成城中学校1年生―勉強量の確保と短期目標の積み重ねで成績アップ!

成城中学校の成績アップ事例を紹介します。

この生徒は中学1年の6月に入塾しました。1学期期末テストでは、数学Ⅰが31点(60点中)、数学Ⅱが26点(40点中)という状況でした。

しかし、入塾から4ヶ月間、当塾で学習していくことで、次の2学期期末テストでは数学Ⅰが47点(60点中)、数学Ⅱが35点(40点中)と大きく成績をアップすることができました。

なぜ成績が大幅に上がったのでしょうか? その理由をお伝えします。

入塾時の学習状況

この生徒は、1時間集中して勉強することさえ困難な生徒でした。

原因として、中々やる気が起こらなかったことや集中を妨げる物が周りに散らかり、学習環境が整っていなかったことが挙げられます。勉強の習慣がついていなかったため、WAYSでの1コマ2時間という学習時間はとても長く感じたようです。

現実的な目標設定と解答の書き方の改善

WAYSでは、授業の始めに目標を立てます。

この生徒の場合、当初は適当にこれ位と目標を立て、達成できなくても気にする様子はありませんでした。そこで、より確実にこなせる量を目標にするよう指導しました。また、数学の解答の書き方が雑だったため、自ら計算ミスを招いてしまっていました。それを解決するため、計算や文章題の書き方に関して細かくチェックを入れていきました。

量が多い『システム数学』でしたが、ただ終わらせるだけでなく、間違えたらすぐに解き直しをすることをその都度指導していきました。習慣を変えることは中々骨の折れる作業ですが、素直な性格も手伝い、短期間で改善がみられました。

間違えたところをすぐに解き直しする習慣の徹底で成績アップ!

このような地道な努力の結果、4カ月後の2学期期末テストでは数学Ⅰが16点、数学Ⅱは9点アップすることができました。解答の書き方を直したことにより、思考過程が整理されたようです。

勉強時間は入塾時1日1時間弱でしたが、今は2時間に増えたそうです。また、以前は机の周りに勉強を妨げる物が散らかっていたようですが、自宅で勉強ができる環境を整えるようになったそうです。

今後の目標

この生徒は、今は理科・社会の点数を上げることを目標とし、勉強に励んでいます。

この生徒がWAYSのシステムで気に入っているところは「自分のペースで無理なく進められるところ」だそうです。定期テストで努力が成績に反映され、生徒が喜ぶ様子を見ることは指導する側にとってこの上ない喜びです。今後も更なる成績アップを目指して指導していきます。

個別指導塾WAYSでは、このような勉強に実が入らない生徒が多く入塾します。そして、目標設定の改善や解き直しをしっかりすることで成績を上げていっています。

学校の成績でお悩みの方は、是非ともお問い合わせください!

The following two tabs change content below.
後藤玲七

後藤玲七

個別指導塾WAYS 飯田橋教室 講師 アジア、欧米約20カ国を旅して日本の中高生の自己肯定感を高める必要性を切に感じる。13年間、学習塾で数学を指導した経験を活かし、将来のビジョンを自ら描けるよう自立型学習による論理的思考力を鍛える。座右の銘は「意志あるところに道あり」

コース紹介 中高一貫校生・高校生対象

中だるみ中高一貫校生の英語の数学定期テスト対策コース 高校生定期テスト対策コース 大学受験準備コース 大学受験コース

今日の人気記事

新着記事

共立女子校中学2年生ー問題集の期限設定とテスト前期間の繰り返し学習で成績アップ!
大学受験コース説明会開催のお知らせ
武蔵中学校2年生ー学習習慣を身につけ成績アップ!
青山学院中等部1年生ー問題集を3周解いて成績アップ!
東京女学館中学校2年生ー効率の良い勉強方法を身に着けて成績アップ!
城北中学3年生―復習の完成度を高め全てを漏れなく復習して成績アップ!
本郷中学校1年生―アウトプット重視の演習授業で成績アップ!
横浜女学院高等学校1年生―学習時間を確保することで成績アップ!
青山学院横浜英和中学高等学校1年生―120分で2回理解できる「解き直し」で、成績アップ!
中央大学附属中学校3年生―確実な学習時間確保で成績アップ!

2019年03月15日