城北中学校2年生―勉強の方法・時間の改善で成績アップ!

城北中学校の成績アップ事例を紹介します。

この生徒は中学2年の8月に入塾しました。入塾前の1学期期末テストでは、英語が41点という状況でした。
しかし、入塾から4ヶ月間、当塾で学習していくことで、2学期期末テストでは英語が90点と、大きく成績をアップすることができました。

なぜ成績が大幅に上がったのでしょうか? その理由をお伝えします。

入塾時の学習状況

城北中学校では新型コロナウイルスの影響で、1学期の間半日登校やオンライン授業が続いていました。
そのため提出物も比較的少なく、自分で学習しなければならない状況となっていました。

しかし、自宅にいると学習する意欲があまりわかず、学習習慣が次第におざなりになっていってしまったのです。

また、学習習慣がなくなっていってしまったため、提出物に関しても期日までに出すことができていない状況が続いておりました。

そこで学習習慣を再び身につけるため、また学校の課題にしっかりと取り組んで提出期限を守るために入塾することを決めました。

改善方法

まずは、問題演習する時間を十分に確保しました。
初めのうちは文法の例文を見ながら問題を解いてもらい、慣れてきたら何も見ないで解いていくように指導しました。

また、問題を解く際には問題集に直接書き込むのではなく、必ずノートに解くように指導をしました。
問題演習を繰り返し、わかる状態からできる状態にするためです。

さらに、答え合わせを行う際には一遍に行うのではなく、1ページ毎もしくは大問1毎に答え合わせをするように指導をしました。
間違った文法知識のまま問題演習をしてしまうことを防ぐためです。

このように、問題演習量を十分に確保することと、正しい学習方法で学習することで、改善をしていきました。

正しい勉強法・勉強習慣を身につけて成績アップ!

当塾で正しい勉強法で学習を行っていった結果学習習慣が再び身につき、英語の文法問題も徐々に解けるようになりました。

さらに一度解いた問題をテスト前にもう1周解くことで、抜けていた文法知識の再確認を行うことができました。
その結果がテストの点数に表れ、英語で大幅な成績アップを果たしました。

また、学習習慣がついたため提出物の期限にも間に合うようになりました。

今後の目標

この生徒の今後の目標は、90点台を維持していくことです。

個別指導塾WAYSでは、このような学習習慣が身についておらず、勉強方法がわからなかった生徒が多く入塾しています。
そして、正しい勉強法を身につけ、学習時間を確保することで成績を上げていっています。

学校の成績でお悩みの方は、是非ともお問い合わせください!

The following two tabs change content below.

山中竜真

大学在学時より、塾講師として、小中高生を対象に、個別指導・集団授業を担当。教科は、英語・数学・理科が中心。生徒が主体的に学ぶことができるように、指導をしている。趣味は、動画鑑賞、ペットの育成、ランニング。

コース紹介 中高一貫校生・高校生対象


あなたにぴったりな記事10選

今日の人気記事

新着記事

2021年10月19日 【中高一貫校】中学生に塾は必要か?塾に行く理由とメリット 2021年10月19日 大妻中野高校2年生―計画的な学習で成績アップ! 2021年10月15日 清風高等学校1年生―わからない問題を粘り強く学習することで成績アップ! 2021年10月15日 要約を制する者は読解を制す!そのやり方とコツ 2021年10月13日 【大学受験・英語】正しい音読のやり方!速読力を伸ばす最強の勉強法 2021年10月12日 駒込高校1年生―演習量の大幅増で成績アップ! 2021年10月08日 東山中学校3年生―解き直しの徹底と確認テストの実施で成績アップ! 2021年10月08日 インプットアウトプットは中学生の勉強に役立つのか? 2021年10月08日 成績を上げたい中学生の保護者が知っておくべきポイント! 2021年10月07日 【おすすめ】定期テスト2週間前からの勉強計画

トップページに戻る


指導コース紹介

講座紹介

新規開校情報

新規開校 たまプラーザ教室

トップページに戻る