算数は得意だったが中高一貫校で数学は苦手になるパターン解説

算数は得意でも数学が苦手になるパターン

公立中学では、小学生算数の基礎計算力が足りない、または割合や分数などが理解できていないのに、数学の概念を勉強するため消化不良を起こし、数学が苦手になる生徒が多いです。

一方で、中学受験で算数を鍛えてきた中高一貫校の数学が苦手な生徒は、必ずしもこのパターンに当てはまりません。

算数は得意だったけど、数学は苦手?!

小学校の算数はできていた(少なくとも公立小学校の中では)のに、数学ができなくなるというのは、中だるみ中高一貫生の典型的なパターンです。

中高一貫校では、最初から数学が全然できないという生徒はあまりいません。中学1年の1学期中間のテストは出来ている場合が多いです。これは、中学入試の算数よりも中1の最初に習う数学のほうがはるかに簡単だからです。中1の1学期くらいまでは中学受験勉強の延長でなんとかなってしまうのです。

しかし、勉強が進むにつれてルールがどんどん変わっていきます。算数の知識で中1の1学期の数学ができたからといって数学をなめて勉強しなかった生徒は、知らないルールばかりとなり、授業についていけなくなってしまいます。

数学のルールを復習して定着させよう!

算数得意な数学嫌いな中高一貫生は、1から戻って数学の公式理解と反復演習するよって数学のルールを体得しましょう。導入がちゃんと載っている市販の参考書で理解→演習するのがお勧めです。すぐにコツが掴めるはずです。

この「算数得意→数学苦手」パターンはただ数学の勉強をサボっているだけなので、勉強し始めればすぐにテストで点数が取れるようになります。
ただし、授業スピードの早い中高一貫校では、早めに数学を勉強し直さないと、振り返る範囲が膨大になり、復習が大変になります。

ちょっと努力しただけでは点数が伸びにくくなるため、モチベーション維持ができずに数学復習を断念する場合があります。飽きっぽい生徒ほどこまめな復習が成績維持の鍵となります。

The following two tabs change content below.
個別指導塾WAYS

個別指導塾WAYS

中だるみ中高一貫校生・高校生の定期テストの成績をたった90日で跳ね上げる個別指導塾。中高一貫校用教材に対応することで各中高一貫校の定期テストの点数に直結した指導を行います。低料金なので長時間指導が受けられるため、家で勉強できない中高一貫校生でも成績を上げることが出来ます。英語、数学をメインに指導を行っています。

コース紹介 中高一貫校生・高校生対象

中だるみ中高一貫校生の英語の数学定期テスト対策コース 高校生定期テスト対策コース

今日の人気記事

新着記事

大船教室開校!2019年1月4日まで入塾金無料!
2018年9月10日より「英検」対策講座開始!
吉祥寺第2教室開校!2018年11月15日まで入塾金無料!
獨協中学校2年生―反復演習と学習リズム形成で成績アップ!
学習院中等科2年生―効率の良い勉強方法を身につけて成績アップ!
東洋英和女学院中学部3年生―単語の暗記で英語の成績大幅アップ!
成城高校3年生―「できる」問題を増やすルールを徹底して成績アップ!
成城中学校2年生―問題集を繰り返し解くことで成績アップ!
本郷中学校2年生―勉強習慣を身につけて成績アップ!
都立文京高校2年生―演習量の確保と勉強習慣の見直しで成績アップ!

2015年01月07日