淑徳中学校2年生―学習環境と学習方法の改善で成績アップ!

淑徳の成績アップ事例を紹介します。

この生徒は中学1年の3月に入塾しました。入塾前の3学期期末テストでは、英語が40点、英文法が18点という状況でした。

しかし、入塾から2ヶ月間、当塾で学習していくことで、1学期中間テストでは英語が66点、英文法が64点と大きく成績をアップすることができました。

なぜ成績が大幅に上がったのでしょうか? その理由をお伝えします。

入塾時の学習状況

自宅学習をする際も、「効果的な勉強法」がまだ自分の中で確立されていなかったため、自習を上手に回すことができていませんでした。具体的には複数のテキストに手を出し、どのテキストも完全に身についておらず、さらには、そのことが勉強へのモチベーションを下げる一因にもなっていました。

学習環境と学習方法の改善!

入塾してからは、週2コマ(120分×2)継続して学習していきました。塾には学習を阻害する「誘惑」はありません。また、当塾では仕切りなどがなく隣で学習している生徒が見えるため、緊張感を持って学習に取り組めます。集中して学習できるので、家庭学習で進める120分と塾で進める120分では、同じ120分でも「問題演習を進めるスピード」に大きく差が出ます。

しかし、集中して学習を行うだけでは大幅な点数アップには至りません。それを可能にするために、勉強方法の改善を徹底的に指導しました。

勉強方法の中でも、特に集中的に指導したのは以下の3点です。

①大問ごとに細かく丸つけをする
②間違えた場合は問題集にチェックをつけて、120分指導の最後に必ず解き直しを行う
③問題集のテスト範囲を解き終わったら、チェックのついている問題をもう一度解き直す

その日に間違えた問題の解き直しを講師がチェックすることにより、120分の学習内容がしっかり定着しているかを確認しながら学習を進めることができました。

また、1周のみ解いて終わっていた問題集を、間違えた問題のみ2周3周と繰り返し解き進めました。これにより、内容の理解度を高めて定期テストに臨むことができました。

間違えた問題の徹底復習と3周繰り返すことで成績(大幅)アップ!

その指導の結果、入塾から2ヶ月間で、英語が40点から66点、英文法が18点から64点と大幅に成績アップしました。その理由としては、上記にも記載したように、間違えた箇所の復習の徹底と、学習計画を立てて問題集を3周しっかり終えることで、学習した内容を明確に覚え、テストでその通りに書くことができました。

今後の目標

今後の目標は、今度は英語だけではなく数学も受講し、数学の点数も伸ばしていくことです。点数が伸びると自信にもつながります。引き続き成績アップのサポートを続けていきたいです。

個別指導塾WAYSでは、このような間違いを直さずにテキストをやりっぱなしにしているような生徒が多く入塾します。そして、間違えた部分を理解して解き直し、1周だけでなく3周することで成績を上げていっています。学校の成績でお悩みの方は、是非ともお問い合わせください!

The following two tabs change content below.
林昌宏

林昌宏

個別指導塾WAYS 池袋教室 教室長。京都大学工学部卒業。自立学習を促すことを意識し、日々の授業に取り組む。趣味は食べ歩きと麻雀。

コース紹介 中高一貫校生・高校生対象

中だるみ中高一貫校生の英語の数学定期テスト対策コース 高校生定期テスト対策コース 大学受験準備コース 大学受験コース

今日の人気記事

新着記事

勉強のやる気を上げるたった1つの方法!
学習院女子高等科から大学へ内部進学するために必要な成績は?
早稲田実業で大学に内部進学するには?
数学で得点力アップのためにやるべきこととは?
日大豊山高校2年生ー効率的な勉強を行うとともに、勉強時間を増やすことで成績アップ
学習院中等科1年ー効率よく学習して、短期間で成績アップ
カリタス女子中学2年 ー「解き直しの徹底」と「演習量を増やすこと」で成績アップ!
京華高校2年生―こまめな復習で成績アップ!
大学受験コース 説明会・個別相談会開催のお知らせ
早稲田高校2年生―解説を読み込んで成績アップ!

2019年08月30日