大妻中野中学校3年生―単語・英作文の演習で成績アップ!

大妻中野中学校の成績アップ事例を紹介します。

この生徒は中学3年生の3月に入塾しました。入塾前の3学期期末テストでは、英語の点数が31点という状況でした。しかし、今回の中間テストでは50点と点数がアップしました。平均点が44点ということで、平均点超えを実現しました。

なぜ成績が大幅に上がったのでしょうか? その理由をお伝えします。

入塾時の勉強方法

この生徒は単語と英作文が苦手でした。基礎的な文法事項は理解していても、スペルミスやメチャクチャな英文を作ってしまい、大幅に減点を受けていました。学校指定の問題集だけでは英作文の問題数が少なく、単語の把握も不十分であったため、中々成績が伸びない状況でした。

問題を解く、英作文を書く

対策として取った方法は、苦手な問題を徹底的に解きまくることでした。

学校の問題集を解いたあと、当塾の教材で単語や英作文の問題を別途解いてもらいました。最初はスペルミスや、単語の並びがおかしいことが頻繁にありましたが、間違いを指摘し、何度も解いてもらうことでミスが減っていきました。

基礎問題が解けるようになって15点以上成績アップ!

指導の結果、今までスペルミスなどで減点されていた問題数が目に見えて減り、平均点を超えることができました。また、この結果英語に自信がついてきたようで、単語も精力的に勉強するようになりました。

今後の目標

この生徒の1学期期末テストでの目標は、安定して平均以上を維持することです。その後、より高い得点が取れるような勉強を実施していく方針です。

そのため、夏期講習でさらに基礎固めを行います。単語・文法・英作文の力を高めてもらい、この目標を実現してもらいたいと考えています。

個別指導塾WAYSでは、単語や英語の文章が全く書けない状態で試験に臨もうとしていた生徒が多く入塾しています。入塾後、できないことをできるまで繰り返していくことで、点数アップを果たしています。また、基礎問題の徹底演習は勉強習慣の定着にも繋がっています。

同じような状況でお悩みの生徒・保護者の方がいらっしゃいましたら、是非当塾にご連絡ください。

The following two tabs change content below.
堤健之

堤健之

個別指導塾WAYS 吉祥寺教室 室長 教育で感銘をうけた言葉は山本五十六の「やってみせ、言って聞かせて、させてみせ、ほめてやらねば、人は動かじ。」

コース紹介 中高一貫校生・高校生対象

中だるみ中高一貫校生の英語の数学定期テスト対策コース 高校生定期テスト対策コース

今日の人気記事

新着記事

攻玉社中学校3年生ー効率の良い勉強サイクルを継続することで成績アップ!
巣鴨中学校2年生ープリントの全範囲を網羅することで成績アップ!
淑徳高校1年生ー問題集を難易度別で段階的に解いて成績アップ!
富士見中学校3年生ー学校課題を無理なくこなせるようにすることで得点アップ!
中高一貫校生が英検®準備を始める時期は?英検®への意識
中高一貫校生はリスニング、リーディング、スピーキング、ヒアリングどの分野が得意・苦手?
中高一貫校生の英検®の所持率は89.7%、持っている級は何級?
帝京大学中学校2年生ー効率の良い勉強方法をマスターすることで成績アップ!
海城中学校2年生―質問力を身につけることによって成績アップ!
桐朋中学校3年生―英語の三段階学習法で成績アップ!

2017年07月18日