高輪中学校3年生―WAYSでわからない部分をなくして成績アップ!

高輪中学校の成績アップ事例を紹介します。

この生徒は中学2年の11月に入塾しました。入塾前の2学期中間テストでは、英語総合が49点、英語演習が48点、代数が28点、幾何が43点という状況でした。

しかし、入塾から1年、当塾で学習していくことで成績を上げていき3年の3学期学年末テストでは英語総合が62点、英語演習が79点、代数が56点、幾何が79点と、大きく成績をアップすることができました。

なぜ成績が大幅に上がったのでしょうか? その理由をお伝えします。

入塾時の学習状況

この生徒は入塾時、自分で勉強してもなかなか成績が上がらないということで入塾しました。

高輪中学校の数学は『サクシード』を使用しています。この問題集は公立高校の偏差値60以上の学校で採用されることが多い難易度の高いものになります。

問題が難しく、数学が得意な生徒でも時間がかかる問題集なので、数学が苦手な生徒はすぐに自分で勉強することに限界が出てきます。

そのため、「宿題がうまく進まない」といった影響が出ていました。

わからない部分を効率よく解決

WAYSは演習中心の学習となります。わかる問題はどんどん自分で解き、わからない問題をじっくり教えることで時間を有効的に使えます。

この生徒もわからない問題はわかるまで教え、理解ができたら類題は自分でたくさん解くことで”わかる”を”できる”に変えていきました。

また、1度塾で解いた範囲を自宅学習用としたので、わからない問題もなくスムーズに自学自習ができました。

問題を”わかる”から”できる”に変え成績アップ!

定期テストの点数が取れない生徒の特長として、問題集の答えを見ながら1回だけ解いてテスト当日を迎えてしまうことがあります。

答えを見ながら解くのでもちろんすべての問題に〇がついてしまいますし、実際には自分で解ける状態になっていません。

WAYSでは自分1人で問題が解けるまで演習を繰り返します。そして、問題を1人で”できる”状態にしてからテストに臨んでもらいます。

この生徒も何回も演習を繰り返しました。ノーヒントの状態で答えがだせるようにしてから定期テストを受けることができたため、成績を上げることができました。

今後の目標

高校になり、その先の大学受験に向けて、まずは日々の学習をおろそかにしないよう良い成績を維持することが目標です。

そのためにも定期テストで高得点を取ることが大切です。2周の解き直しを徹底し、試験範囲の問題はノーヒントで解ける状態を作っています。

 

個別指導塾WAYSでは、このような勉強方法がわからない生徒が多く入塾します。そして、正しい勉強方法を実践することで成績を上げていっています。

学校の成績でお悩みの方は、是非ともお問い合わせください!

コース紹介 中高一貫校生・高校生対象

中だるみ中高一貫校生の英語の数学定期テスト対策コース 高校生定期テスト対策コース

今日の人気記事

新着記事

八雲学園中学校2年生―問題の解き直しを繰り返すことで成績アップ!
学習院中等科3年生―学校の教材だけを徹底反復して成績アップ!
桐朋中学校2年生ー勉強の習慣づけで点数アップ!
山脇学園中学校2年生―問題集を繰り返し解くことで成績アップ!
三輪田学園高等学校1年生―春期講習で基礎を固めて1学期中間で成績アップ!
桐朋高校1年生―演習時間の確保と勉強効率を上げることで成績アップ!
立教新座中学校2年生―計画的に問題集に取り組んで成績アップ!
早稲田大学高等学院中学部2年生―講師が生徒の理解度を確認し成績アップ!
立川国際中等教育学校3年生―計画を立てて勉強を進めることで成績アップ!
光塩女子学院中等科2年生―問題を選定して効率よく学習することで成績アップ!

2018年05月25日