学習院女子中学校3年生-演習量をこなして成績大幅アップ!!

学習院女子中学校の点数アップ事例を紹介します。

この生徒は中学1年の冬から入塾しました。入塾前の2学期中間テストでは、幾何が41点、代数が30点、英語が25点という状況でした。
この状況を改善したいと、冬期講習よりWAYSへの入塾を決意しました。

入塾後、冬休みから学年末テストにかけての3ヶ月間、当塾で学習した結果、学年末テストでは幾何が54点、代数が65点、英語が67点と、確実に成績を上げることが出来ました。
そして、中学3年の1学期期末テストでは幾何を86点、代数を73点、英語も68点と、特に数学で大幅に成績をアップすることが出来ました。

なぜ点数が大幅に上がったのでしょうか? その理由をお伝えします。

入塾時の学習状況

テスト前に出される学校の課題を終わらせるのみで、それ以外の勉強は全くやっていませんでした。テスト前以外では自宅で机に向かう時間は皆無で、テスト数日前になってから焦って学校の課題のみを終わらせるという状況でした。
とにかく勉強が嫌いでテスト前でも全く勉強をしていなかった生徒でした。

指導内で完結!解き直しを徹底!

学習院女子中学校で使用されている教材は、英語では『NEW TREASURE文法問題集』、数学では『体系数学』です。
まずは、『NEW TREASURE文法問題集』と『体系数学』のテスト範囲をテスト数日前から取り組むのではなく、余裕を持って早めに取り組むようにしました。その際に分からなかった問題や間違えてしまった問題は、必ず担当の講師に解法の確認をしていました。
そして、必ず指導時間内に自分で出来るようになるまで、解き直しを徹底していました。

テスト1週間前までには、テスト範囲の問題をすべて解き終え、理解して解けるようになると同時に、学校の課題もすべて終了させることが出来ました。
その結果、テスト直前ではその中でも不安な問題を確認して解き直すということを繰り返し、余裕を持ってテスト対策が出来るようになりました。

演習量の確保で大幅成績アップ!

『NEW TREASURE文法問題集』と『体系数学』の学校のテスト範囲となる分野で、分からなかった問題・出来なかった問題は、解説を読む・先生に質問することを繰り返し、1人で出来るようになるまで反復演習を徹底しました。これを繰り返すことで、出来るようになった問題も増えていきました。

その結果、数学では40点台から80点台にまで引き上げることが出来るようになり、苦手だった英語では25点だったのが今では60点以上を安定して取ることが出来るようになりました。
実際に、『NEW TREASURE文法問題集』や『体系数学』に含まれている問題がそのまま定期テストに出題された問題もありました。

今後の目標

今後は高校生に上がったら理系のコースに進みたいと考えています。それに伴い数学の難易度が高くなっても点数をキープ出来るようにすることが目標です。
当塾では今後も学校で使用している教材を用いた演習中心の授業を行い、教材を3周解く勉強方法を徹底することで、テストの点数を上げていきます。

個別指導塾WAYSでは、このように家で全く勉強が出来ないという生徒が多く入塾します。その中で、WAYSで学校の教材を用いた演習による勉強法を実践することで、成績を上げていっています。

学校の成績やご自宅の勉強でお悩みの方は、是非ともお問い合わせください!

The following two tabs change content below.
橋本知加良

橋本知加良

東京大学大学院新領域創成科学科修了。専攻は環境学。 趣味は筋トレ、ポケモンGOなど暇があれば体を動かしている。

コース紹介 中高一貫校生・高校生対象

中だるみ中高一貫校生の英語の数学定期テスト対策コース 高校生定期テスト対策コース 大学受験準備コース 大学受験コース

今日の人気記事

新着記事

新・英単語の暗記法~書かずに見て覚える方法~
中高一貫校生の最強パートナーは!?WAYSと一緒に成績爆上げ状態に!
二松学舎大学付属高校2年生―「出来ない」問題のみを繰り返すことで成績アップ!
【決定版】英検CSEスコアを知って、ライティング対策をしよう!
開智未来高校1年生―問題選定と演習時間の確保で成績アップ!
成績が上がったきっかけを伝授!学校と塾の授業に全力で挑んだ結果~
日本工業大学駒場中学校3年生―勉強法の定着で成績アップ!
成績が伸び悩んでいる生徒必見!成績の上がる教科書・問題集の使い方!
九段中等教育学校6年 大学受験対策をすることで定期試験の成績もアップ
鎌倉学園3年生―解答再現→解き直しのサイクルで成績アップ!

2019年09月03日