国学院大学久我山中学校2年生―作図力と問題要約力を高めて成績アップ!

今回は国学院久我山中学校2年生の成績アップ事例を紹介します。

この生徒は中学2年の8月に入塾しました。中年2年1学期の期末テストでは、数学が42点という状況でした。

入塾から3ヶ月間、当塾で学習していくことで、2学期中間テストでは代数が82点(平均74点)、幾何が46点(平均41点)と、苦手な数学の成績を大きくアップすることができました。

なぜ成績が大幅に上がったのでしょうか? その理由をお伝えします。

入塾時の学習状況

入塾時の生徒さんの状況としては、「好きな科目がなく全体的に学力が低迷していて勉強のやり方もわからない」という状態でした。

例えば地理が好きな生徒さんにとっては、理科の気象や地質の単元は、地理と内容が似ているため導入がスムーズです。好きな科目/得意な科目が1つでもがあれば、それに似た教科には興味を持つことができます。

一方で、まんべんなくどの科目にも興味が薄い場合、「好き」を勉強のモチベーションに変換することが難しいため、量稽古の力技で知識を一気に蓄えて得意な単元を作っていく必要があります。

解答冊子の読み方・活用法を工夫して成績アップ!

WAYSのスタイルでは、勉強のやり方がわからない生徒に対して、まずお手本とすべき勉強法を示しています。

解けない問題はヒントとして半分だけ解説を読み、答案の流れを大雑把につかんだら、計算や記述は自分の手でおこなうように指示出しをしました。それにより、解答冊子をうまく使えるように指導します。

国学院久我山中の宿題では学校オリジナルの問題冊子を使います。内容はそれほど簡単なものとはいえません。

自力で解答を消化できず、赤ペンで写すだけといったやっつけ仕事になったり、頭を抱えて延々と考え込んでしまったりと、非効率な学習に陥ってしまうケースもあります。

しかし、解答冊子をちょっとだけ読んでヒント集のように使うことで、学習を効率的に進めることができるようになりました。

作図情報整理力と題意要約力を高めて成績アップ!

この生徒さんは幾何やグラフの問題を特に苦手分野としており、作図による情報整理がかなり不得意でした。幾何やグラフの問題が苦手な生徒の特徴は、図を書かないことです。頭の中だけで問題を解こうとしてしまいます。

「問題文のどのようなヒントをもとに、何を考えようとしているか?」といった整理の段階でつまずいています。何度も問題文を読み直しますが、情報の整理がスムーズにいかないために小さな見落としで手が止まってしまいます。

問題文に応じて適切なサイズで、図をノートへ必ず描きだし、要約した問題文を図に情報として整理するなどといった、解法の手順を教えていきました。「条件の見落としがないか?」など、ポイントへの意識の向け方も格段にレベルアップしました。

このように、作図情報整理力と題意要約力を高めることで、代数が82点(平均74)、幾何が46点(平均41)へと大きく成績を伸ばすことができました。「わかる!」「できる!」という小さな成功体験の積み重ねが、自信へつながってゆく良い循環が起こります。

今後の目標

今後の目標としては「よきライバルを作ること」です。お互いに切磋琢磨し続けられる環境で、よい人間関係を保つことは非常に重要です。

お互いに足を引っ張り合ったり、やる気のない雰囲気にモチベーションを下げられたりすることなく、みんなでより良い状態を作って上昇気流をつかみます。そうやってお互いに高め合えるような「よきライバル」を持ちましょう。

 

個別指導塾WAYSでは「好きな教科や得意な科目も特になく、全般的に勉強が苦手だけど、なんとかしなきゃ!」という状態に追い込まれてしまった生徒が多く入塾します。

生徒個々の状況を把握したうえで、「何をどう変えていければ、今より良くなるか?」という提案をおこない、さらに個別具体的な提案をおこないます。講師が伴奏者として生徒とともに学習計画を達成していくことで、成績アップを果たしています。

頑張り方がわからないということでお悩みの方は、是非ともお問い合わせください!

The following two tabs change content below.
脇山聡樹

脇山聡樹

個別指導塾WAYS 渋谷教室 講師 福岡県で中高一貫生対象の塾講師として勤務後、上京。IT企業での約1年半の転職期間を経て教育業界に再び戻ってきました。プログラミング言語も一通り何でも勉強したので、現在はプログラムで解くと面白い数学問題の創作がライフワークです。

コース紹介 中高一貫校生・高校生対象

中だるみ中高一貫校生の英語の数学定期テスト対策コース 高校生定期テスト対策コース

今日の人気記事

新着記事

攻玉社中学校3年生ー効率の良い勉強サイクルを継続することで成績アップ!
巣鴨中学校2年生ープリントの全範囲を網羅することで成績アップ!
淑徳高校1年生ー問題集を難易度別で段階的に解いて成績アップ!
富士見中学校3年生ー学校課題を無理なくこなせるようにすることで得点アップ!
中高一貫校生が英検®準備を始める時期は?英検®への意識
中高一貫校生はリスニング、リーディング、スピーキング、ヒアリングどの分野が得意・苦手?
中高一貫校生の英検®の所持率は89.7%、持っている級は何級?
帝京大学中学校2年生ー効率の良い勉強方法をマスターすることで成績アップ!
海城中学校2年生―質問力を身につけることによって成績アップ!
桐朋中学校3年生―英語の三段階学習法で成績アップ!

2018年02月27日