立教女学院中学校1年生―『NEW TREASURE』を効率的に学習して成績アップ!

今回は立教女学院中学校1年生の成績アップ事例を紹介したいと思います。

この生徒は、1年生の冬期講習から入塾したのですが、後期の中間テストでは英語が47点でした。しかし、当塾の勉強方法を実践すると、後期の期末テストでは74点を取れるまでになりました。

では、どのような勉強を行って、ここまでの成績アップができたのでしょうか。

入塾時の生徒の勉強方法

立教女学院中学校の英語の教材は『NEW TREASURE』です。本教材は多くの中高一貫校で使われています。文法問題集やワークブックなどもあるため学習はしやすいですが、難易度も高いので闇雲に問題集を解いているだけでは成績に結びつきません。

この生徒の場合、問題集やワークブックの問題を全て解いておらず、所々演習していない問題がありました。

『NEW TREASURE』を効果的に利用

そのため、まず定期テストを分析して教科書本文と”READ”(NEW TREASURE内の長文)の対策を行っていきました。

学校の授業に遅れないように、予習として教科書の”KEY-POINT”(各文法の例文)で文法を学習しました。さらに教科書本文の中でも、その単元の文法が利用されている文を中心に解説していきました。

加えて、和訳や英訳が上手くできないものには、文法の復習も含めてできるようになるまで繰り返し確認しました。

『NEW TREASURE』には文法問題集があるので、文法問題はそちらを使って対策をしていきました。この問題集では間違えた問題にチェックをつけてもらい、解き直すことで文法の定着を図りました。

間違えた問題を中心に演習して成績UP!

問題集・ワークブックの間違えた問題を中心に、定期テスト前に繰り返し演習して万全の状態でテストに臨むことができました。その結果、英語の成績が上がっていきました。平均点を下回っていた点数も74点に上がり、平均点を越えることができました。

本人は問題を解くスピードについても気にしていたようですが、問題演習を重ねることで解答スピードも格段に速くなりました。

今後の目標

立教女学院は基本的に英語の平均点が高いので、高得点を維持し続けることが大切です。応用問題も出題されるので、初見の問題にも対応できるような英語力をつけていくことが必要になります。そのために、英文法を確実に身につけて読解力を高めていきたいです。

個別指導塾WAYSでは、学校や教材をもとに一人一人に合った勉強方法で様々な生徒が成績アップを成し遂げています。皆さんも個別指導塾WAYSで正しい勉強法を身につけて、効果を実感してみませんか。

学校の成績でお悩みの方は、是非ともお問い合わせください!

The following two tabs change content below.
田中 裕喜

田中 裕喜

個別指導塾WAYS 池袋教室 講師 学習塾で5教科幅広く指導した経験をいかし、渋谷教室の室長を務める。「継続は力なり」を信条に、正しい努力を続けていくことで成績が上がることを多くの中高一貫校生に実感させている。

コース紹介 中高一貫校生・高校生対象

中だるみ中高一貫校生の英語の数学定期テスト対策コース 高校生定期テスト対策コース

今日の人気記事

新着記事

高輪中学校3年生―定期テスト対策プリントをマスターして成績アップ!
攻玉社中学校1年生―キーポイントの高速暗唱で成績アップ!
法政大学高校2年生―学習習慣の定着で成績アップ!
攻玉社高校2年生ー問題に印をつけ、解き直しをすることで成績アップ
明治大学付属中野中学校1年生ー演習量を確保して数学の点数アップ!
星美学園高校2年生ー毎週配布されるプリントを徹底的に繰り返して成績アップ!
7月23日より夏期講習開始!
城北中学校1年生―文字を丁寧に書いて計算過程を見やすくすることで成績アップ!
海城高校1年生―計画的に学習を進めて成績アップ!
大妻中野高校1年生―演習量の確保と効率的な学習で成績アップ!

2017年07月26日