数学問題の復習のベストタイミングはいつ?!

new_pixta_21351408_m

解けない問題を解けるようにするために、問題を理解した後、解答を隠して、自力で解けるかチェックしたほうがよいです。
ここで自力で解くことが出来た問題は、
試験中に出てきて解ける可能性が大きくなります。
しかし、まだ安心はできません。
試験で出題されるまで、問題を解ける状態に保たなくてはなりません。
そうです、復習しなければなりません。

伊藤「解き直して解けた問題はいつ復習すべきだと思う?」
A君「う~ん、1か月後とかですかね?」
伊藤「次の日の朝です。」
A君「え、早くないですか?」

エビングハウスの忘却曲線より、1日後74%忘却し、
1か月後79%忘却すると言われています。
1日過ぎると1か月間待っても5%しか忘却しないということなので、
1日後にやるのが良いです。
夜寝ることによって、いらない記憶を整理するので、
朝起きたら復習して、解けなくなっていないかチェックするのが良いです。

朝の復習に関して、ガチ解きしなくても良いです。
答えに至る流れを頭のなかで確認出来ればOKです。
「微分して、接線出して、その接線と曲線を=で結んで交点の個数を出すために・・」
こんな感じの解法の再現で良いです。覚えていれば1問1分もかかりません。
朝10分前の日の数学の問題の復習をするだけで定着率が全然違います。
出来なくなった問題があったら、翌朝やってください。
次の復習については、参考書を何周したかにもよりますが、
2~3ヶ月後くらい開けてもよいです。

A君「結局試験までにあと何回復習すればいいんですか?」
伊藤「当たり前に解けるようになるまでです。」

復習する必要のある問題は、試験までに解けなくなりそうな問題です。
逆に復習が必要ない問題は、解き直すまでに時間が経っても、当たり前のように解ける問題です。
問題が終わるごと○☓をつけるとき、
「当たり前のように解けるか?」を自問してください。

The following two tabs change content below.
個別指導塾WAYS

個別指導塾WAYS

中だるみ中高一貫校生・高校生の定期テストの成績をたった90日で跳ね上げる個別指導塾。中高一貫校用教材に対応することで各中高一貫校の定期テストの点数に直結した指導を行います。低料金なので長時間指導が受けられるため、家で勉強できない中高一貫校生でも成績を上げることが出来ます。英語、数学をメインに指導を行っています。

コース紹介 中高一貫校生・高校生対象

中だるみ中高一貫校生の英語の数学定期テスト対策コース 高校生定期テスト対策コース

今日の人気記事

新着記事

光塩女子学院中等科3年生―丁寧に解き直しを行うことで成績アップ!
獨協高校1年生―薄く広く基礎を復習することで成績アップ!
成城中学校1年生―勉強量の確保と短期目標の積み重ねで成績アップ!
攻玉社中学校1年生―解き直しの徹底で成績アップ!
東京都市大学等々力中学校3年生―先手のテスト対策で成績アップ!
横浜雙葉中学校3年生―WAYSの勉強法をしっかり身につけて成績アップ!
攻玉社中学校2年生―問題集を2周解いて成績アップ!
立教新座中学校2年生―余裕を持ってテストに臨めるようになって成績アップ!
帝京大学中学校3年生―問題集を徹底的に反復して成績アップ!
成蹊中学校3年生―生徒自身の説明による弱点のあぶり出しで成績アップ!

2013年06月04日