自分の学力に合った問題を選んで勉強すべき3つの理由

自分に見合ってない事をする赤ちゃん

【問題】
偏差値50早慶志望の受験生は普段どのような勉強をすべきですか?

A,早慶レベルの問題を解く
B,自分の学力に合った問題を解く

突然の問題で戸惑ったかもしれませんが、答えはBの「自分の学力に合った問題を解く」です。

では、答えがBの理由を解説していきます。

勉強の進みが速い

自分の学力にあった問題は出来るものが多いでしょう。

出来る問題が多いとスラスラ進んでとても楽しいです。

その中で出来ない問題があっても、自分のレベルに合っていればすぐに出来るようになり、自分のレベルUPが実感できてやる気が上がります。

勉強の中でやる気が上がるようになっているので、。

一方、早慶レベルの難しい問題では、ほとんどできない問題なので、勉強が全然進みません。

難しいと感じる問題となると、出来ない問題を出来るようにするのも一苦労なので、勉強が辛く感じると思います。

早慶レベルの難しい問題は、難しいと感じなくなるくらい自分の学力を上げてから取り組むべきであり、偏差値50の段階でやるべきではないのです。

このような学習は継続しにくいため、最初はやる気があったとしても3日坊主で終わる可能性が高いです。

アウトプット中心学習ができる

出来る問題が多いとアウトプット中心の学習ができ、

出来ない問題が多いと解説を読んで理解するという学習がメインになります。

つまり、インプット学習が多くなってしまい、集中力が切れて途中で眠くなったり、勉強を中断してしまいます。

また、インプットはアウトプットに比べて学習効果が低いため、長い時間使ってインプットしてもすぐに忘れてしまうということが起こります。

もしも、学校や予備校等でこのような学習を強いられてしまったときは、長時間インプットしたとしても必ずアウトプットをしましょう。

結果が出やすい

英検4級の学力の受験生が英検3級の単語や文法を1ヶ月必死に勉強すれば、高確率で英検3級合格できると思います。

自分のレベルを把握し、少し上のレベルに挑戦することで着実に結果を出すことが出来ます。

一方、英検4級の学力の受験生が3級、準2級をすっ飛ばして、英検2級の対策として1ヶ月勉強したところで英検2級は合格出来ないと思います。

半年勉強しても受からないかもしれません。

英検2級どころか3級も受からないかもしれません。

要するに、学力は変わらず3級未満であるということです。

長い期間、頑張って勉強をしても結果がついていかないため、勉強がつまらなくなって挫折してしまうかもしれません。

また、このような勉強をしていると自分の学力にムラが発生し、自分の学力を把握しづらくなり、何をやれば学力が上がるのかわからない状態に陥ってしまいます。

まとめー自分の学力に合ったレベルの問題を解くメリット

  1. はかどる
  2. 楽しい
  3. 継続できる
  4. 学習効果大
  5. 結果が出やすい

勉強の効率や継続率を考えると難関大志望でも自分の学力に合ったレベルの問題を選んで勉強すべきなのです。

The following two tabs change content below.

個別指導塾WAYS

中だるみ中高一貫校生・高校生の定期テストの成績をたった90日で跳ね上げる個別指導塾。中高一貫校用教材に対応することで各中高一貫校の定期テストの点数に直結した指導を行います。低料金なので長時間指導が受けられるため、家で勉強できない中高一貫校生でも成績を上げることが出来ます。英語、数学をメインに指導を行っています。

コース紹介 中高一貫校生・高校生対象


あなたにぴったりな記事10選

今日の人気記事

新着記事

2021年10月26日 京都府立洛北中学校2年生ー解き直しの徹底で成績アップ! 2021年10月22日 清風中学校3年生―テストの傾向の分析と解き直しで成績アップ! 2021年10月19日 【中高一貫校】中学生に塾は必要か?塾に行く理由とメリット 2021年10月19日 大妻中野高校2年生―計画的な学習で成績アップ! 2021年10月15日 清風高等学校1年生―わからない問題を粘り強く学習することで成績アップ! 2021年10月15日 要約を制する者は読解を制す!そのやり方とコツ 2021年10月13日 【大学受験・英語】正しい音読のやり方!速読力を伸ばす最強の勉強法 2021年10月12日 駒込高校1年生―演習量の大幅増で成績アップ! 2021年10月08日 東山中学校3年生―解き直しの徹底と確認テストの実施で成績アップ! 2021年10月08日 インプットアウトプットは中学生の勉強に役立つのか?

トップページに戻る


指導コース紹介

講座紹介

新規開校情報

新規開校 たまプラーザ教室

トップページに戻る