例題(基礎問題~標準問題)」程度のものが9割程度占めていると言っても過言ではありません。

今後学習するうえで必ず知っておかなければならない知識や技能が確実に出題されます。

それゆえ、上記の定期試験の性質を斟酌し、問題を「A問題」・「例題」に絞り、それを徹底的に繰り返していただきました。

もちろん定期試験では「B問題(応用問題)」も場合によっては出題されることがありますが、出題されてもごくわずかです。

それに、「A問題」と「例題」を確実にすればそれらの問題も手が付くようになります。

学校の教材(「周回教材」)を丁寧にさらっていくこと、その正答率を上げていくことこそが定期試験で成果を出すための王道であると断言してもいいでしょう。

『WAYS ENGLISH』と『WAYS MATH』を利用することで成績アップ!

当塾では『WAYS MATH』や『WAYS ENGLISH』という自社開発のアプリがあります。(これらは『WAYS Subject』といいます。)
それらは「説明」→「例題」→「類題」という構成です。

「説明」の部分でポイントを押さえた分かりやすい説明を読み、説明をきちんと理解できたかを「例題」で確認し、「類題」で演習量を確保するという内容です。

1問1問細かく点検することができ、その場で疑問点を解消できるしようとなっております。

こちらは間違えた問題が蓄積されていき、正解するまで同じ問題が繰り返し表示されます。

それゆえ、自分が間違えた問題が蓄積されていき、意識的に弱点克服ができるようなものとなっております。

今回の生徒さんは、2学期中間考査が終わり、答案が返却された後の比較的時間が取れる時期に、中間考査での弱点分野を吸い上げて、それを上記アプリで徹底的に復習しました。
アプリで復習することで基礎事項を徹底的に身に着けました。

さらに次の試験範囲となるであろう箇所を予習もしました。

定期試験2週間前には既に1周が完了しているという状態ができました。

そのような状態で「周回教材」に取り組んでいただいたため、順調に学校の試験範囲の学習を進めていくことができました。

今後の目標

今後の目標としては、席次と評定を上げていくことを掲げています。今の成績に満足することなく、さらに上を目指していただきたいと思います。

英語や数学が今後ますます難しくなっていくのでこれまで学んだ事項の理解を更に深めて、今後学んでいく事項と関連付けて理解していただければと思います。
そして、今回の勉強法を活用して、その他の科目も成績アップしていただければ幸いです。

個別指導塾WAYSでは、このような勉強の仕方が分からない生徒が多く入塾します。そして、「周回教材」と『WAYS Subject』を徹底学習することで成績を上げていっています。

学校の成績でお悩みの方は、是非ともお問い合わせください!

The following two tabs change content below.
木元 佑太朗

木元 佑太朗

東京大学文科1類入学、法学部卒業。 子供たちに自分の頭で考える習慣を身に着けさせることが理念。 科目を問わず入門・基礎から東大入試まで対応可能。 趣味は語学(英語、ドイツ語、フランス語)、ワイン、犬(柴犬・ゴールデンレトリバー)、古典芸能鑑賞、ランニング。

コース紹介 中高一貫校生・高校生対象

中だるみ中高一貫校生の英語数学理科定期テスト対策コース 高校生定期テスト対策コース 大学受験準備コース 大学受験コース

あなたにぴったりな記事10選

今日の人気記事

新着記事

2021年08月03日 東洋大学京北高校1年生~成功体験を積み重ねて成績アップ! 2021年07月30日 Focus Goldを使ったおすすめの勉強法 2021年07月26日 【大学受験】解き続けるだけ?現代文の点数を劇的に上げる勉強法 2021年07月16日 4プロセスは無意味?否、目的を理解していないだけです! 2021年07月12日 振り返えらなきゃもったいない!定期テスト復習の意義とその方法 2021年07月10日 【大学受験】キーワード読解はいつから?どうやって使う?徹底解説! 2021年07月05日 勉強に疲れたときの最適な休憩方法 2021年07月02日 ネクステ(Next Stage)はわかりにくい?潜む罠と対抗策 2021年07月01日 内職をして成績は上がる?失敗パターンから見る内職の効率 2021年07月01日 【中高一貫生向け】大学受験を考えている人の注意点

2021年02月26日