巣鴨中学校2年生ープリントの全範囲を網羅することで成績アップ!

今回は巣鴨中学校の成績アップ事例について紹介したいと思います。

この生徒は、2学期の期末テストは代数:74点、幾何:76という結果でした。

しかし、当塾で勉強をし始め学年末テストでは代数:92点、幾何:95点と高得点を獲得するまでになりました。

なぜ成績が大幅に上がったのでしょうか? その理由をお伝えします。

入塾時の生徒の勉強方法

巣鴨中学校の数学は主に『体系数学問題集』の完成ノートを使っていますが、この代の生徒は代数・幾何共に授業でプリントが配られて、それを授業中に答え合わせして進めていきます。

このプリントの問題は難易度が高いです。解答がないので、授業で答え合わせをするものとなっています。毎回の授業をしっかり聞いて解き方をメモしておかなければ、分からないまま授業が進んでしまいます。

この生徒の場合、授業はしっかり聞いていましたがプリントを1度解いただけで終わりにしてしまっていたので演習量が十分ではありませんでした。

プリントを何度も繰り返してテスト対策

演習量が足りないと感じたのでプリントを何周もできるように指導をしました。

同じ内容のプリントを2枚持っていたので、それを利用して復習と解き直しを繰り返しこなすようにしました。

この生徒は数学が苦手ではないので、難易度が高い問題の分からない部分をピンポイントで解決していく方法で対策をしていきました。

この方法でプリントの内容を3周繰り返し復習したところ、演習量も増え、正確性とスピードが上がっていきました。

プリントをすべて網羅し、大幅な点数アップ

このような勉強法を当塾でおこなった結果、点数が大幅に上がり代数・幾何は共に90点以上の高得点を取ることができました。

ほぼ毎回、授業でプリントが配られるので1回のテスト範囲も広いですが、計画的に取り組むことで十分こなせる量です。

プリントを確実に定着させればテストで高得点が取れます。テスト前に最終確認として全プリントのできなかった問題をピックアップして、全範囲を網羅できるようにすることが重要です。それが高得点につながったと思います。

今後の目標

今回のテストでは数学でかなりの高得点を取ることができたので、今後は高点数を維持していくことが目標になってきます。

それは決して簡単なことではありません。この点数を維持するには今まで以上に努力をする必要があるでしょう。

しかしながら、本人もやる気はあるので私たちはそれを最大限にバックアップしていきたいと思っています。
 

個別指導塾WAYSでは、このような学校の成績で悩んでいる多くの生徒が正しい勉強法を身につけ、大幅な成績アップを実現させています。学校の成績でお悩みの方は、是非とも個別指導塾WAYSにお問い合わせください。

The following two tabs change content below.
田中 裕喜

田中 裕喜

個別指導塾WAYS 池袋教室 講師 学習塾で5教科幅広く指導した経験をいかし、渋谷教室の室長を務める。「継続は力なり」を信条に、正しい努力を続けていくことで成績が上がることを多くの中高一貫校生に実感させている。

コース紹介 中高一貫校生・高校生対象

中だるみ中高一貫校生の英語の数学定期テスト対策コース 高校生定期テスト対策コース

今日の人気記事

新着記事

淑徳巣鴨中学3年生―「なぜそうなるか」の質問を繰り返して成績アップ!
浅野中学校1年生―結果の出る暗記方法を実践して成績アップ!
城北中学校2年生―間違えた問題の徹底復習と3周繰り返すことで成績アップ!
2019年7月22日より夏期講習スタート!
高輪中学校3年生―類題を繰り返し解くことで成績アップ!
早稲田高校1年生―学習習慣の形成で成績アップ!
成城中学1年生―テストまでの学習計画作成で成績アップ!
日本大学豊山高等学校1年生―わからない問題をその場で解決して成績アップ!
大妻中学校3年生―わからない問題を繰り返し解き直すことで成績アップ!
実践女子学園高校1年生―質問と演習の徹底で成績アップ!

2018年04月22日