東亜学園高校1年生―WAYSの勉強法を実践し成績アップ!

東亜学園高校の成績アップ事例を紹介します。

この生徒は高校1年の1月に入塾しました。入塾前の2学期期末テストでは、英語表現が38点、コミュニケーション英語が51点という状況でした。

しかし、入塾から2ヶ月間、当塾で学習していくことで、次の3学期期末テストでは英語表現が70点、コミュニケーション英語が69点と大きく成績をアップすることができました。

なぜ成績が大幅に上がったのでしょうか? その理由をお伝えします。

入塾時の学習状況

入塾時、この生徒は家庭での学習時間を作ることができず、学習習慣が身についていない状況でした。学校では英語の小テストが頻繁に実施されていましたが、それに向けての学習法を上手く見出せず、定期テストの点数が伸び悩んでいました。

塾を探していたところ、当塾をインターネット上で見つけていただき、体験指導を受講されました。他塾と比較・検討したうえでご入塾していただけました。入塾の決め手は「授業形式でない為自分に合ったペースで学習を進められる」ことでした。

自分に合った学習法が身につく

当塾では定期テスト前の対策や苦手克服等、自分に合ったペースで勉強に取り組むことができます。そうすることで、自分が学習したい単元に取り組むことができ、自分に必要な学習内容の理解に繋がります。

毎回指導の最初でその日に取り組む内容を確認し、進捗の管理を行うことで、何を学習するか迷うことなく集中して取り組むことができました。

WAYSの勉強法を実践し成績アップ!

当塾では教材を決め、定期テストまでに3周するという勉強法を徹底しています。

この生徒は普段使用している教科書から定期テストの問題が出されることもあり、教科書を周回教材として3周解くことをしっかりと実践しました。その結果、英語表現、コミュニケーション英語どちらも2ヶ月足らずで成績アップを果たしました。

また、当塾で身につけた勉強法は普段の学習にも活かされています。例えば、英語の小テストでは直前に焦って準備することなく、良い点数を維持できるようになりました。

今後の目標

今後の目標は、英語の成績を維持し得意科目にすることです。自分の強みを持つことは自信にも繋がります。大学進学の際、選択肢を少しでも増やすことができるように今後もサポートしていきたいと考えています。

個別指導塾WAYSでは、このような自宅学習の習慣がない生徒が多く入塾します。そして、WAYSの勉強法を実践し身につけることで成績を上げていっています。

学校の成績でお悩みの方は、是非ともお問い合わせください!

The following two tabs change content below.

橋本知加良

東京大学大学院新領域創成科学科修了。専攻は環境学。 趣味は筋トレ、ポケモンGOなど暇があれば体を動かしている。

コース紹介 中高一貫校生・高校生対象

あなたにぴったりな記事10選

今日の人気記事

新着記事

2021年12月07日 関東の高校生に人気の大学ランキング2021 2021年11月26日 令和3年度 私立武蔵高校 1年生 数学1 1学期 期末テスト分析 2021年11月23日 令和3年度 早稲田中学校 3年生 英語GRAMMER 1学期期末テスト分析 2021年11月19日 鎌倉女学院中学2年生―テストまでの学習計画に沿った演習と積極的な質問で成績アップ! 2021年11月16日 昭和女子大附属昭和中学校3年生―圧倒的演習量で成績アップ! 2021年11月12日 浅野中学3年ーわからない問題を塾で理解して成績アップ! 2021年11月12日 【中学受験】中高一貫校の勉強は大変!? 2021年11月09日 横浜女学院高校2年生ー「数学の学習方法」を変えて、成績アップ! 2021年11月08日 高校生の勉強に関する悩みとは?その原因と解決策を徹底解説! 2021年11月05日 聖徳学園高等学校1年生―計画的な勉強で成績アップ!

トップページに戻る


指導コース紹介

講座紹介

新規開校情報

新規開校 たまプラーザ教室

トップページに戻る