中央大学附属中学校3年生―英数をバランス良く勉強して成績アップ!

今回は中央大学附属中学校3年生の成績アップ事例を紹介したいと思います。

この生徒は、1学期の期末テストでは英語が49点(平均62点)でした。しかし、当塾の勉強方法を実践すると、夏休み明けテストで62点(平均54点)、そして2学期中間テストでは70点を取れるまでになりました。

では、どのような勉強をおこなって、ここまでの成績アップができたのでしょうか。

入塾時の学習状況

中央大学附属中学校の英語の教材は『NEW TREASURE』です。本教材は多くの中高一貫校で使われています。文法問題集やワークブックなどもあるため学習はしやすいですが、難易度も高いので闇雲に問題集を解いているだけでは成績に結びつきません。

この生徒の場合、数学は好きだったのでよく取り組んでいたのですが、英語は嫌いなので英語の学習を避けていました塾で指導をしてみても、数学と比較して英語の勉強量は明らかに少なかったです。

英語・数学でバランスの良い学習をおこなう

そのため、まずは夏期講習で宿題だった英語の問題集を3周取り組むようにしました。2学期からの学習では、週3回の授業のうち2回、最低でも1回は必ず英語を扱うようにしていきました。

中央大学附属の英語では、単語帳の単語と英文の暗記がテストに出題されます。それらも授業内で確認テストをおこなうことで確実に定着をさせていきました。

また、『NEW TREASURE』には文法問題集があるので、文法問題はそちらを使って対策をしていきました。この問題集では、間違えた問題にチェックをつけてもらい、解き直すことで文法の定着を図りました。

英語の学習量を増やして成績UP!

夏休みから英語の学習量を増やしていったことで、これまでは不十分だった単語や英文の暗記も万全の状態でテストに臨むことができました。

その結果、夏休みテストから英語の成績が上がっていき、平均点を下回っていた点数も62点で平均点を超えました。さらに、2学期中間テストでは70点を取って、1学期期末テストと比較して20点以上も点数が上がりました。

本人も「英語は勉強すればできる」ということを実感して、現在も数学と英語をバランス良く学習しています。

今後の目標

今回のテストで英語でも比較的高得点を取ってきたので、英語と数学の2科目で平均点以上の点数が安定してきました。今後はその状態を維持しながら他科目の成績も上げて、全科目で平均点超えをしてもらいたいです。

 

個別指導塾WAYSでは、一人一人の学習量をタブレットで管理し、最適な学習をして多くの生徒が成績アップを成し遂げています。学校の成績でお悩みの方は、是非ともお問い合わせください!

The following two tabs change content below.
田中 裕喜

田中 裕喜

個別指導塾WAYS 池袋教室 講師 学習塾で5教科幅広く指導した経験をいかし、渋谷教室の室長を務める。「継続は力なり」を信条に、正しい努力を続けていくことで成績が上がることを多くの中高一貫校生に実感させている。

コース紹介 中高一貫校生・高校生対象

中だるみ中高一貫校生の英語の数学定期テスト対策コース 高校生定期テスト対策コース

今日の人気記事

新着記事

淑徳高校1年生ー問題集を難易度別で段階的に解いて成績アップ!
富士見中学校3年生ー学校課題を無理なくこなせるようにすることで得点アップ!
中高一貫校生が英検®準備を始める時期は?英検®への意識
中高一貫校生はリスニング、リーディング、スピーキング、ヒアリングどの分野が得意・苦手?
中高一貫校生の英検®の所持率は89.7%、持っている級は何級?
帝京大学中学校2年生ー効率の良い勉強方法をマスターすることで成績アップ!
海城中学校2年生―質問力を身につけることによって成績アップ!
桐朋中学校3年生―英語の三段階学習法で成績アップ!
日本大学第二高校2年生―勉強時間を確保し、計画を立てることで成績アップ!
香蘭女学校中等科2年生―圧倒的な学習時間確保で成績アップ!

2018年01月12日