【中高一貫生・高校生向け】難関大合格のための必須能力!英語長文を得意にする直読直解

pixta_1383103_m

英語長文を得意にする上で、直読直解は必須の能力です。

大手予備校の模試の英語の点数、偏差値を上げるために直読直解が必須です。

定期テストでエグいレベルの初見長文問題が出る中高一貫生や難関大学受験対策をしている高校生に培って欲しい能力です。

ここではそんな英文の直読直解についてまとめました。

直読直解とは

英語のまま単語の意味を理解する

日本語を介さずに英語を英語のままで単語の意味をイメージし、理解することです。

× dog→犬→理解 ○ dog→理解

英語の語順通り理解する

英語を英語の語順SV~で理解することです。

英語の語順はSV~(主語+動詞~.)となるのに対し、日本語の語順はS~V(主語~動詞。)です。

英文の和訳を考えて読むと、実際に英文を読む順序としてはSV~→S~Vとなります。

× SV~→S~V→日本語→理解 ○ SV~→理解

関係代名詞などが入る場合、より複雑な語順変化を経て、日本語に訳すことになります。 SVO[S’V’O’]→SO[S’O’V’]V→日本語→理解

直読直解のメリット

格段に速く読める!

日本語を介さず、日本語の語順に直さないため、処理工程が少なくなり速く読めます。

また、日本語の語順に直す際の読み返しがなくなるため、1文を読むのにかかる時間が大幅に短縮出来ます。

和訳しつつ読む方法よりも格段に速く長文の内容を理解できるため、大量の長文が出される難関大入試でも時間内に解き終えることができます。

また、英文を理解する時間が少なく済むので、読解に時間を充てられ、長文の点数を伸ばすことができます。

長文読解に集中できる!

読み返しつつ品詞分解し、英文構造を理解し、和訳を頭で考える読み方だと、文脈理解や読解に意識しにくいです。

直読直解ができる場合、文脈を読むなどの読解に全意識を集中することができます。

リスニングでも必須能力!

リスニングでは、もちろん英語の語順のままに読まれますので、読み返して構造を理解し、日本語に訳して理解する余裕はほとんどありません。

そのため、直読直解が出来なければリスニングはできるようにならないでしょう。

The following two tabs change content below.
個別指導塾WAYS

個別指導塾WAYS

中だるみ中高一貫校生・高校生の定期テストの成績をたった90日で跳ね上げる個別指導塾。中高一貫校用教材に対応することで各中高一貫校の定期テストの点数に直結した指導を行います。低料金なので長時間指導が受けられるため、家で勉強できない中高一貫校生でも成績を上げることが出来ます。英語、数学をメインに指導を行っています。

コース紹介 中高一貫校生・高校生対象

中だるみ中高一貫校生の英語の数学定期テスト対策コース 高校生定期テスト対策コース 大学受験準備コース 大学受験コース

あなたにぴったりな記事10選

今日の人気記事

新着記事

明治大学付属中野中学校 中学3年生―学習習慣をつけるとともに定期試験の全範囲テストで成績アップ!
成城中学校2年生―勉強方法を徹底的に改善して成績アップ!
世田谷学園中学校2年生―早めの勉強の取り掛かりとWAYSの指導で疑問点を解決することで成績アップ!
筑波大学附属中学2年生ー問題演習量を増やし、解き直しの徹底で成績アップ!
三輪田学園高等学校1年生―圧倒的に勉強量が増えたことで成績アップ!
早稲田大学高等学院2年生―学校で習った範囲をすぐに復習して成績アップ!
高輪中学3年生―正しい勉強法が定着して成績アップ!
昌平中学3年生‐学習法の改善と問題集の周回‐で成績アップ!
山手学院中学2年生ー解き直しの徹底で成績アップ!
城北中学校2年生―勉強の方法・時間の改善で成績アップ!

2013年08月13日