読めるのに…!英語長文が解けない人の共通点&その解決策

こんにちは。

単語や文法もある程度は覚えた。しかし長文になったとたん正答率が下がってしまう…。
こんな経験をしたことがある人は多いと思います。
長文問題というのは、ほとんどの英語の試験において最もウエートを占める存在です。
そんな英語長文が取れなければ、いくら単語や文法などの基礎を固めても得点は低いままです。

今回はそんな長文問題の解き方について解説していきます。

長文が解けない原因

一言に「長文が解けない」といっても、すべてが一つの原因によるものということではありません。
考えられる理由としては主に3つです。
自分がどれに当てはまるか考えてみてください。

①長文の文章そのものが読めていない、わかっていない

読めているとはいいつつも、実は単語や文法の意味を理解していただけ、というのはよくあります。

日本語でいうなら、例えば「私は彼が彼の友達を殴ったのを見た」という文章があったとします。
この文章には、以下の単語が含まれています。

「私」「彼」「殴った」「彼の友達」「見た」

しかし、これらの単語の意味が分かっていても、並んで文章となると、正確な意味をつかめなくなるという場合があります。
これが、文の意味がつかめないという現象です。
これらの単語の意味だけを手がかりとすると「彼は彼の友達を見て私を殴った」「私を殴った彼の友達は彼を見た」と読めるわけです。
確かに本来の文章と単語の意味が同じですが、その内容はだいぶ異なっています。

解決策→英文解釈

まずは覚えた単語や文法事項を再確認してみましょう。
本当に一単語のすべての意味を覚えているか、またその意味を単語を見てすぐに思い出せるか、これらをチェックしてください。

もし単語も文法も完璧だよ!という人は「英文解釈」という作業を入れてみましょう。
英文解釈というのは、文章のSVOCを正しく理解することです。
さきほどの例に当てはめるなら、まず「彼」「私」「彼の友達」のどれが主語(=S)で、それがどの述語(V)に対応しているのか、というのを考えることになります。
この作業を挟んでおくと、基礎固めで覚えた「単語」と「文法」が繋がって「文章」が理解できるようになります。
「英文解釈」という作業は、単語や文法の暗記に比べてすっ飛ばされることが多いです。
というのも、成績のいい人はこの作業を無意識に行っているので、この作業を挟む必要がないことがあるからです。

②長文として読めていない

逆に丁寧に読みすぎて、一つ一つの文章を独立したものとして考えてしまっている場合があります。
「読んでいるときには何を言っていたかわかってたけど、読み終わったら何の話をしていたかわからなかった/忘れた」という経験はないでしょうか。
これは①の対策を徹底しすぎるとやってしまうことが多いです。
丁寧に読みことは結構なのですが、それによって「文脈をとらえる」という作業をおろそかにしてしまっているのが原因です。

解決策→速読や音読の練習

文章をつなげて早く読む練習をしましょう。
なぜ「早く」なのかというと、時間がかかってしまえばそれこそ前の文の内容を忘れてしまうからです。
この速読を鍛えるものとしておすすめなのは音読をすることです。
一つの文章をある程度の速度で音読すると、文と文のつながりを追いつつ文章を読む力が付きます。
なお、この音読は上記の解釈がしっかりできるようになった後に始めるべきです。
速読=雑に読むではなく、音読=できるだけ早く精読という認識をしてきましょう。

解決策→要約

もう一つの解決策として「読み終わった後にその文章の内容をまとめてみる」という手もあります。

学校で読む文章や問題集の文章を勝手に要約してみましょう。
要約をしなければならないという意識から、文章全体を理解しようという態度が身に付き、何度も繰り返すうちにそれを習慣化できます。
文章量にもよりますが、基本的には100文字を目安にしてみましょう。できるだけ少ない方が良いです。
要約の添削は独学だと難しいため、学校や塾の先生に答案を見てもらいましょう。
もちろん日本語でも構いませんが、もし余裕があるなら英語による要約にもチャレンジしてもいいかもしれません。

ただ、要約に適していない英語長文があることに注意せねばなりません。

通常の評論文なら何も問題はないのですが、小説など必ずしも体系的でない文章も出題されることはあります。
こうした文章をまとめようとするのは困難ですし徒労に終わってしまいます。
とはいえそういった文は評論文ほど文同士のつながりを重視しないので、気にしなくも大丈夫です。

③問題が解けない

こちらは上級者の人がよく直面する壁です。

「文章の大まかな意味は分かっているのに正答率が上がらない」、つまり「読めるけど解けない」というのはこちらに該当します。
特に選択式の問題だと、「訳せてるのに間違ってる!」なんてことがあります。
極端な例ですが、文章中に「私は彼が彼の友達を殴ったのを見た」と書いてあり、内容一致の問題があってその選択肢が以下のようだったとします。

A 彼は友達に殴られた

B 彼は暴力をふるった

Aが違うのは明らかです。
文章中で殴ったのは彼で殴られたのは友達ですが、Aではそれが逆転しています。

しかしこの理由でつまづいている人はBの選択肢が同じことを言っていると瞬時にわかりません。
「暴力をふるう」が「殴った」と同じことを言っているのがわからないということです。

解決策→現代文力の見直し

まずこの原因③でつまずいているかどうかは、一旦日本語訳を読んで解いてみると発見できます。
難しい長文問題になってくると、日本語でやっても間違えるレベルの問いがでてきます。
日本語で読んでもわからないのに、英語で読むとなるとなおさらです…。

考えられる対策は「現代文」の力をつけることです。
英語なのに現代文!?と思うかもしれませんが、この二つは文章読解という点では共通しています。
なので、現代文の技術がそのまま英語長文に通じることもあります。

先の例で「暴力をふるう」=「殴る」というのが理解できるのは現代文の力です。
この例は単純なので語彙のレベルに見えますが、より難しくなると2~3文の内容と短い選択肢の内容が一致する場合もでてきます。
そうした場合、「つまりこれは何を言っているの?」に答える現代文の能力が必須になってくるのです。
今一度、現代文の基礎的な解き方を再確認してみましょう。

おすすめなのは、市販の簡単な現代文の参考書を読むことです。

ちなみに最初の段階で細かい部分を訳せていないことがあって間違えていたことが判明した場合、それは原因①に当たります。

まとめ

英語長文が解けていない理由は2つあり、それぞれ対策法が異なります。

①長文そのものが読めていない場合、暗記事項(単語、文法)をチェック、覚えているなら英文解釈

文のつながりが見えない場合、音読と要約

③問題が解けていない場合、現代文の基礎的な解き方を再確認

もちろん、これらの対策を一度やればOK、というわけにはいきません。
何度も繰り返して初めてできるようになります。
むやみやたらに解き続けるよりも、その原因と対策を意識しながら問題に臨んでみましょう!

The following two tabs change content below.

個別指導塾WAYS

中だるみ中高一貫校生・高校生の定期テストの成績をたった90日で跳ね上げる個別指導塾。中高一貫校用教材に対応することで各中高一貫校の定期テストの点数に直結した指導を行います。低料金なので長時間指導が受けられるため、家で勉強できない中高一貫校生でも成績を上げることが出来ます。英語、数学をメインに指導を行っています。

コース紹介 中高一貫校生・高校生対象


あなたにぴったりな記事10選

今日の人気記事

新着記事

2021年10月15日 清風高等学校1年生―わからない問題を粘り強く学習することで成績アップ! 2021年10月15日 要約を制する者は読解を制す!そのやり方とコツ 2021年10月13日 【大学受験・英語】正しい音読のやり方!速読力を伸ばす最強の勉強法 2021年10月12日 駒込高校1年生―演習量の大幅増で成績アップ! 2021年10月08日 東山中学校3年生―解き直しの徹底と確認テストの実施で成績アップ! 2021年10月08日 大人も使える!高校生におすすめの英語の勉強法 2021年10月08日 成績を上げたい中学生の保護者が知っておくべきポイント! 2021年10月07日 【おすすめ】定期テスト2週間前からの勉強計画 2021年10月05日 山手学院中学3年生―疑問点や分からない問題を塾で解決し成績アップ! 2021年09月28日 令和3年度 早稲田高校 1年生 数学 1学期 期末テスト分析

トップページに戻る


指導コース紹介

講座紹介

新規開校情報

新規開校 たまプラーザ教室

トップページに戻る