田園調布学園中等部3年生―解き直しの徹底で成績アップ!

田園調布学園の成績アップ事例を紹介します。

この生徒は中学3年の9月に入塾しました。入塾前の2学期中間テストでは、代数が67点、幾何が62点という状況でした。

しかし、入塾から3ヶ月間、当塾で学習していくことで、次の2学期期末テストでは代数が88点、幾何が92点と大きく成績をアップすることができました。

なぜ成績が大幅に上がったのでしょうか? その理由をお伝えします。

入塾時の学習状況

この生徒は宿題こそ真面目に提出していたものの、課題を毎日30分程度の時間でこなして終わりになっていました。毎日宿題を提出するために、模範解答を見てはノートを埋めるという作業を繰り返していたそうです。

テスト前に焦って復習を始めるものの、普段の定着度が低いため、一から問題集を解き直さなければなりませんでした。また、他教科の勉強にも圧迫されて、思う結果が出せないでいました。

解答を見たなら、その場では解けて当たり前

無駄に筆を止めないよう、当塾でも「1分考えても分からない問題は、模範解答を参考にしなさい」と指導しています。

どんな問題でも、解答を見ながらノートにそれを再現すること自体は難しくありません。重要なのは「1時間後にその問題を自力で解けるのか?」ということです。

テスト中は模範解答もヒントを出してくれる人もいないということは皆分かっています。分かっているからこそ、この生徒もテスト前に焦って復習をしていたのです。

当塾では、基本的に全生徒がその日学習した内容の解き直しを徹底しており、学習法が改善されることで多くの成果を上げています。もし普段から「自力で解ける状態までもっていく」ということを徹底できたとしたら、どれほどテスト2週間前からの勉強が楽になることでしょうか。

解き直し習慣の定着で成績大幅アップ!

以上のように、毎回の授業で解き直しを徹底したことにより、

代数は67点→88点(21点UP)
幾何は62点→92点(30点UP)

と大幅に成績を上げることができました。

成績を上げるためには、自力で解ける問題を増やしていくしかありません。そのために、

①分からない問題があれば、模範解答を参考にし、模範解答が分からなければ、先生に聞く
②解答を見たり、先生に聞いた問題はその日のうちに解き直す

ということを日々、徹底していくことで効率よく自力で解ける問題を増やすことができます。

この生徒の場合は、最終的に塾での授業時でだけでなく、自宅学習の際にも解き直しを行うようになったことで急激な成績UPにつながったのです。

今後の目標

次の目標は、今回の高得点を維持しつつ、余った時間で他の教科の成績を上げていくことです。

主要教科の成績が大幅に上がり、「副教科も成績を上げたい」とこの生徒は言い出しました。これまで手一杯だった科目に余裕ができたおかげで、心にもゆとりが生まれたのでしょう。

 

個別指導塾WAYSでは、学校の成績を上げたいと考えているものの、「中だるみ」に陥ってしまった生徒が入塾し、勉強方法を工夫することで短期間で結果を出しています。

学校の成績でお悩みの方は、是非とも個別指導塾WAYSにお問い合わせくだい!

The following two tabs change content below.
佐藤聖一

佐藤聖一

個別指導塾WAYS 自由が丘教室 室長 「何事も自分から」を信条に、日々自らを実験台として効果的な学習法・指導法を追究している。最近の興味の対象は語彙の増やし方。

コース紹介 中高一貫校生・高校生対象

中だるみ中高一貫校生の英語の数学定期テスト対策コース 高校生定期テスト対策コース

今日の人気記事

新着記事

学習院中等科1年生―学習習慣の定着で成績アップ!
成城中学校3年生―効率よく、そして問題集をしっかり解きこむことで成績アップ!
光塩女子学院中等科3年生―丁寧に解き直しを行うことで成績アップ!
獨協高校1年生―薄く広く基礎を復習することで成績アップ!
成城中学校1年生―勉強量の確保と短期目標の積み重ねで成績アップ!
攻玉社中学校1年生―解き直しの徹底で成績アップ!
東京都市大学等々力中学校3年生―先手のテスト対策で成績アップ!
横浜雙葉中学校3年生―WAYSの勉強法をしっかり身につけて成績アップ!
攻玉社中学校2年生―問題集を2周解いて成績アップ!
立教新座中学校2年生―余裕を持ってテストに臨めるようになって成績アップ!

2018年04月30日