演習量を増やすことで大幅な成績アップ 攻玉社中学校1年生

pixta_20077364_m

今回は攻玉社中学校の成績アップ事例について紹介したいと思います。

この生徒は夏期講習から入塾したのですが、その理由は1学期の中間テストでは成績が良かったが、期末テストでは大幅に点数を落とし、代数32点・幾何45点という平均点を下回る結果となってしまった、というものでした。

しかし、夏期講習から当塾で勉強をし始め2学期の中間テストでは代数58点・幾何76点、期末テストでは代数74点・幾何94点という高得点を獲得するまでになりました。

では、この得点アップの勉強法を紹介します。

入塾時の生徒の勉強方法

攻玉社中学校の数学は体系数学を使っています。

さらに、代数・幾何の両方で提出があり、量も非常に多いのでテスト前ギリギリに範囲を終わらせて提出するというような勉強方法でした。

また、体系数学問題集にはA~Cまでレベルがあるのですが、BやCの難しい問題は納得できないまま先に進んでいるようでした。

そのため、演習量が足りずケアレスミスが多く、理解せずに先に進んでいるため難易度の高い問題には対応できない状態でした。

問題集は納得できるまで繰り返してテスト対策

この生徒の場合、演習量が足りないと感じたので問題集を何周も出来るように指導していきました。

1年生の1学期の単元は今後の数学で基本となってくる部分なので、夏期講習で宿題の問題集を2周こなし、1学期までの範囲の復習と定着を図りました。

また、2学期の通常授業でも最低2周は問題集をこなしてもらい、自信がないところは何周もするようにしました。

この生徒はレベルBやCで解説の理解が出来ていないことがあったので、その部分はこちらで重点的に解説して納得できるようにして、解き直しで定着させていきました。

中間・期末と続けて大幅な得点アップ

このような勉強法を当塾で行った結果、右肩上がりに成績は上がり代数・幾何で共に40点以上の得点アップをすることが出来ました。

最近では積極的に納得できないところを質問してきて、勉強に対するモチベーションも高く、意欲的に取り組むことが出来ています。

そして、勉強法が身に付いたおかげで自分自身で今何をやるべきなのかということがわかってきて、テスト前などは効率的に勉強に取り組めるようになりました。

今後の目標

成績アップをしたことにより、受講している科目以外の勉強にも時間が取れるようになったようです。

今後は英語や数学の点数を伸ばしつつ、他の科目にも当塾の勉強法を使って成績を全体的に上げていってもらおうと思っています。

皆さんも個別指導塾WAYSで正しい勉強法を身に付け、大幅な成績アップを実現させましょう。

The following two tabs change content below.
田中 裕喜

田中 裕喜

個別指導塾WAYS 池袋教室 講師 学習塾で5教科幅広く指導した経験をいかし、渋谷教室の室長を務める。「継続は力なり」を信条に、正しい努力を続けていくことで成績が上がることを多くの中高一貫校生に実感させている。

コース紹介 中高一貫校生・高校生対象

中だるみ中高一貫校生の英語の数学定期テスト対策コース 高校生定期テスト対策コース

今日の人気記事

新着記事

高輪中学校3年生―定期テスト対策プリントをマスターして成績アップ!
攻玉社中学校1年生―キーポイントの高速暗唱で成績アップ!
法政大学高校2年生―学習習慣の定着で成績アップ!
攻玉社高校2年生ー問題に印をつけ、解き直しをすることで成績アップ
明治大学付属中野中学校1年生ー演習量を確保して数学の点数アップ!
星美学園高校2年生ー毎週配布されるプリントを徹底的に繰り返して成績アップ!
7月23日より夏期講習開始!
城北中学校1年生―文字を丁寧に書いて計算過程を見やすくすることで成績アップ!
海城高校1年生―計画的に学習を進めて成績アップ!
大妻中野高校1年生―演習量の確保と効率的な学習で成績アップ!

2015年12月22日