成城中学校3年生―納得できるまで繰り返し演習して成績アップ!

成城中学校の成績アップ事例を紹介します。

この生徒は中学2年の12月に入塾しました。入塾直後の3学期期末テストでは、数学1が60点という状況でした。

しかし、入塾から6ヶ月間当塾で学習していくことで、中3の1学期期末テストでは数学1が87点と大きく成績をアップすることができました。

なぜ成績が大幅に上がったのでしょうか? その理由をお伝えします。

入塾時の学習状況

入塾当時、この生徒は1日平均1時間程度の家庭学習をしているにも限らず、全体的な成績は平均にも届かない状態でした。特に暗記が苦手だと自覚しており、勉強をするときも公式を見ながら演習を繰り返していました。そのため、結果として本番では公式が覚えきれず、「公式がわかっていれば解けたのに解けない」状態までにしかなっていなかったのです。

納得いくまで繰り返し演習!

生徒は「暗記が苦手」と言っていましたが、もっと深く勉強の様子を見てみると、「公式をなぜその問題で使うのか」「そもそもなぜその公式は成り立つのか」などを考えず、公式は暗記するものと決めつけて、よく理解をしないまま演習を繰り返していたのです。

そこで私たちはまず公式を覚えさせるのではなく、なぜこの公式が成り立つのかという部分も含めて解説し、納得した状態で頭の中に残りやすくしました。あとはその公式を反復演習させることで、「暗記する」のではなく「身につく」状態にしていったのです。

「暗記が苦手な原因」を深く掘り下げることで成績アップ!

一度「苦手」と決めつけてしまうと、そこからの改善は困難です。なので、WAYSでは「なぜ苦手なのか」ということを本人と話し合い授業の様子をみることで、原因をつきとめます。

この生徒の場合「公式はただ暗記するだけ」と決めつけていたため、なかなか頭に入ってこなかったのです。しっかり公式の成り立ちを理解したことで、自分で公式を作り出すこともでき、「暗記」ではなく「導きだす」ことができるようになっていきました。

もともと自宅でも勉強をする生徒であったため、一度勉強法のコツを掴めばどんどん理解が深まり、結果として半年で入塾当初より+20点以上も成績を上げることができました。

今後の目標

今後の生徒の目標は、他教科でも安定して平均以上の点数をとることです。英語や理科でも「暗記」と決めつけずに「なぜそうなるのか」を考え、「暗記科目は苦手」と思わなくなるように学習に向き合います。そのためにも、WAYSでは暗記法だけではなく「なぜそうなるか」を意識しながら指導にあたっていきます。

個別指導塾WAYSでは、このような「なぜ暗記が苦手か」という理由に向き合っていない生徒が多く入塾します。そして、「理解して反復演習をする」など、悪い勉強法の原因を改善することで成績を上げていっています。
学校の成績でお悩みの方は、是非ともお問い合わせください!

The following two tabs change content below.
中里豪

中里豪

個別指導塾WAYS市ヶ谷教室室長。上智大学理工学部物理学科卒。勉強が得意なことはもちろん、作編曲に必要な音大レベルの音楽知識も有し、ピアノ・バイオリンなど様々な楽器演奏を趣味としている。

コース紹介 中高一貫校生・高校生対象

中だるみ中高一貫校生の英語の数学定期テスト対策コース 高校生定期テスト対策コース 大学受験準備コース 大学受験コース

今日の人気記事

新着記事

中高一貫校生の最強パートナーは!?WAYSと一緒に成績爆上げ状態に!
二松学舎大学付属高校2年生―「出来ない」問題のみを繰り返すことで成績アップ!
【決定版】英検CSEスコアを知って、ライティング対策をしよう!
開智未来高校1年生―問題選定と演習時間の確保で成績アップ!
成績が上がったきっかけを伝授!学校と塾の授業に全力で挑んだ結果~
日本工業大学駒場中学校3年生―勉強法の定着で成績アップ!
成績が伸び悩んでいる生徒必見!成績の上がる教科書・問題集の使い方!
九段中等教育学校6年 大学受験対策をすることで定期試験の成績もアップ
鎌倉学園3年生―解答再現→解き直しのサイクルで成績アップ!
横須賀学院高等学校1年生―本質理解とテスト範囲の反復で成績アップ!

2019年10月22日