日本大学第一高校2年生―学習習慣を定着させて成績アップ!

日本大学第一高校の成績アップ事例を紹介します。

この生徒は高校2年の11月に入塾しました。入塾前の2学期中間テストでは、数学Ⅱが14点という状況でした。

しかし、入塾から1ヶ月間、当塾で学習していくことで、次の2学期期末テストでは数学Ⅱが75点と、大きく成績をアップすることができました。

なぜ成績が大幅に上がったのでしょうか? その理由をお伝えします。

入塾時の学習状況

この生徒は、高校1年生の頃は数学にはさほど苦手意識がなかったそうです。

しかし、学年が上がった矢先に、新型コロナウイルス感染症の影響を受けて休校期間ができてしまいました。
そして、休校期間中に学習習慣が乱れてしまい、勉強に身が入らなくなってゆきました。

学校が再開されてからも、一度乱れた学習習慣をなかなか修正できず、授業内容を整理しきれずに時間だけが過ぎてゆくという状況でした。

学校で扱った内容を徹底的に確認

こうした状況を打破するため、入塾後からは学校の授業内容を丁寧に理解する時間を作ることに重きを置き、学習を進めてゆきました。

授業で配布された数学のプリントを当塾で重点的に確認し、「この単元で大事なことは何か」を洗い出す作業を続けました。
日頃の学習内容が試験に直結するという意識を強く持ち、演習を通じて授業内容の復習を積み重ねました。

授業内容の確認の徹底で成績大幅アップ!

その結果、わずか1か月という短期間で、本人も驚くほどの成果を出すことができました。
「何をどうやって勉強すれば点数に繋がるか」という目標を明確に定めたことが、勉強のモチベーションに繋がりました。

また、定期的に通塾する習慣がついたことで、「〇曜日は数学をする日」という習慣を作ることができました。
正しい学習方法を、十分な時間をとって実践したことで、点数に結び付けることができました。

今後の目標

この生徒の今後の目標は、継続して点数を上げてゆくことと、基礎学力到達度テストで高得点を取ることです。

数学Ⅱ以外の科目についても、授業内容をより深く理解してさらに点数を上げてゆけるよう、3学期から取り組みを進めています。
そして、よい結果が出た数学Ⅱについても、これで満足せずに引き続き授業内容の反復を続けてゆきます。

また、日本大学の付属高等学校では、毎年4月と9月に基礎学力到達度テストという試験を行います(※新型コロナウイルス感染症の影響で、2020年度は4月のテストが中止となってしまいました)。
このテストは内部進学に際して非常に重要なものとなります。
この生徒も、まずは4月のテストを見据えて現在過去問の演習を進めています。

個別指導塾WAYSでは、このような「家で勉強しようとしても集中できない」と感じている生徒が多く入塾します。
そして、定期的に教室で勉強する習慣を確立し、正しい勉強法を身につけることで成績を上げていっています。

学校の成績でお悩みの方は、是非ともお問い合わせください!

The following two tabs change content below.
平雄作

平雄作

東京大学教育学部卒。 高校時代は囲碁部で高総文に出場経験もあり、勉強以外のことに打ち込む重要性も授業の傍ら伝えている。 趣味は囲碁、ゲーム、プロ野球観戦。

コース紹介 中高一貫校生・高校生対象

中だるみ中高一貫校生の英語数学理科定期テスト対策コース 高校生定期テスト対策コース 大学受験準備コース 大学受験コース

あなたにぴったりな記事10選

今日の人気記事

新着記事

2021年08月03日 東洋大学京北高校1年生~成功体験を積み重ねて成績アップ! 2021年07月30日 Focus Goldを使ったおすすめの勉強法 2021年07月26日 【大学受験】解き続けるだけ?現代文の点数を劇的に上げる勉強法 2021年07月16日 4プロセスは無意味?否、目的を理解していないだけです! 2021年07月12日 振り返えらなきゃもったいない!定期テスト復習の意義とその方法 2021年07月10日 【大学受験】キーワード読解はいつから?どうやって使う?徹底解説! 2021年07月05日 勉強に疲れたときの最適な休憩方法 2021年07月02日 ネクステ(Next Stage)はわかりにくい?潜む罠と対抗策 2021年07月01日 内職をして成績は上がる?失敗パターンから見る内職の効率 2021年07月01日 【中高一貫生向け】大学受験を考えている人の注意点

2021年03月02日