日本女子大付属中学校1年生―WAYSで勉強法を学び成績アップ!

日本女子大学付属中学校の成績アップ事例を紹介します。

この生徒は入塾前の1学期中間テストでは、数学が40点という状況でした。

しかし、入塾から6ヶ月間、当塾で学習していくことで、2学期期末テストでは数学が77点と大きく成績をアップすることができました。

なぜ成績が大幅に上がったのでしょうか? その理由をお伝えします。

入塾時の学習状況

入塾時、この生徒は学校の宿題をこなすことに精一杯で自分から進んで勉強することができない状況でした。自宅学習は宿題が中心となっており、それ以外の勉強に取り組むことがなかなかできていませんでした。

学校から完成ノートやプリントが渡されていましたが、十分な演習量を確保することができておらず、点数に結びついていませんでした。

3周ルールの徹底

WAYSでは学校の教材を周回教材に指定し、定期テストまでにテスト範囲を3周するという「3周ルール」があります。学校から配られるワークやプリントからテストの問題は作成されるため、その教材を何周もすることを第一に学習を進めました。

その結果、完成ノート・プリントをテストまでに3周することができ、今まで足りていなかった演習量を確保することができました。

演習量の確保で成績アップ!

入塾前は40点だった数学の点数が2学期期末テストでは77点までアップしました。その理由として、3周ルールを徹底したことによる演習量の確保や解き直しを行うことによる解法の定着などが挙げられます。

演習量を確保することで、その分野の理解が深くなり、計算ミスも少なくなりました。また、間違えた問題を指導中に解き直しすることで、問題の解法を自分の知識として定着させることができるようになりました。

今後の目標

今後の目標は、数学だけでなく英語の点数も高得点で安定させることです。どちらの科目も80点を目標としています。また、テストで高得点を獲得することによりモチベーションが上がり、今では自宅での学習を進んでできるようになったといいます。

今後も学校教材を用いた演習中心の指導を行い、3周ルールを徹底することで、テストの点数を上げていきます。

個別指導塾WAYSでは、このような自宅では思うように学習できない生徒が多く入塾します。そして、塾の指導で演習量を確保することで成績を上げていっています。

学校の成績でお悩みの方は、是非ともお問い合わせください!

The following two tabs change content below.

橋本知加良

東京大学大学院新領域創成科学科修了。専攻は環境学。 趣味は筋トレ、ポケモンGOなど暇があれば体を動かしている。

コース紹介 中高一貫校生・高校生対象

あなたにぴったりな記事10選

今日の人気記事

新着記事

2022年01月18日 立命館中学校3年生ー正しい勉強法の定着で成績アップ! 2022年01月14日 共立女子中学校3年生―基本テキストを3回周回と応用テキストに挑戦で数学の成績アップ! 2022年01月14日 【無料】動画コンテンツ配信のお知らせ 2022年01月11日 暁星中学3年生―勉強習慣の改善で成績アップ! 2022年01月07日 京都府立洛北中学校1年生―勉強習慣の改善で成績アップ! 2022年01月07日 【分野別】中学生におすすめの英語参考書3選! 2022年01月04日 日本大学鶴ヶ丘高校1年生―学習環境と講師のサポートで成績アップ! 2021年12月26日 山脇学園高等学校1年生―確実な学習時間の増加で成績アップ! 2021年12月21日 【中学受験】中高一貫校の『深海魚』とは?原因や対策を解説 2021年12月20日 【中学生・高校生必見】学年1位を取る人の勉強時間は!?

ブログを検索する

キーワード・学校名などを
入力してください。

トップページに戻る


指導コース紹介

講座紹介

新規開校情報

新規開校 たまプラーザ教室

トップページに戻る