学校の先生が大っ嫌いなあなたへ

100%好きになれる人間なんてこの世にいない

学校の先生が嫌いで、その先生が担当する科目まで嫌いになってしまう、というパターンは少なくありません。

しかし、それが理由で成績不振になってしまうことは、決して感心出来たものではありません。あなたの嫌いな先生が、どれだけロクデナシであったとしても、あなたより人生経験があり、勿論あなたより勉強ができて、だからこそ先生なのです。
残念ながら、無条件に尊敬しなければいけない人間なのです。

「そんなの理不尽だ!」なんて言われてしまいそうですが、そういう理不尽なことはこれから先でも沢山経験するはずです。

そのために自分を鍛えるつもりで、その先生に臨んでみてください。

人間誰しも嫌な部分があるはずです。嫌な部分が一切ない、全てにおいて波長が合う人間なんていないはずです。

兄弟姉妹がいらっしゃる方なら分かると思います。同じ両親のもとで育って、同じような環境を共にしているはずなのに、やはり喧嘩をしてしまうものです。コミュニケーションの齟齬も起きます。

そこまで育ってきた環境が似通っている二者ですら喧嘩してしまうんですから、年齢から生きてきた環境、考えている物事が完全に異質な「先生」を、完全に受け入れることができるわけないんです。
とはいえ、苦手な先生、好きな先生、色々いるでしょう。好きな先生に関しては良いのですが、嫌いな先生に関しては、是非、

「良い部分が一切ないなんてことはない」

ということを前提に向き合ってみてください。

いくら嫌いと嘆いたところで意味がない

塾の先生などであれば、嫌いな先生がいたとしてもさして問題ではありません。何年も一緒にいるわけではありませんし、猛烈に嫌いなら、その塾を辞めてしまえば良いのです。

しかし、学校の先生となると話は別です。

最低でも三年は同じ学び舎の中で過ごしていかなければならないのです。その先生が嫌いだからと言って、その学校を辞めるとは、なかなかならないと思います。

つまり、嫌い、と嘆いたところで、なにも始まりません。無意味だと自覚しましょう。

「嫌いでしょうがない」「先生ウザいから勉強のやる気がでなくたってしょうがない」では、負のスパイラルに陥ってしまいます。嫌いな先生が理由で成績が落ちこぼれていってしまうなんて、悔しいではありませんか。

ここは一つ、嫌いという感情をできるだけ忘れてみてください。たまには友達との間でその先生を愚痴るのも、ストレス解消には良いかもしれません。

しかし、

愚痴を言うことで「成績がさがってしまっていること」を無意識に正当化してしまってはいけません。

完全に切り離して考えて下さい。成績が下がるのを教師のせいにしてしまうと、それがたとえ事実であったとしても、良い未来は待っていません。

良いところ探し

「嫌な奴だろう」という色眼鏡を使って人間を見ると、自分にとってそこまで嫌な人でなかったとしても、嫌な人に見えてしまいます。逆もまた然りで、「良い奴だろう」と思って接すれば、良い人に感じられます。

映画や漫画などでも一緒です。悪評を聞いてから見るのと、良い評判をチェックしてから見るのでは、その気構えに大分隔たりがあるという経験をしたことがある方は、結構多いのではないかと思います。

あなたが先生を嫌いな理由にも、そんな錯覚が原因になってしまっているかもしれません。

是非、

「実はこの先生、結構良い奴なんじゃないか?」という心構えで接してみてください。

少し違った側面が見えてくるかもしれません。

100%嫌な奴なんていない

そもそも、一切魅力がなく、全てが全て非難する部分しかない完全に嫌な人間なんて、まずこの世にいないです。

どんなに気が合わない人間であったとしても、どこかで通ずる部分があるはずです。断言します。

考えてみてください、相手は学校の教師です。人に何かモノを教えたい、という思いで手に職をつけてきた人間です。悪いところしか無い人間な訳がありません。

絶対にあなたが「この先生良いな」と思える部分が見つかるはずです。

もしもあなたの中で、その先生に対する苦手意識がなくなれば、それは素晴らしい成長であると言えます。それは学力向上にも大きくつながりますし、これからの人生において、様々な人と付き合っていく中で、とても大切な技術を身に着けることができたと言えます。

人間どうしても育ってきた環境から顔、形、性別で全く異なりますから、嫌いな人間ができるのは当然です。

しかし、嫌い嫌いで終われるほど人生楽ではありませんから、できるだけ嫌いな部分から目を背けて、良い部分にクローズアップできるような精神を持ってください。その方が、この先の人生でも、色々と得です。

かと言って、抑圧させすぎて嘘の感情で自分をごまかしていてはいつか限界が来ますから、その際は、親や友達にすこし苦労話を語って、すっきりするのもありです。

是非、上手く先生と接する技術を身に着けて、先生嫌いによる成績不振から脱却しましょう。

The following two tabs change content below.
小泉生

小泉生

個別指導塾WAYS 駒込教室 室長 小泉生 早稲田大学社会科学部卒。「教養は人生を楽しくする」をモットーに、日々生徒たちの学力向上に励んでいる。受験での経験を活かし、誰もが楽しく学習できる勉強法の確立を目指す。趣味はピアノ、絵を描くこと。

コース紹介 中高一貫校生・高校生対象

中だるみ中高一貫校生の英語の数学定期テスト対策コース 高校生定期テスト対策コース

今日の人気記事

新着記事

八雲学園中学校2年生―問題の解き直しを繰り返すことで成績アップ!
学習院中等科3年生―学校の教材だけを徹底反復して成績アップ!
桐朋中学校2年生ー勉強の習慣づけで点数アップ!
山脇学園中学校2年生―問題集を繰り返し解くことで成績アップ!
三輪田学園高等学校1年生―春期講習で基礎を固めて1学期中間で成績アップ!
桐朋高校1年生―演習時間の確保と勉強効率を上げることで成績アップ!
立教新座中学校2年生―計画的に問題集に取り組んで成績アップ!
早稲田大学高等学院中学部2年生―講師が生徒の理解度を確認し成績アップ!
立川国際中等教育学校3年生―計画を立てて勉強を進めることで成績アップ!
光塩女子学院中等科2年生―問題を選定して効率よく学習することで成績アップ!

2016年06月09日