聖学院中学1年生―勉強意識の変化と早朝勉強で成績アップ!

聖学院中学の成績アップ事例を紹介します。

この生徒は中学1年の7月に入塾しました。
1学期期末テストでは、英語と数学(代数)の点数は平均点を大きく超えていましたが、数学(幾何)が71点という状況でした。

しかし、入塾から3ヶ月間、当塾で学習していくことで、2学期中間テストでは数学(幾何)が90点と、大きく成績をアップすることができました。

なぜ成績が大幅に上がったのでしょうか? その理由をお伝えします。

入塾時の学習状況

この生徒は非常に頑張り屋で、WAYSに入塾する前も独自に家庭学習をしていましたが、自身の課題点を意識せず、与えられた問題をただ漠然と解いていました。

自分が何を理解できていないのか、どうしてその答えになるのかを考えていないため、問題を解いても考え方の要点が身についていなかったのです。

また夜に勉強をしていたこともあり、集中がなかなか維持できない状況でした。

その結果、1学期期末の幾何のテストは、平均点より少し上の点数と納得できない結果となってしまいました。

WAYSで疑問を解決、早朝に勉強!

WAYSに入塾してしばらくの間はがむしゃらに問題に取り組むだけでしたが、1学期期末テスト後からはまず初めに勉強に対する意識を変えました。

それまでは学校の問題をただ漠然と解くだけだった状況が、予め自分で問題を解き、自分がわからない問題を明確にして、WAYSで質問をするように変わっていきました。

また勉強に充てる時間も夜中心から、毎朝早起きをして学校に行く前に集中して勉強するように切り替えました。

勉強に対する意識の変化と早朝の勉強で成績アップ!

学習習慣の変化は、この生徒の意識にも大きな変化をもたらしました。

2学期中間テストで高得点を取る目標を定め、目的意識を持って集中して勉強に取り組み、テストまでにテスト範囲を最低でも3周するように計画を立てて勉強を続けました。

そしてテスト範囲の周回を重ねることで問題への取り組み方・考え方が身につき、自信を持って2学期中間テストに臨むことができました。

また早起きをして登校する前に勉強をすることで、学校の授業を受ける際に頭がよく働き、学校の勉強の理解度も上がるといった好循環も生まれました。

今後の目標

この生徒の今後の目標は、学年末テストでも高得点を取ることです。

テスト直前に慌てて勉強するのではなく、毎朝コツコツ勉強をすることで、安定して実力を発揮できる下地を作っていくとの事です。
向上心旺盛なこの生徒を、我々講師一同も全力で応援しています!

個別指導塾WAYSでは、このような何とかして定期テストで点数を伸ばしたいと思う生徒が多く入塾しています。
そして、勉強意識の変化と周回数を重ねることで成績を上げていっています。

学校の成績でお悩みの方は、是非ともお問い合わせください!

The following two tabs change content below.
山本大人

山本大人

大学では英文学を専攻。「お子さまの目線に立って指導する」ことを常に心がける。趣味はランニングとオオクワガタ飼育。

コース紹介 中高一貫校生・高校生対象

中だるみ中高一貫校生の英語数学理科定期テスト対策コース 高校生定期テスト対策コース 大学受験準備コース 大学受験コース

あなたにぴったりな記事10選

今日の人気記事

新着記事

2021年08月03日 東洋大学京北高校1年生~成功体験を積み重ねて成績アップ! 2021年07月30日 Focus Goldを使ったおすすめの勉強法 2021年07月26日 【大学受験】解き続けるだけ?現代文の点数を劇的に上げる勉強法 2021年07月16日 4プロセスは無意味?否、目的を理解していないだけです! 2021年07月12日 振り返えらなきゃもったいない!定期テスト復習の意義とその方法 2021年07月10日 【大学受験】キーワード読解はいつから?どうやって使う?徹底解説! 2021年07月05日 勉強に疲れたときの最適な休憩方法 2021年07月02日 ネクステ(Next Stage)はわかりにくい?潜む罠と対抗策 2021年07月01日 内職をして成績は上がる?失敗パターンから見る内職の効率 2021年07月01日 【中高一貫生向け】大学受験を考えている人の注意点

2021年01月05日