巣鴨中学校3年生―その日に学校でやった内容をWAYSで復習して成績アップ!

巣鴨中学校の成績アップ事例を紹介します。

この生徒は中学2年の6月に入塾しました。1学期期末テストでは、英文作成が73点、英文読解52点という状況でした。

しかし、入塾から1年間、当塾で学習していくことで、2学期中間テストでは英文作成が86点、英文読解が89点と大きく成績をアップすることができました。

なぜ成績が大幅に上がったのでしょうか? その理由をお伝えします。

入塾時の学習状況

入塾時の生徒は、家庭での学習時間をテスト期間中以外は全く取れていませんでした。また、復習する意識が無く、学校の提出物があれば提出はしていたのですが、答えをそのまま写して終わらせるといった学習を行っていました。

また、学校のテストは『ファーストステップ問題集』や『CROWN PLUS』から主に出題されていて、テスト内容はしっかり学習すれば点が取れる問題が8割、学習しても難しく感じる問題が2割だったそうです。

「3周ルール」で学校の内容を復習

WAYSでは、定期テストで出題源となるメインの教材を「周回教材」とし、その日指導内で扱う問題に関してはその日に2周させています。

さらに定期テスト直前にもう1周させる「3周ルール」を定期テスト対策勉強法として掲げています。

この「3周ルール」に則り、生徒は講師の指示に従いながらその日の学校の授業で取り組んだ『ファーストステップ問題集』や『CROWN PLUS』を復習することで、確実に記憶を定着させていきます。

復習する学習リズムが身につき、成績アップ!

これらの勉強法の結果、3学期中間テストでは英文作成が86点、英文読解が89点という高得点を取ることができました。

学校では授業で先生が板書しないような内容も綺麗にまとめるノート作りをするようになり、WAYSでは、そのノートを見ながら問題演習と復習に当てるといった学習のリズムを構築することができたそうです。

また、この経験によって、生徒が復習する大切さに気づくことができたのです。

今後の目標

この生徒の今後の目標は、2学期期末テストで学年20位以内に入ることです。
目標を達成するためには、英語をこの調子で成績を維持したまま、数学の点数を上げることが必要となります。今後は数学の応用問題の演習にも力を加えていく予定です。

巣鴨中学校では、応用問題に『Focus Gold』や『チャート式』の単元の中から抜粋されて出題されます。この2つの問題集から、WAYSの講師が頻出問題をピックアップし重点的に指導して参ります。

個別指導塾WAYSでは、このような家では全く勉強しなかった生徒が多く入塾します。そして、学校の学習進度に合わせて復習することで成績を上げていっています。学校の成績でお悩みの方は、是非ともお問い合わせください!

The following two tabs change content below.
橋本知加良

橋本知加良

東京大学大学院新領域創成科学科修了。専攻は環境学。 趣味は筋トレ、ポケモンGOなど暇があれば体を動かしている。

コース紹介 中高一貫校生・高校生対象

中だるみ中高一貫校生の英語の数学定期テスト対策コース 高校生定期テスト対策コース 大学受験準備コース 大学受験コース

今日の人気記事

新着記事

勉強のやる気を上げるたった1つの方法!
学習院女子高等科から大学へ内部進学するために必要な成績は?
早稲田実業で大学に内部進学するには?
数学で得点力アップのためにやるべきこととは?
日大豊山高校2年生ー効率的な勉強を行うとともに、勉強時間を増やすことで成績アップ
学習院中等科1年ー効率よく学習して、短期間で成績アップ
カリタス女子中学2年 ー「解き直しの徹底」と「演習量を増やすこと」で成績アップ!
京華高校2年生―こまめな復習で成績アップ!
大学受験コース 説明会・個別相談会開催のお知らせ
早稲田高校2年生―解説を読み込んで成績アップ!

2020年01月10日