成城中学校3年生―効率よく、そして問題集をしっかり解きこむことで成績アップ!

成城中学校の成績アップ事例を紹介します。

この生徒は中学3年の6月に入塾しました。入塾前の1学期中間テストでは、代数が26点(60点中)という状況でした。

しかし、入塾から6ヶ月間、当塾で学習していくことで、2学期期末テストでは代数が56点(60点中)と大きく成績をアップすることができました。

なぜ成績が大幅に上がったのでしょうか? その理由をお伝えします。

入塾時の学習状況

この生徒は、部活動の活動が多く自宅での勉強習慣がない生徒でした。

保護者様の間で「この学年は宿題の量が一番多く厳しい」と話題に出るほど、テスト前は課題が課されており、それをただこなすことで精一杯になっているとのことでした。

使用している教材は、中学の内容に関しては『体系数学』、高校の内容に関しては『4プロセス』を使用しています。どちらも完成ノートに解き進める方式をとっていますが、テスト前に答えを見てわかったつもりになっていたようです。

効率よく学習するためには?

この生徒は、1つの問題に時間をかけてしまう傾向がありました。そのため、「問題を解く際時間をかけすぎる」⇔「時間に余裕がなくなる」→「やっつけ仕事になる」という悪循環を生んでいました。

部活動に時間を多く割いている前提を考え、効率よく学習する方法を身につけていく必要性を諭しました。その後、時間をかけるべき問題・そうでない問題の分類をしっかり行い、学習の抑揚がつくように学習すべきだと説明しました。

なぜそうなるのかを考えながら勉強することで成績大幅アップ!

WAYSでは、まずテキパキ行うことを重視して指導しました。指導中は、「悩んだら先生にヒントをもらう」もしくは「解答を見てどういうことかを考えて学習する」ことを徹底してもらいました。1つの問題に集中して取り組む力が功を奏し、テスト範囲全てをしっかり解くというサイクルができるようになっていました。

また、WAYSで学習時間を2時間確保することにより、自分の学習ペースを知ることができたようです。

その結果、26点だった点数が右肩上がりで伸びていき、2学期の期末テストでは56点をとることができました。

今後の目標

数学の成績が上がるとともに学年順位も上がってきています。この生徒は、学年順位をもっと上げることを目標として掲げています。具体的には、学年順位を100位にし、その後は50位にするという目標です。

WAYSでの学習指導は数学のみですが、他科目も効率よく勉強できるよう、「いつから・どのくらいのペースで・どの順番で」学習していくかを今後も指導していきます。

個別指導塾WAYSでは、このような部活動が忙しく学習時間を確保できない生徒が多く入塾します。そして、効率よく学習する方法を習得することで成績を上げていっています。

学校の成績でお悩みの方は、是非ともお問い合わせください!

The following two tabs change content below.
福永龍一

福永龍一

個別指導塾WAYS 飯田橋教室 室長 慶応義塾大学法学部出身。「生徒と同じ目線で授業を行う」ことをモットーに日々指導に邁進する。 趣味:カラオケ、ドラマ鑑賞、携帯ゲーム

コース紹介 中高一貫校生・高校生対象

中だるみ中高一貫校生の英語の数学定期テスト対策コース 高校生定期テスト対策コース

今日の人気記事

新着記事

2019年7月22日より夏期講習スタート!
高輪中学校3年生―類題を繰り返し解くことで成績アップ!
早稲田高校1年生―学習習慣の形成で成績アップ!
成城中学1年生―テストまでの学習計画作成で成績アップ!
日本大学豊山高等学校1年生―わからない問題をその場で解決して成績アップ!
大妻中学校3年生―わからない問題を繰り返し解き直すことで成績アップ!
実践女子学園高校1年生―質問と演習の徹底で成績アップ!
早稲田中学3年生―勉強時間と集中できる勉強環境の確保で成績アップ!
攻玉社高校2年生―学習習慣を身につけて成績アップ!
駒場東邦中学校2年―WAYS勉強法を徹底して成績アップ!

2019年03月26日