都立杉並高校2年生―教科書対策の徹底で点数アップ!

都立杉並高校の成績アップ事例を紹介します。

この生徒は高校2年の9月に入塾しました。入塾前の1学期期末テストでは、コミュニケーション英語が37点、数学Bが20点という状況でした。

しかし、入塾から1ヶ月間、当塾で学習していくことで、次の2学期中間テストではコミュニケーション英語が58点、数学Bが64点と、大きく成績をアップすることができました。

なぜ成績が大幅に上がったのでしょうか? その理由をお伝えします。

入塾時の学習状況

この生徒は他塾で勉強をしていましたが、塾で問題を解く時間が少なかったため演習量を確保できていませんでした。「塾で聞いたからわかるけど、問題が解けない」という状況に陥っていました。

塾から自習をするよう促されましたが、自力で勉強することができず、聞くだけの状況に陥っていたのです。

このような期間が長く続いていたため、基礎学力が育っておらず、過去の内容の問題もなかなか正答できない状況でした。そのため、全教科の点数が伸び悩み、内申点から留年の可能性もありました。

演習量のアップと教科書対策の徹底

英語であれ、数学であれ、勉強量が足りなければ成績は上がりません。また、過去の内容ができていない状況で点数を大幅に上げるためには、「どの科目を、どのように上げるか」を考えなくてはいけません。

そこで、この生徒には英語の教科書対策を徹底しておこないました。

過去の文法知識について、必要な文法分野を短期間で学習して点数を上げるには、膨大な勉強量が必要になります。

しかしながら、教科書から問題が出るコミュニケーション英語については、その本文の単語、文章の並びなどをきちんと覚えれば、ある程度点数を上げることが可能となります。

和訳、単語チェック、音読、英訳を繰り返し勉強することによって、試験範囲内のテスト対策を徹底しました。

また、数学に関しても、過去の分野の知識が必要な数学2より、過去の数学と独立している分野が多い数学Bを勉強することで点数アップを狙いました。自力で問題を解くことを目標とし、何度も何度も解き直してもらいました。

短期でのテスト対策の徹底で成績大幅アップ!

今回この生徒は、内申を上げて進級をすることを第一目的として、短期的に成績が上げられる科目を集中して勉強しました。また、効率良い勉強法を徹底したため、暗記科目などの他科目にも時間が使えるように調整をおこなえました。

その結果、入塾後わずか1ヶ月程度で、英語は20点以上、数学は40点以上の大幅な成績上昇となりました。このように特定科目に絞って試験に出る問題を分析し、集中して勉強をすれば、短い時間でも成績を上げることは可能です。

今後の目標

この生徒の今後の目標は、進級後の大学受験に備えて英語文法の基礎や単語力をつけることです。今のところ、教科書対策に多くの時間が割かれていましたが、進級も決まれば後は基礎学力を上げるために時間を使えるようになります

 

個別指導塾WAYSでは、このような自学自習ができず、進級が危うくなる生徒が多く入塾します。そして、勉強時間の確保と、短期間で点数が上げられる科目の分析と集中的な勉強をすることで成績を上げていっています。

学校の成績でお悩みの方は、是非ともお問い合わせください!

The following two tabs change content below.
堤健之

堤健之

個別指導塾WAYS 吉祥寺教室 室長 教育で感銘をうけた言葉は山本五十六の「やってみせ、言って聞かせて、させてみせ、ほめてやらねば、人は動かじ。」

コース紹介 中高一貫校生・高校生対象

中だるみ中高一貫校生の英語の数学定期テスト対策コース 高校生定期テスト対策コース

今日の人気記事

新着記事

大船教室開校!2019年1月4日まで入塾金無料!
2018年9月10日より「英検」対策講座開始!
吉祥寺第2教室開校!2018年11月15日まで入塾金無料!
獨協中学校2年生―反復演習と学習リズム形成で成績アップ!
学習院中等科2年生―効率の良い勉強方法を身につけて成績アップ!
東洋英和女学院中学部3年生―単語の暗記で英語の成績大幅アップ!
成城高校3年生―「できる」問題を増やすルールを徹底して成績アップ!
成城中学校2年生―問題集を繰り返し解くことで成績アップ!
本郷中学校2年生―勉強習慣を身につけて成績アップ!
都立文京高校2年生―演習量の確保と勉強習慣の見直しで成績アップ!

2018年01月27日