中央大学附属高校1年生―塾の授業と自主学習を使い分けて成績アップ!

中央大学附属高校の成績アップ事例を紹介します。

この生徒は中3の3学期期末テストでは、数学の点数が44点(平均52点)という状況でした。

しかし、3月~5月の間、当塾で学習していくことで、次の高校1年生1学期中間テストでは数学Iが77点(平均75点)、数学Aが83点(平均75点)と、大きく成績をアップすることができました。

なぜ成績が大幅に上がったのでしょうか? その理由をお伝えします。

入塾時の勉強方法

当初の生徒は学習時間が足りず、当塾の授業でも提出期限の迫った数学の課題を終わらせていくような学習しかできていませんでした。もちろん問題集は1周するだけで終わっていたので、復習をしてテストの点数を上げていくという学習スタイルになっていませんでした。

部活等もあり通塾ペースが乱れていたため、計画的に問題集を進めていくことが難しい状態でもありました。そのことも提出期限に追われる学習になってしまう原因であったと思います。

2周目は自分で解いていく

しかしながら、学年が上がったこともあり、生徒自身の学習へ対する意識が変わってきました。加えて、高校からは宿題自体が減ったために、自分で計画を立てて問題集を進めていかなくてはなりません。

また、高校生になり数学の難易度が上がったため、自分の力だけで各単元の内容を理解し、問題集を解いていくのは非常に難しくなりました。そこで、『問題集の1周目は塾で演習し、2周目は自主学習で進めていく』というスタイルを取りました。

自分だけでは難しくても、当塾でなら分からない部分の解説を聞いて理解することが可能です。分からない問題を解消しながら1周目を解くことで、自主学習で2周目を解くときに、分からない問題で詰まってしまうという状態がなくなりました。

問題集を2周終わらせたことで成績アップ!

このスタイルで学習を進めていった結果、テストまでに数学I・数学Aの全範囲を2周達成できました。その結果、両方の科目で平均点を上回る点数を獲得できました。

今まではどうにか1周終わらせていたことを考えると、とても大きな進歩です。自主学習時にどんどん問題を解いていけることは、学習へのモチベーションアップにも繋がりました。

今後の目標

数学は平均点を越えたので、この成績をキープすることが目標です。英語では、前回惜しくも平均マイナス5点だったので、1学期期末テストでの平均点越えを目指しています。もちろん当塾の授業で分からない箇所をなくし、2周目を自主学習で進めるスタイルを継続しています。

個別指導塾WAYSでは、このような自分で学習を進めたくても上手く行かず、点数が伸び悩んでいる生徒が多く入塾します。本生徒のように、塾での学習と自宅学習のサイクルを円滑にすることで成績を上げていっています。学校の成績でお悩みの方は、是非ともお問い合わせください!

The following two tabs change content below.

コース紹介 中高一貫校生・高校生対象

中だるみ中高一貫校生の英語の数学定期テスト対策コース 高校生定期テスト対策コース

今日の人気記事

新着記事

大船教室開校!2019年1月4日まで入塾金無料!
2018年9月10日より「英検」対策講座開始!
吉祥寺第2教室開校!2018年11月15日まで入塾金無料!
獨協中学校2年生―反復演習と学習リズム形成で成績アップ!
学習院中等科2年生―効率の良い勉強方法を身につけて成績アップ!
東洋英和女学院中学部3年生―単語の暗記で英語の成績大幅アップ!
成城高校3年生―「できる」問題を増やすルールを徹底して成績アップ!
成城中学校2年生―問題集を繰り返し解くことで成績アップ!
本郷中学校2年生―勉強習慣を身につけて成績アップ!
都立文京高校2年生―演習量の確保と勉強習慣の見直しで成績アップ!

2017年07月06日