富士見丘中学校2年生―理解と演習で英語の点数アップ!

富士見丘中学校の成績アップ事例を紹介します。

この生徒は中学2年の4月に入塾しました。入塾前の中学1年3学期期末テストでは、英語(2)が64点という状況でした。

しかし、入塾から12ヶ月間、当塾で学習していくことで、中学2年の3学期期末テストでは英語(2)が91点と大きく成績をアップすることができました。

なぜ成績が大幅に上がったのでしょうか? その理由をお伝えします。

入塾時の学習状況

この生徒は中学2年生の4月に入塾しました。

勉強をする習慣がきちんとできていたので、テスト成績も平均点を安定して超えていました。自分で勉強のペースを決め、計画的に学習を行える生徒です。

しかし、分からない応用問題や授業中に分からなかった文法分野については、自力学習で理解を補えないところがあったため、それ以上の得点を取るのが難しい状況でした。

文法内容の理解と解き直し

学校で使っている教材は『新中学問題集』という、中高一貫校の中でもよく使われる問題集です。

この問題集を解くにしても、内容をきちんと理解しているか、していないかで、当然正答率は変わってきます。

また、理解していないままだと、最悪答えをそのまま覚えてしまい、少し単語が変わっただけで問題が解けなくなってしまいます。

そのため、「指導中に声がけを行い、分かっていないところをきちんと理解してもらうこと」、「できなかった問題をきちんと解き直すこと」を指導中に徹底しました。

理解を徹底させる解き直しで点数大幅アップ!

問題を解いている時に、良く分からない問題や、解説に載っているけれども意味が分からない用語をきちんと理解してもらいながら問題を解き進めてもらいました。

また、できなかったところについては、理解した後にきちんと解き直しも行いました。

この結果、1年後には30点近い点数のアップとなりました。本人がきちんとテスト成績を上げるために努力を続けた結果です。

今後の目標

この生徒の今後の目標は、この点数の維持と、他科目の成績も同様に上げることです。

この生徒はすでに学校でも上位の成績を取っていますし、高得点を維持するだけでも十分かもしれません。

しかし、この生徒はモチベーションも高いので、それに満足することなく、さらなる目標を目指してがんばってもらうためにも今後も指導を継続していきます。

 

個別指導塾WAYSでは、このように自学自習が身についてはいるけれど、分からないところを自分で解決できず、点数が平均を上回らない生徒も在籍しております。

きちんとした理解と、分からないところをきちんと解き直すことにより成績アップが実現しております。もし同じお悩みをお持ちの方がいましたら、お気兼ねなくご相談ください。

The following two tabs change content below.
堤健之

堤健之

個別指導塾WAYS 吉祥寺教室 室長 教育で感銘をうけた言葉は山本五十六の「やってみせ、言って聞かせて、させてみせ、ほめてやらねば、人は動かじ。」

コース紹介 中高一貫校生・高校生対象

中だるみ中高一貫校生の英語の数学定期テスト対策コース 高校生定期テスト対策コース

今日の人気記事

新着記事

芝浦工業大学附属中学校3年生―勉強習慣を身につけることで成績アップ!
山脇学園高校2年生―問題集を繰り返すことで成績アップ!
明治大学付属中野高校2年生―塾で集中して暗記に取り組むことで成績アップ!
工学院大学附属高校2年生―テスト分析と教材の2周演習で継続的な成績アップ!
5月7日より「英検」対策講座開始!
実践女子学園中学校3年生―「素早く解く→解き直す」のサイクルで成績アップ!
田園調布学園中等部3年生―解き直しの徹底で成績アップ!
大妻高校1年生―勉強方法を見直すことで成績アップ!
富士見丘中学校2年生―理解と演習で英語の点数アップ!
早稲田大学高等学院中学部1年生―学習時間の確保で成績アップ!

2018年04月28日