文教大学付属高校2年生―学習環境と学習時間を確保することで成績アップ!

文教大学付属高校の成績アップ事例を紹介します。

この生徒は高校1年の2月に入塾しました。入塾直後の3学期期末テストでは、英語が42点、数学が11点という状況でした。

しかし、それから約半年間、当塾で学習していくことで、高校2年の2学期中間テストでは英語が60点、数学が70点と、大きく成績をアップすることができました。

なぜ成績が大幅に上がったのでしょうか? その理由をお伝えします。

入塾時の学習状況

この生徒の入塾時の学習状況として、家で勉強する習慣はほとんどなく、テスト対策をしないままテストに臨むということがありました。

テストの前に学校から出される対策プリントにも手を付けず、学校の授業を聞き、復習の時間を取らずにテストを受けていました。

家で勉強をする習慣がなかったため危機感も薄く、勉強しようと思わないままテスト当日を迎えてしまうという状況が続いていました。

学校の教材にしっかりと取り組む

学校の定期テストは、基本的には各学校で指定されている教材から出題されることが多くあります。

この生徒の場合は、学校の定期テストの前に対策プリントが配布されました。
そのため、まずはその進捗を管理し、テストまでの期間でしっかりと取り組んでいくところから指導していきました。

WAYSでは学校の教材を持ってきて勉強することができるため、学校の定期テストの内容に即した対策を進めることができます。

また、解き進めていく中でわからないところは個別で解説をしていき、生徒の今の理解度に合わせて解説を行います。
本人も講義形式の授業が苦手なため、まずは自分で解き進めてわからないところは解説を聞くWAYSの指導方法が学習しやすいと話していました。

学習環境と学習時間を確保することで成績大幅アップ!

指導の結果、高校1年の3学期期末テストで英語が42点、数学が11点という成績から、高校2年の2学期中間テストでは英語が60点、数学が70点と、大きく成績をアップすることができました。

成績をアップすることができた1番の理由は、学習環境と学習時間を確保し、学校の教材を使用してテスト対策を行ったことです。

学校の教材を使い、基本的には自分で解き進め、わからない問題はその都度理解度に合わせて解説を受けることで、家で一人で勉強をするよりも効果的にテスト対策を進めることができました。

今後の目標

今後の目標は、評定平均を上げることができるように、今回の点数をキープしながらより高い得点を目指すことです。

この生徒は、目標を達成するために、学習時間を確保できるよう自分が足りないなと思ったら追加でコマを取って勉強を進めていきたいと話していました。
引き続き、学校の教材をしっかりとテストに向けて進めていけるように指導を行っていきます。

個別指導塾WAYSでは、このような家での学習習慣がほとんどない生徒が多く入塾します。そして、効果的な学習環境と学習時間を確保することで成績を上げていっています。学校の成績でお悩みの方は、是非ともお問い合わせください!

The following two tabs change content below.
菊池真衣

菊池真衣

東京学芸大学B類理科専攻に入学後、子どもの発達や教育に関わる心理学への学びを深めるため、名古屋大学教育学部発達教育臨床コースに編入学し卒業。趣味は読書、カラオケ、季節行事を満喫すること。

コース紹介 中高一貫校生・高校生対象

中だるみ中高一貫校生の英語の数学定期テスト対策コース 高校生定期テスト対策コース 大学受験準備コース 大学受験コース

今日の人気記事

新着記事

勉強のやる気を上げるたった1つの方法!
学習院女子高等科から大学へ内部進学するために必要な成績は?
早稲田実業で大学に内部進学するには?
数学で得点力アップのためにやるべきこととは?
日大豊山高校2年生ー効率的な勉強を行うとともに、勉強時間を増やすことで成績アップ
学習院中等科1年ー効率よく学習して、短期間で成績アップ
カリタス女子中学2年 ー「解き直しの徹底」と「演習量を増やすこと」で成績アップ!
京華高校2年生―こまめな復習で成績アップ!
大学受験コース 説明会・個別相談会開催のお知らせ
早稲田高校2年生―解説を読み込んで成績アップ!

2020年02月18日