城北中学校3年生―問題の演習量を確保することで成績アップ!

今回は城北中学校の成績アップ事例について紹介したいと思います。

この生徒は5月の半ばから入塾しました。その直後の1学期中間テストでは数学Aが45点・数学Bが49点という結果でした。

しかし、当塾で勉強を始めた結果、1学期期末テストでは数学Aが61点、数学Bが80点、という大幅な得点アップを成し遂げました。

では、どのように得点を上げたのか、その勉強方法を紹介します。

入塾時の生徒の勉強方法

城北中学校3年生の数学は『Focus Gold』を使っています。『Focus Gold』は問題数が多く難しい問題もあるので、演習を上手くこなせず、内容が定着できていない状態でテストを受けていました。

また、『Focus Gold』には「*」~「****」まで4段階のレベル分けがあります。この生徒は、特に難易度を気にせずに前から順番に問題を解いていました。

そのため、テストでも問題の優先順位が分からずに易しい問題でミスをしてしまったり、演習量不足が原因のケアレスミスが多い状態でした。

問題集を繰り返してテスト対策

この生徒の場合、演習量が足りないと感じたので問題集を何周も解くように指導していきました。

中間テストが終わった直後から、期末テストに向けて『Focus Gold』を中心に最低でも2周はこなせるようにしました。また、解けなかった問題は解き直してもらい、確実に問題を解けるようしていきました。

最初は問題の優先順位などをあまり意識していない学習でした。そこで、簡単な問題からできるようにしていくなど、順番も意識して問題演習をするようにアドバイスしていきました。

演習量が増えて成績アップ

このような勉強方法を当塾で行った結果、成績が上がり数学2科目でかなりの得点アップをすることができました。

演習量が足りていなかった問題も解消されました。塾で問題演習をこなして疑問点を解消していけば、順調に成績が上がっていくことを実感してもらえたようです。そして、そのことが学習の自信にもつながりました。

今後の目標

中高一貫校は授業の進みが速いです。そのため油断するとすぐに授業についていけなくなってしまいます。まずは数学で高得点を維持し続けることが目標になります。

数学の点数が維持できるようになったら、英語などの科目にも力を入れていき、全体的に成績を底上げしていきたいと思います。

個別指導塾WAYSでは「分かる授業」ではなく、「できるようになる授業」を行っています。実際に、問題演習を重ねて「できるようになった」生徒が多数在籍しています。

学校の成績でお悩みの方は、是非ともお問い合わせください。個別指導塾WAYSで正しい勉強方法を身につけ、成績アップを実現させましょう。

The following two tabs change content below.
田中 裕喜

田中 裕喜

個別指導塾WAYS 池袋教室 講師 学習塾で5教科幅広く指導した経験をいかし、渋谷教室の室長を務める。「継続は力なり」を信条に、正しい努力を続けていくことで成績が上がることを多くの中高一貫校生に実感させている。

コース紹介 中高一貫校生・高校生対象

中だるみ中高一貫校生の英語の数学定期テスト対策コース 高校生定期テスト対策コース

今日の人気記事

新着記事

高輪中学校3年生―定期テスト対策プリントをマスターして成績アップ!
攻玉社中学校1年生―キーポイントの高速暗唱で成績アップ!
法政大学高校2年生―学習習慣の定着で成績アップ!
攻玉社高校2年生ー問題に印をつけ、解き直しをすることで成績アップ
明治大学付属中野中学校1年生ー演習量を確保して数学の点数アップ!
星美学園高校2年生ー毎週配布されるプリントを徹底的に繰り返して成績アップ!
7月23日より夏期講習開始!
城北中学校1年生―文字を丁寧に書いて計算過程を見やすくすることで成績アップ!
海城高校1年生―計画的に学習を進めて成績アップ!
大妻中野高校1年生―演習量の確保と効率的な学習で成績アップ!

2017年08月17日