「疲れている」ときの勉強法~肉体疲労編~


みなさん、こんにちは!市ヶ谷教室の福永です。

新学期が始まり、冬休みとは違った生活リズムになったのではないかと思います。
そうすると、勉強・部活・遊びの疲れが次第にたまってきますよね?
そんなときに「疲れていて勉強できない!」となるかもしれませんが、
現実は宿題・テスト勉強があり、「疲れていても勉強しなければならない」状況が待っています。

ではどうすればいいのでしょうか。今回は「疲れている」ときの勉強法を2回にわたってお伝えします。

「疲れ」は2種類存在する

「疲れていて勉強できない!」の「疲れ」とはそもそも何なのでしょうか?

私が思うに「疲れ」とは2種類あります。
(疲れ→疲労に言葉を代えさせていただきます)
「肉体疲労」「精神疲労」です。

そのため、上記2種類のパターンに即して対処する必要があります。

今回は肉体疲労についてお話します。

肉体疲労と勉強効率との関連性

まず、肉体疲労とは何かです。

書いて字のごとく「体が疲れている」ということであり、

これを回復するには睡眠が一番です。

それか栄養ドリンク?プラシーボ効果も期待しますか?

(プラシーボ効果・・・効果がないかもしれないが、効果があると思い込むことで

心身に何らかの変化をもたらすこと。この場合、「栄養ドリンクを飲んだら、なんだか

元気が出てきた」というようなこと)

それ以外の方法がなく、起きている間に回復するのは非常に困難であり、

常に増していくものとなります。

精神力だけではどうしようもないのがこの肉体疲労です。

1日学校生活を送るだけで必ず肉体疲労が発生するため、

まったく疲れがない状況で勉強する!というのはほぼ不可能です。

勉強したくない!と思ってもやらないといけない現実。

しかし、それをどう対処していけばいいでしょうか。

 

肉体疲労があるときの対処法~どう勉強するか~

この場合、疲労度合によります。

今回は3パターンに分けお話します。

疲労度合に応じた方法をとるだけで

「疲れていても勉強できる」状況を作れます。

①寝る以外の行動ができない

いきなりですが、まず寝ましょう。

えっ!?と思うかもしれませんが、

それほどの疲労度合のときに勉強しても効率が格段に悪くなります。

勉強することで余計に肉体疲労を増すと次の学習にも影響を与えかねません。

「明日テストがあるんだ!」「宿題をやらないといけないんだ!」

となったとしてもそれならば

 

少し昼寝をしてから勉強する

翌朝早起きして勉強する

 

上記2つの方ががはるかに効率的です。

肉体疲労が蓄積しているときは、回復してから勉強しましょう。

 

②勉強はできそう、ただし、疲れを感じやすいものは不可能に思う

自分にとって「疲れがたまりづらいもの」を選択し勉強しましょう。

「疲れがたまりやすいもの」をやると勉強できない!と思っている段階で

勉強に対し後ろ向きな考えが出ています。

そのような状態で「疲れがたまりやすいもの」を勉強すると、

精神疲労が増し、

学習意欲がそがれかねません。

(精神疲労編については次回お話しします。)

「0よりは1でも良いから進める」気持ちで

勉強に向かってみましょう。

 

③疲れていても勉強できるだけの体力が残っている

いつも通り勉強しましょう。ただし、肉体疲労があることを前提に、

 

・どの科目を

・どの順番で

・どのくらいの時間

・どのくらいのレベルの問題を

 

やれば効率よく勉強できるかを考えながら

やっていきましょう。

②にも当てはまることですが、

疲れは目に見えないものなので、いつそれが表面化するかわかりません。

目測を誤ってしまい、「思ったように勉強できなかった・・・」

なんてこともあるでしょうが、その時には次回、同様の疲労度合の時に

同じ過ちを繰り返さないように気をつければいいでしょう。

 

まとめ

上記③と内容が重複しますが、

疲労度合における勉強内容の濃さに関しては、毎日変わります。

ずっと同じパターンで行える、ということはあり得ません。

なぜなら、みなさんは成長期の真っただ中。

より体力は増していきますし、より勉強内容は難しくなっていきます。

その中で、自分の中のデータを常に更新していくことが

勉強効率を上げるのに必要な素地となります。

 

単に「1時間勉強しよう」「英語を4ページやろう」

という時間・内容だけを考慮した勉強計画ではなく、

肉体疲労を鑑みた勉強計画も立てて勉強すると

より自分に合った勉強法がみつかり

「疲れ」とうまく付き合える!のではないでしょうか。

 

次回は

「疲れている」ときの勉強法~精神疲労編~

をお送りします。乞うご期待!

個別指導塾WAYSでは「成績を90日で跳ね上げる」を実現すべく、中高一貫校生向けの定期テスト対策や大学受験対策を行っています。
学校オリジナル教材に対応できる圧倒的な指導力により、多くの生徒様にご満足いただいています。

The following two tabs change content below.

福永龍一

個別指導塾WAYS 飯田橋教室 教室職員 慶応義塾大学法学部出身。「生徒と同じ目線で授業を行う」ことをモットーに日々指導に邁進する。 趣味:カラオケ、ドラマ鑑賞、携帯ゲーム

コース紹介 中高一貫校生・高校生対象


あなたにぴったりな記事10選

今日の人気記事

新着記事

2021年10月26日 京都府立洛北中学校2年生ー解き直しの徹底で成績アップ! 2021年10月22日 清風中学校3年生―テストの傾向の分析と解き直しで成績アップ! 2021年10月19日 【中高一貫校】中学生に塾は必要か?塾に行く理由とメリット 2021年10月19日 大妻中野高校2年生―計画的な学習で成績アップ! 2021年10月15日 清風高等学校1年生―わからない問題を粘り強く学習することで成績アップ! 2021年10月15日 要約を制する者は読解を制す!そのやり方とコツ 2021年10月13日 【大学受験・英語】正しい音読のやり方!速読力を伸ばす最強の勉強法 2021年10月12日 駒込高校1年生―演習量の大幅増で成績アップ! 2021年10月08日 東山中学校3年生―解き直しの徹底と確認テストの実施で成績アップ! 2021年10月08日 インプットアウトプットは中学生の勉強に役立つのか?

トップページに戻る


指導コース紹介

講座紹介

新規開校情報

新規開校 たまプラーザ教室

トップページに戻る