芝中学校3年生―効率的に問題集を繰り返して成績アップ!

今回は芝中学校の成績アップ事例について紹介したいと思います。

この生徒は、英語65点・幾何68点と、得点はそこまで悪いわけではありませんが、平均点を大きく下回っている状況でした。しかし、当塾で1ヶ月程度勉強すると英語81点・幾何91点という高得点を獲得するまでになりました。

では、なぜこのような得点アップができたのか、その勉強方法を紹介します。

入塾時の生徒の勉強方法

芝中学校の数学は、中学3年生の時点で高校内容を扱っています。さらに、主な教材は『赤チャート』で、その中から先生が問題を選んで配布してくれます。

『赤チャート』と言えば、チャート式シリーズの中でも特に難易度が高く、数学が得意でないと対応できないような問題集です。先生が問題を選んでくれるといっても難易度の高い問題が多く取り上げられていました。

そのため、1度学習しただけでは理解ができず、そのまま次に進んでいるため問題の解き方などが定着していませんでした。

英語に関しては、『NEW TREASURE』を使って英文暗記の小テストが頻繁に行われていましたが、暗記がしっかり行えていない状況でした。

問題は納得できるまで繰り返してテスト対策

この生徒の場合、数学は演習量が足りていませんでした。そこで、間違えた問題は何度も繰り返し演習し、解けるようになるまで指導していきました。

また、扱っている単元が今後の数学でも必要となってくる範囲だったので、講習期間では宿題の問題集を2周演習し、復習と定着を図りました。通常授業でも、最低2周は問題集をこなしてもらい、自信がない問題はさらに何周もするようにしました。

この生徒は、難易度の高い問題では、解答・解説の理解が難しいことがありました。その部分は重点的に説明して納得してもらい、解き直しで定着させていきました。

英語は小テストで合格すること、文法問題集で文法を定着させることの2点を中心に進めていきました。

短期間で大幅な得点アップ

このような勉強法を当塾で行った結果、すぐに英語と幾何で大幅な得点アップをすることができました。結果が出たことで勉強に対するモチベーションも上がり、学習に意欲的に取り組むことができています。

そして、勉強法が身についたおかげで、自分自身でも「今何を勉強すべきか」が分かるようになりました。そのため、テスト前などはより効率的に勉強に取り組めるようになりました。

今後の目標

今後はさらに内容も高度になっていきます。気を抜くことなく英語と数学の点数を維持していきたいと思っています。

個別指導塾WAYSでは、このような学校の成績で悩んでいる多くの生徒が正しい勉強法を身につけ、大幅な成績アップを実現させています。学校の成績でお悩みの方は、是非とも個別指導塾WAYSにお問い合わせください。

The following two tabs change content below.
田中 裕喜

田中 裕喜

個別指導塾WAYS 池袋教室 講師 学習塾で5教科幅広く指導した経験をいかし、渋谷教室の室長を務める。「継続は力なり」を信条に、正しい努力を続けていくことで成績が上がることを多くの中高一貫校生に実感させている。

コース紹介 中高一貫校生・高校生対象

中だるみ中高一貫校生の英語の数学定期テスト対策コース 高校生定期テスト対策コース

今日の人気記事

新着記事

淑徳高校1年生ー問題集を難易度別で段階的に解いて成績アップ!
富士見中学校3年生ー学校課題を無理なくこなせるようにすることで得点アップ!
中高一貫校生が英検®準備を始める時期は?英検®への意識
中高一貫校生はリスニング、リーディング、スピーキング、ヒアリングどの分野が得意・苦手?
中高一貫校生の英検®の所持率は89.7%、持っている級は何級?
帝京大学中学校2年生ー効率の良い勉強方法をマスターすることで成績アップ!
海城中学校2年生―質問力を身につけることによって成績アップ!
桐朋中学校3年生―英語の三段階学習法で成績アップ!
日本大学第二高校2年生―勉強時間を確保し、計画を立てることで成績アップ!
香蘭女学校中等科2年生―圧倒的な学習時間確保で成績アップ!

2017年07月14日