横浜雙葉高校1年生ー圧倒的な勉強量で成績アップ!

横浜雙葉高等学校の成績アップ事例を紹介します。

中学3年の8月に入塾したこの生徒は、高校生になってから伸び悩んでいました。高校1年の1学期中間テストでは、代数が74点(平均+5点)、幾何が66点(平均-4点)という状況でした。

しかし、高校初の中間テストから約4ヶ月間、夏期講習で一気に学習量を増やしたことで、次の1学期期末テストでは代数が67点(平均+14点)、幾何が80点(平均+13)、大きく成績をアップすることができました。

なぜ成績が大幅に上がったのでしょうか? その理由をお伝えします。

高校進学時の数学の学習状況

横浜雙葉の授業は進度がとても早く、高校に入ってからより難度が上がります。
1学期の中間テスト時点では、今まで通り学校の授業を理解し塾で復習をするものの、十分な反復演習ができていない状態でした。

解き方が頭では分かっていても、テストで正確にアウトプットができる状態を作れていませんでした。
つまり、「分かる」が「できる」に変わるまで演習を積めていなかったということです。

夏期講習を利用して一気に演習量を増やす

今までは一度解いた問題は「理解し終わったからもうやることはない。」という判断をしていました。
そこで夏期講習では教科書の『4STEP』の周回に力を入れました。

特に難しい単元である数列は一度解いた問題を何度も繰り返し、確実に自力のみでできる状態にしていきました。
夏期講習は朝から晩まで塾に通う日も多く、本当に長時間よくがんばっていました。

「分かる」が「できる」に変わり成績アップ!

教科書や問題集の周回を繰り返すことで、テスト本番では問題を見てすぐに解法が浮かぶというレベルに達することができました。

1学期の期末テストでは、問題を見た瞬間にペンを動かすことができ、簡単に解けるという感覚を持てた、と話してくれました。
これは代数と幾何両方において当てはまり、特に苦手としていた幾何でも80点という大きな得点アップにつながりました。

今後の目標

この生徒の次の目標は、次回テストでの英語表現の得点アップです。
数学で成功体験を得ることができたこの生徒は、量をこなすことの重要性に気づくことができました。

英語も同じ方法で学習し、成績アップを狙っています。
英文法に長い間苦手意識があるので、その苦手科目で結果を出すことができれば大きな自信になります。

大学受験は理系として挑む予定です。
将来やりたいことも徐々に決まりつつあるようなので、今後はより目的意識を持って学習に取り組めることでしょう。
大学受験に向かうための土台作りを、我々が全力でサポートしていきます。

個別指導塾WAYSでは、このように机には向かっているのに結果の出せていない生徒が多く入塾します。
そして、過去のやり方や習慣にとらわれず、結果が出せる力がつくまで反復することで成績を上げていっています。

学校の成績でお悩みの方は、是非ともお問い合わせください!

The following two tabs change content below.

池田尊久

個別指導塾WAYS 横浜教室 教室長  早稲田大教育学部英語英文学科卒。個別指導講師歴10年。得意科目は英語。「目の前のことをいかに楽しむかがすべて」という信念を胸に、生徒をポジティブに変化させるため日々奮闘中。趣味は英会話、カフェ巡り、歌うこと。

コース紹介 中高一貫校生・高校生対象


あなたにぴったりな記事10選

今日の人気記事

新着記事

2021年10月15日 清風高等学校1年生―わからない問題を粘り強く学習することで成績アップ! 2021年10月15日 要約を制する者は読解を制す!そのやり方とコツ 2021年10月13日 【大学受験・英語】正しい音読のやり方!速読力を伸ばす最強の勉強法 2021年10月12日 駒込高校1年生―演習量の大幅増で成績アップ! 2021年10月08日 東山中学校3年生―解き直しの徹底と確認テストの実施で成績アップ! 2021年10月08日 大人も使える!高校生におすすめの英語の勉強法 2021年10月08日 成績を上げたい中学生の保護者が知っておくべきポイント! 2021年10月07日 【おすすめ】定期テスト2週間前からの勉強計画 2021年10月05日 山手学院中学3年生―疑問点や分からない問題を塾で解決し成績アップ! 2021年09月28日 令和3年度 早稲田高校 1年生 数学 1学期 期末テスト分析

トップページに戻る


指導コース紹介

講座紹介

新規開校情報

新規開校 たまプラーザ教室

トップページに戻る