成城学園中学校2年生ーテスト計画を実行し成績アップ!

成城学園中学校の成績アップ事例を紹介します。

この生徒は入塾前の中1学年末テストでは英語が56点、代数が7点という状況でした。

しかし、当塾で学習していくことで、次の中学2年生1学期中間テストでは、英語が80点、代数が42点と、大きく成績をアップさせることができました。

なぜ成績が大幅に上がったのでしょうか? その理由をお伝えします。

入塾時の勉強方法

この生徒は、学校から宿題が出されないために何を勉強してよいのか分からない状況でした。そのために勉強時間自体も減ってしまっていました。

さらには、勉強時間が減ったせいで学校で今何をやっているのかも分からなくなってくる……、という悪循環に陥っていました。

テスト計画を一緒に立てよう

英語・数学は積み重ねの科目です。よって、定期テストまでに

① 苦手な単元の復習をする
② 学校の進度についていく

など、今何をすべきなのか、優先順位を整理しながら学習を積み重ねる必要があります。

入塾当初は中1の内容に大量の取りこぼしがあったため、定期テストまでの計画を立てながら、まずは前学年の教材を用いて復習に取り組みました。

当塾では学校教材を指導の中心に置いています。英語は『ニュートレージャー』のキーポイント対策と『文法問題集』の演習を行い、数学は『体系問題集』を演習しました。

「○○の問題集の△ページから△ページを◇周終わらせよう」と、計画を一緒に考えながら勉強を進めたことで、定期テストまでモチベーションを維持することができました。

前学年の復習+ニュートレジャー2周で成績大幅アップ!

一緒に立てた計画に従って、春休みの間に苦手単元をおさらいしました。その後、1学期中間テストまでに学校教材でテスト範囲を2周したことにより、英語の点数を平均点付近から24点も跳ね上げることに成功しました。

将来を見据えて大学受験に備えるためには、自立学習の術を身につけることが大切です。それには、日々の定期テストに向けて計画を立て、実行していくことが何よりの練習となります。

まずは「何を勉強したらいいか分からない」「計画を立てても実行できない」などの問題を解決し、徐々にレベルアップしていきましょう。

今後の目標

1学期中間テストでは、大きく英語・数学の点数を上げることができました。次は他の教科にも今回行った勉強方法を活かし、全体的な学力アップを目指しています。

中だるみしやすい中学2年生の間に、学習スタイルを確立してしまうことが重要です。

個別指導塾WAYSでは多くの生徒が当塾に通い、正しい勉強法を身につけて結果を出しています。学校の成績でお悩みの方は、是非とも個別指導塾WAYSにお問い合わせください。

The following two tabs change content below.
佐藤聖一

佐藤聖一

個別指導塾WAYS 自由が丘教室 室長 「何事も自分から」を信条に、日々自らを実験台として効果的な学習法・指導法を追究している。最近の興味の対象は語彙の増やし方。

コース紹介 中高一貫校生・高校生対象

中だるみ中高一貫校生の英語の数学定期テスト対策コース 高校生定期テスト対策コース

今日の人気記事

新着記事

学習院中等科1年生―学習習慣の定着で成績アップ!
成城中学校3年生―効率よく、そして問題集をしっかり解きこむことで成績アップ!
光塩女子学院中等科3年生―丁寧に解き直しを行うことで成績アップ!
獨協高校1年生―薄く広く基礎を復習することで成績アップ!
成城中学校1年生―勉強量の確保と短期目標の積み重ねで成績アップ!
攻玉社中学校1年生―解き直しの徹底で成績アップ!
東京都市大学等々力中学校3年生―先手のテスト対策で成績アップ!
横浜雙葉中学校3年生―WAYSの勉強法をしっかり身につけて成績アップ!
攻玉社中学校2年生―問題集を2周解いて成績アップ!
立教新座中学校2年生―余裕を持ってテストに臨めるようになって成績アップ!

2017年08月03日