城北中学校1年生―文字を丁寧に書いて計算過程を見やすくすることで成績アップ!

今回は城北中学校の成績アップ事例について紹介したいと思います。

この生徒は数学の得点が徐々に下がってきて、2学期の中間テストでは数学が52点でした。

その後、当塾で勉強をし始めると2学期の中間テストでは52点だった数学が、3学期の学年末テストでは72点と得点をアップすることができました。

なぜ成績が大幅に上がったのでしょうか? その理由をお伝えします。

入塾時の学習状況

城北中学校の数学では『体系問題集 数学 発展』を問題集として使っています。『体系問題集 数学 発展』は難易度が高く問題数も多いです。普段から計画的にこなしていかないと、すぐに授業から遅れてしまいます。

中学1年生は基本的な計算から授業が始まるのですが、この生徒の場合は文字を雑に書くため、計算式や計算の流れがわからないことが多かったです。そのため、間違えた部分を見つけることも大変でした。

文字を丁寧に書くことからスタート

そこで、塾の授業では問題集を解く際に、「字を丁寧に書くこと」を常に意識させて指導をおこなっていきました。

ノートやプリントを自らで確認させて、「先生に提出するもの」という意識づけをおこないました。雑に書いていると判断した場合は再度やり直しをさせるところまで徹底しました。

中々厳しいと思うかもしれませんが、文字を丁寧に書くことは常に意識させなければ直りません。問題集を解く際に、文字を丁寧に書くようになれば計算過程などもわかりやすくなります。また、間違えた部分や見直しもしやすくなります。

計算過程が見やすくなり得点アップ

このような勉強を当塾でおこなった結果、20点の得点アップをして成績を上げることができました。

文字を丁寧に書くことによってノートやプリントの計算過程が見やすくなり、間違えた問題の分析ができます。そのため、効率的に学習できるようになりました。

また、計算式も丁寧に書くようになったので、ケアレスミスも以前より少なくなり点数アップにつながったのだと思います。

今後の目標

今回のテストでは、「文字を丁寧に書くことは成績に関係がある」ということを実感してもらえました。数学は国語と違い言葉を書くことは少ないですが、計算過程や解法を示すことが大切です。

これらは学年が上がっていくにしたがって自然と求められてくる力です。ノートを綺麗に書くことにこだわることは良くないですが、効率的な学習をおこなうためにも見やすいノートにすることは必要でしょう。

 

個別指導塾WAYSでは、このような学校の成績で悩んでいる多くの生徒が様々な対策をして、大幅な成績アップを実現させています。

学校の成績でお悩みの方は、是非とも個別指導塾WAYSにお問い合わせください。

The following two tabs change content below.
田中 裕喜

田中 裕喜

個別指導塾WAYS 池袋教室 講師 学習塾で5教科幅広く指導した経験をいかし、渋谷教室の室長を務める。「継続は力なり」を信条に、正しい努力を続けていくことで成績が上がることを多くの中高一貫校生に実感させている。

コース紹介 中高一貫校生・高校生対象

中だるみ中高一貫校生の英語の数学定期テスト対策コース 高校生定期テスト対策コース

今日の人気記事

新着記事

帝京大学中学校2年生―効率の良い勉強サイクルを継続することで成績アップ!
三輪田学園中学校2年生―学習環境の改善で成績アップ!
東亜学園高校1年生―WAYSの勉強法を実践し成績アップ!
慶應義塾中等部3年生―解き直しの徹底で成績アップ!
学習院中等科1年生―学習習慣の定着で成績アップ!
成城中学校3年生―効率よく、そして問題集をしっかり解きこむことで成績アップ!
光塩女子学院中等科3年生―丁寧に解き直しを行うことで成績アップ!
獨協高校1年生―薄く広く基礎を復習することで成績アップ!
成城中学校1年生―勉強量の確保と短期目標の積み重ねで成績アップ!
攻玉社中学校1年生―解き直しの徹底で成績アップ!

2018年06月10日