横浜雙葉中学校3年生―WAYSの勉強法をしっかり身につけて成績アップ!

横浜雙葉中学校の成績アップ事例を紹介します。

この生徒は中学3年の4月に入塾しました。入塾直後の1学期期末テストでは、英語が55点(平均点-16点)、数学が64点(平均点-1点)という状況でした。

しかし、当塾で学習していくことで、次の2学期中間テストでは英語が75点(平均+20点)、数学が76点(平均点+22点)と大きく成績をアップすることができました。

なぜ成績が大幅に上がったのでしょうか? その理由をお伝えします。

入塾時の学習状況

この生徒は、入塾当初から平均点前後の点数を取ることはできていました。

しかし、横浜雙葉中学校は2期制であるため、1回の定期テスト範囲が広範囲になります。したがって、普段から地道に勉強を継続する必要がありました。

また、英語の授業で使用している『Progress』を一度解いて学習を終了していました。つまり、WAYSで圧倒的な演習時間を確保して教材の解き直し をすれば、点数を伸ばせる可能性があったのです。

「わかった」から「自力で解ける」状態へ

まずは、1コマ120分という長時間の学習に慣れてもらうことから始めました。WAYSでは集中して学習に取り組む生徒が隣にいるため、自分も集中して頑張ろうという意識になるようです。

テスト前には、

・間違えた問題にチェックを付ける
・自分で白紙の状態から解くことができるかを確認する
・指導終了前にもう一度「解き直し」を行い、自力で解ける状態にする

といった点数アップの必勝パターンがしっかりと身についていました。

また、テストの直前には再度全問「解き直し」を行い、すべての問題を自力で解ける状態に仕上げました。こうして、テスト本番に臨むことができたため、この生徒の大幅な点数アップは当然だったと言えるでしょう。もちろん、この生徒の努力は並々ならぬものでした。

出題パターンを知ることで成績アップ!

一問一問、自力で解ける問題を増やし続けた結果、数学・英語ともに平均点を20点も上回ることができました。上記の 学習法を続けていくうちに、各科目の 出題パターンを知ることができます。こ れを知った生徒の成績はさらに向上 していくことでしょう。

WAYSには熱意を持った講師がいます。今までの「わかって満足」という学習習慣を改めてもらうことは決して容易ではありません。しかし、講師が目の前にいる生徒に熱意を持って励まし続けることで、生徒自身の意識が変わっていきます。

今後の目標

今後の目標は、身につけた学習法を他教科にも応用し、苦手科目を克服することです。最も効率が良く、テストの点数に直結するWAYSの学習法を身につけたこの生徒にとって、達成は時間の問題でしょう。

個別指導塾WAYSでは、このような成績が安定しない生徒が多く入塾します。そして、WAYSの学習方法を身につけることで成績を上げていっています。

学校の成績でお悩みの方は、是非ともお問い合わせください!

The following two tabs change content below.

丸山貴嗣

個別指導塾WAYS 横浜教室 室長 早稲田大学社会科学部卒業。生徒たちに対し、WAYSでの学習をもとに将来的には全方位的・横断的な学問をしてもらいたいと願っている。

コース紹介 中高一貫校生・高校生対象

中だるみ中高一貫校生の英語の数学定期テスト対策コース 高校生定期テスト対策コース

今日の人気記事

新着記事

2019年7月22日より夏期講習スタート!
高輪中学校3年生―類題を繰り返し解くことで成績アップ!
早稲田高校1年生―学習習慣の形成で成績アップ!
成城中学1年生―テストまでの学習計画作成で成績アップ!
日本大学豊山高等学校1年生―わからない問題をその場で解決して成績アップ!
大妻中学校3年生―わからない問題を繰り返し解き直すことで成績アップ!
実践女子学園高校1年生―質問と演習の徹底で成績アップ!
早稲田中学3年生―勉強時間と集中できる勉強環境の確保で成績アップ!
攻玉社高校2年生―学習習慣を身につけて成績アップ!
駒場東邦中学校2年―WAYS勉強法を徹底して成績アップ!

2019年03月05日