「疲れている」ときの勉強法~肉体疲労編~


みなさん、こんにちは!

突然ですが、部活や日々の生活などで疲れが溜まり、「疲れていて勉強ができない!」となったことはありませんか?

「一日中寝ていたいなぁ….。」と思っても、現実は宿題・テスト勉強があり、「疲れていても勉強しなければならない!」状況が待っています。

ではどうすればいいのでしょうか。

今回は「疲れている」ときの勉強法を2回にわたってお伝えします。

個別指導塾WAYS 公式HP

「疲れ」は2種類存在する

「疲れていて勉強できない!」の「疲れ」とはそもそも何なのでしょうか?

「疲れ」とは2種類あります。

「肉体疲労」「精神疲労」です。

そのため、上記2種類のパターンに即して対処する必要があります。

今回は肉体疲労についてお話します。

肉体疲労と勉強効率との関連性

まず、肉体疲労とは何かです。

書いて字のごとく「体が疲れている」状態であり、これを回復するには睡眠が一番です。

栄養ドリンクエナジードリンクなどもある程度効果があるようですが、睡眠よりも効率の良い回復方法はなく、起きている間に疲労回復するのは非常に困難であり、疲労は常に増していくものとなります。

精神力だけではどうしようもないのがこの肉体疲労です。

1日学校生活を送るだけで必ず肉体疲労が発生するため、学校がある日にまったく疲れがない状況で勉強する!というのはほぼ不可能です。

勉強したくない!と思ってもやらないといけない現実。

では、どのように対処していけばいいでしょうか。

肉体疲労があるときの対処法~どう勉強するか~

この場合、疲労の度合によります。

今回は3パターンに分けお話します。

疲労度に応じた方法をとるだけで「疲れていても勉強できる」状況を作れます。

①寝る以外の行動ができない

いきなりですが、まず寝ましょう!

えっ!?と思うかもしれませんが、それほどの疲労を感じているときに勉強しても効率が格段に悪くなります。

無理をして勉強することで余計に肉体疲労を増すと、次の学習にも影響を与えかねません

「明日テストがあるんだ!」「宿題をやらないといけないんだ!」

となったとしてもそれならば

◎少し昼寝をしてから勉強する
◎翌朝早起きして勉強する

上記2つの方がはるかに効率的です。

肉体疲労が蓄積しているときは、回復してから勉強した方が効率がよくなります。

なので、まず寝ましょう!

②勉強はできそう、ただし、疲れを感じやすいものは不可能に思う

自分にとって「疲れがたまりづらいもの」を選択し勉強しましょう。

「疲れがたまりやすいもの」をやると勉強できない!と思っている段階で、勉強に対して後ろ向きな考えが出ています。

そのような状態で「疲れがたまりやすいもの」を勉強すると、余計に精神疲労が増し学習意欲がそがれかねません。(精神疲労編については次回お話しします。)

「0よりは1でも良いから進める」気持ちで勉強に向かってみましょう。

自分にとって「疲れがたまりづらいもの」を勉強した方が少しでも効果があると思います。

③疲れていても勉強できるだけの体力が残っている

いつも通り勉強しましょう。ただし、肉体疲労があることを前提に、

・どの科目を
・どの順番で
・どのくらいの時間
・どのくらいのレベルの問題

をやれば効率よく勉強できるか考えながらやっていきましょう。

②にも当てはまることですが、疲れは目に見えないものなのでいつそれが表面化するかわかりません。

目測を誤ってしまい

「思ったように勉強できなかった・・・」

なんてこともあるでしょうが、その時には次回、同様の疲労度合の時に同じ過ちを繰り返さないように気をつければいいでしょう。

と言うわけで、①どの科目を ②どの順番で ③どのくらいの時間 ④どのくらいのレベルの問題に取り組むか考えながら学習してください。

まとめ

上記③と内容が重複しますが、疲労度合による勉強の濃度は毎日変化します。

ずっと同じパターンで行える、ということはあり得ません。

なぜなら、みなさんは成長期の真っただ中だからです。

より体力は増していきますし、より勉強内容は難しくなっていきます。

その中で、自分の中のデータを常に更新していくことが勉強効率を上げるのに必要な素地となります。

単に「1時間勉強しよう」「英語を4ページやろう」という時間・内容だけを考慮した勉強計画ではなく、肉体疲労を鑑みた勉強計画を立てて勉強することで、自分に合った勉強法がみつかり、「疲れ」とうまく付き合いながら勉強できるようになるでしょう。

最後にここまで読んでいただいてありがとうございます!

「この記事が役に立った!」というかたは是非ともSNSなどでシェアしていただければと思います!

次回は『「疲れている」ときの勉強法~精神疲労編~』をお送りします。


個別指導塾WAYSでは「成績を90日で跳ね上げる」を実現すべく、中高一貫校生向けの定期テスト対策や大学受験対策を行っています。

学校オリジナル教材に対応できる圧倒的な指導力により、多くの生徒様にご満足いただいています。

定期テスト対策コース

The following two tabs change content below.

個別指導塾WAYS

中だるみ中高一貫校生・高校生の定期テストの成績をたった90日で跳ね上げる個別指導塾。中高一貫校用教材に対応することで各中高一貫校の定期テストの点数に直結した指導を行います。低料金なので長時間指導が受けられるため、家で勉強できない中高一貫校生でも成績を上げることが出来ます。英語、数学をメインに指導を行っています。

コース紹介 中高一貫校生・高校生対象

あなたにぴったりな記事10選

今日の人気記事

新着記事

2022年11月26日 【中高一貫校】京華中学高等学校の教育・評判を徹底解明 2022年11月25日 【中高一貫校】公文国際学園中等部・高等部の教育・評判を徹底解明 2022年11月25日 中高一貫校のメリットは?デメリットを克服して6年間楽しむ方法 2022年11月24日 中高一貫校生はいつから塾に通う?目的別タイミングと選び方 2022年11月24日 【中高一貫校】開智日本橋学園中学・高等学校の教育・評判を徹底解明 2022年11月23日 中高一貫校生は塾の冬期講習へ行くべき?授業内容やメリット解説 2022年11月23日 【中高一貫校】十文字中学校・高等学校の教育・評判を徹底解明 2022年11月22日 【中高一貫校】清風中学校・高等学校の教育・評判を徹底解明 2022年11月22日 個別指導で成績が上がらない!?個別指導に向いている人の特徴3選 2022年11月21日 中高一貫校生でも数学問題集『サクシード』は難しい?上手な活用法とは

ブログを検索する

キーワード・学校名などを
入力してください。

トップページに戻る


指導コース紹介


トップページに戻る