山脇学園高校2年生―問題集を繰り返すことで成績アップ!

山脇学園高校2年生の成績アップ事例を紹介します。

この生徒は、高校2年生の前期中間テストで、英語リーディング、英語表現、英語演習、英語ライティングがすべて60点台と平均点前後でした。

しかし、8ヶ月間当塾で勉強していくことで、高校2年生の後期期末テストでは、英語リーディングが91点、英語表現が82点、英語演習が81点、英語ライティングが91点と、大きく成績をアップすることができました。

なぜ成績が大幅に上がったのでしょうか? その理由をお伝えします。

入塾時の学習状況

入塾時は自宅で集中して学習に取り組むことができず、勉強量を確保することができていませんでした。

また、勉強をするのもテスト前のみで、テストに向けて計画的に勉強をすることができていない状況でした。

したがって、定期的な学習習慣をつけて、計画的に勉強に取り組む必要がありました。まず、学校教材を用い単語・熟語を暗記するといった基本を徹底することから始めました。

WAYSで勉強を習慣化させる

以前はテスト直前になるまで取り組んでいなかったテキストに、周回を前提として計画的に取り組んでもらいました。

リーディングでは、学校の授業で扱った長文を音読しながら何度も読み返し、わからないところがあれば、『Forest』の文法書を用いながら細かいところまで理解するよう徹底しました。

加えて、学校の単語・熟語の小テストの予習を欠かさずすることで、知識の定着を図りました。

問題集を繰り返し、解けない問題をなくすことで成績アップ!

指導の結果、英語リーディングが91点、英語表現が82点、英語演習が81点、英語ライティングが91点と、トップクラスの成績をおさめることができました。

入塾前は長時間集中して勉強に取り組むことができなかったのが、WAYSで120分集中して勉強することを身につけたことで、テスト勉強の際も自宅学習の時間を十分に確保することができるようになりました。

また、テストでは学校で使用している教材の問題がそのまま出題されることも多かったです。そのため、学校教材の周回を徹底することで大幅な点数アップに結びつきました。

今後の目標

今後の目標は、大学受験に向けてよりレベルの高い問題に取り組み、志望校合格を勝ち取ることです。

そのためにも、まず学校の定期テストで安定して高得点を取ることが必要不可欠です。

WAYSで培った学習習慣をいかし、今後は志望校の過去問等にも取り組んでいきます。

 

個別指導塾WAYSでは、このような自宅学習の習慣がついていない生徒が多く入塾します。そして、それをWAYSで習慣化することで成績を上げていっています。学校の成績でお悩みの方は、是非ともお問い合わせください!

コース紹介 中高一貫校生・高校生対象

中だるみ中高一貫校生の英語の数学定期テスト対策コース 高校生定期テスト対策コース

今日の人気記事

新着記事

成蹊中学校3年生―生徒自身の説明による弱点のあぶり出しで成績アップ!
成城高校1年生―勉強習慣を身につけ、勉強と部活動の両立で成績アップ!
法政大学高校2年生―計画的な周回学習で成績アップ!
日本女子大付属中学校1年生―WAYSで勉強法を学び成績アップ!
成城中学校2年生―WAYSで勉強法を学び成績アップ!
2019年3月31日まで新中1入塾金無料キャンペーン!
2019年3月22日より春期講習開始!
年末年始休暇のお知らせ
2018年9月10日より「英検」対策講座開始!
獨協中学校2年生―反復演習と学習リズム形成で成績アップ!

2018年05月17日