獨協高校1年生ー効率の良い勉強法で部活動と両立しながら成績アップ!

今回は獨協高校の成績アップ事例について紹介したいと思います。

この生徒は高校1年生の4月に入塾しました。中学3年生の学年末テストは平均点以下という状況でした。

その後、当塾に入塾して当塾オリジナルの勉強法を実践した結果、1学期中間テストでは代数61点(平均41点)・幾何79点(平均50点)と大幅に点数が上がりました。

さらに、その後も勉強を続けていくと、2学期の中間テストでは代数90点・幾何86点とトップクラスの点数を獲得できました。

このような結果が出た勉強法について紹介しようと思います。

入塾時の学習状況

獨協高校の数学の授業では、主に『アドバンス』という問題集を使用しています。学習の進度は、一般的な中高一貫校と同様に約1年分先取りをするスピードで速いです。

また、テストは標準レベルの問題が中心なので、問題集のA問題を確実に解けるようにすれば平均点以上は確実に取れます。そして、B問題まで解けるようにしておけば高得点が取れるようなテストになっています。

この生徒の場合、成績が伸び悩んでいた理由は勉強不足と疑問点の放置でした。運動部に所属していたので勉強と部活動との両立が上手くできず、問題集の課題も「とりあえず終わらせて提出」している状態でした。

効率の良い勉強法を身につける

そこで、当塾では『アドバンス』のテスト範囲を「代数、幾何共に2周以上する」という目標を立てました。

普段から多くの疑問点があったようで、指導時間中に多くの質問が出ました。

その際に、効率よく問題集を進めていくために「問題集の解説を読んで、わからないところをピンポイントで質問する」という勉強法を実践してもらいました。

疑問点を解消していくことで難易度の高い問題も解けるようになっていき、問題集のB問題も自力で解けるようになりました。

部活動との両立で大幅な成績アップ!

このような勉強法をおこなった結果、入塾後の中間テストでは大きく平均点を上回り、2学期には学年でも上位の高得点を取ることができました。

この生徒の場合は、今まで放置していた疑問点を解消したことが大きな成績アップにつながりました。質問の質も高いので、順調に力をつけていっていることがわかります。

現在も部活動と上手く両立をしながら、当塾の勉強法を実践して意欲的に学習に取り組んでいます。

今後の目標

今回のテストで正しい勉強法を身につけたことで、すべての科目で平均点を超えることができました。しかし、生徒本人に慢心はないので、今後も高得点を取り続けられるようにサポートしていきたいと思います。

 

個別指導塾WAYSでは、部活が忙しくて学習と両立できない生徒がたくさん入塾します。そして、当塾オリジナルの正しい勉強法を身につけて大幅な成績アップを果たしています。

学校の成績でお悩みの方は、是非ともお問い合わせください!

The following two tabs change content below.
田中 裕喜

田中 裕喜

個別指導塾WAYS 池袋教室 講師 学習塾で5教科幅広く指導した経験をいかし、渋谷教室の室長を務める。「継続は力なり」を信条に、正しい努力を続けていくことで成績が上がることを多くの中高一貫校生に実感させている。

コース紹介 中高一貫校生・高校生対象

中だるみ中高一貫校生の英語の数学定期テスト対策コース 高校生定期テスト対策コース

今日の人気記事

新着記事

八雲学園中学校2年生―問題の解き直しを繰り返すことで成績アップ!
学習院中等科3年生―学校の教材だけを徹底反復して成績アップ!
桐朋中学校2年生ー勉強の習慣づけで点数アップ!
山脇学園中学校2年生―問題集を繰り返し解くことで成績アップ!
三輪田学園高等学校1年生―春期講習で基礎を固めて1学期中間で成績アップ!
桐朋高校1年生―演習時間の確保と勉強効率を上げることで成績アップ!
立教新座中学校2年生―計画的に問題集に取り組んで成績アップ!
早稲田大学高等学院中学部2年生―講師が生徒の理解度を確認し成績アップ!
立川国際中等教育学校3年生―計画を立てて勉強を進めることで成績アップ!
光塩女子学院中等科2年生―問題を選定して効率よく学習することで成績アップ!

2018年01月17日