十文字中学3年生―問題演習を重ね、解く力を養うことで成績アップ!

十文字中学校の成績アップ事例を紹介します。

この生徒は中学3年の11月に入塾しました。入塾前の2学期中間テストでは、数学Ⅰが26点という状況でした。

しかし、入塾から3ヶ月間、当塾で学習していくことで、3月の学年末テストでは数学Ⅰが66点と、大きく成績をアップすることができました。

なぜ成績が大幅に上がったのでしょうか? その理由をお伝えします。

入塾時の学習状況

この生徒の入塾前の学習習慣は、学校から出された課題を行う程度で、家庭学習をほとんど行っていなかったとの事です。

もちろん、テスト前にはテスト対策の勉強を一日当たり90分ほどの学習をしてはいました。
しかし、この学習では十分な演習量を確保できておらず、計算過程が長くなる問題が出題されるようになると、徐々に対応できなくなっていきました。

その結果、数学の試験において思うように得点できない状況となっていました。

演習量を確保し、解く力を養うよう意識

そこでWAYSではとにかく問題の演習量を確保し、基本公式を適切に運用して問題を解き進めていく基礎力を養うことに専念させました。

具体的には、学校の授業プリントと学校配布教材『Stage IA』の演習を普段から行い、こまめに復習していくよう指導していきました。

毎日問題演習を繰り返し、見ただけで解き方が自然と出てくるようになり、また、公式・計算のミスが無くなるほど学習を重ねたことで、自分で考えて解ける問題の量が増えていきました。

解く力を養ったことにより、成績アップ!

今までよりも多くの演習量を確保したことで、学年末テストでは数学Ⅰが66点と、以前よりも良い点数を取ることができました。
問題に適切に対応していく力が十分に養われ、得点できる問題数が増えた結果です。

また、毎週決まった時間に勉強を行うようになり、学習のリズムが整っていったことも大きく寄与しています。

今後の目標

この生徒は今後の目標として、これからも数学で平均点よりも10点以上高い点を獲得し続けていくことを掲げています。
他の教科と比較すると数学は苦手な科目とのことですが、今回の結果を受け、数学に対する苦手意識が軽減されたようです。

WAYSでは、この目標を実現するためにも引き続き、演習量を十分に確保することにより、問題に対応していける力を養っていきます。
また、学習のペース管理を行うことで、科目ごとの演習量に偏りが生じないよう、適切な指導を行っていきます。

個別指導塾WAYSでは、このように学校からの課題に追われ、演習量が不足してしまっている生徒が多く入塾します。
そして、日々復習を行い、演習時間を十分に確保し、問題に対応する力を養っていくことで成績を上げていっています。

学校の成績でお悩みの方は、是非ともお問い合わせください!

The following two tabs change content below.

松本悠希

千葉大学大学院 理学研究科 地球生命圏科学専攻修了。学部入学時から教育関係職を志望し、学部・院と個別指導塾にてアルバイトをしていた。また、学部生の時には高校教員免許(理科)を取得。趣味はテーブルゲームと園芸(特に水界植物の栽培・観察)。

コース紹介 中高一貫校生・高校生対象

あなたにぴったりな記事10選

今日の人気記事

新着記事

2022年05月14日 中高一貫校の英語教育についていけない!おすすめの塾と勉強法 2022年05月13日 年間を通して成績を安定させるためにはー「スタートダッシュを決めること」の利点 2022年05月13日 中高一貫校生に塾は必要?行くならいつから?将来を見越した対策とは 2022年05月12日 東京都千代田区 私立中高一貫校まとめ 2022年05月10日 京華高校1年生―演習量の大幅アップで成績もアップ! 2022年05月06日 新学年最初の定期テストが一番大事!理由と対策を解説! 2022年05月06日 京華中学校1年生―わからなかった問題を解き直す習慣をつけて成績アップ! 2022年05月03日 聖心女子学院中等科1年生―確認テストと学習習慣形成で成績アップ! 2022年04月28日 【数学】『サクシード』の新常識!正しい役割と使い方! 2022年04月26日 帝塚山中学3年生―徹底した苦手対策と反復演習で成績アップ!

ブログを検索する

キーワード・学校名などを
入力してください。

トップページに戻る


指導コース紹介


トップページに戻る