【中高一貫生向け】大学受験を考えている人の注意点

中高一貫校に通えば、大学受験も有利になり安泰…そう考えていませんか。

もちろん中高一貫校生は、普通の学生に比べて勉強してきたという経験はあります。

また、中高一貫校は、公立高校に比べて輝かしい進学実績を誇っていることが多いです。

そのため、学校に合わせて勉強していれば、自然と難関大学に合格できると思うこともあるでしょう。

しかし、そんな赫々たる結果は行雲流水によって生まれたものではありません。

中高一貫校でも塾に通って勉強する人も多くいますし、合格実績も個人個人の努力のたまものでもあります。

これは逆に言えば、中高一貫校に通っていても失敗は大いにあり得るということです。

そこで今回は、失敗しないための、受験に挑む中高一貫生に待ち受ける壁とそれらへの打開策や心持について解説していきます。

中高一貫校生の塾事情

中高一貫校では、公立高校よりも早いペースで授業が進んでいきます。

そのため、大学受験を考えている生徒は、通常よりも多く受験勉強に対して時間を割くことができます。

また、授業自体もハイレベルなため、ついていくだけで基礎を完成させることができます。

以上から、学校だけで、大学受験対策は完了することはできます。

しかし先にも述べたように、中高一貫生でも塾に通っている人は少なくありません。なぜでしょう。

理由はいろいろ考えられますが、2つほど挙げてみましょう。

塾に通っている人、または通おうとしている人は、この2つで注意を払うべき点が異なっていますので、適宜確認してみてください。

学校の授業についていけない

やはり授業の内容、スピードともにハイレベルなので、ついていけなくなってしまう生徒は現れます。

そうゆう生徒が、授業についていくために塾に通うのです。

本末転倒に見えなくもないですが、学校は方針上個別に合わせた授業というのが難しいのが事実です。

入学したら自分にスピードが合わなかったため、個別に対応できる塾で授業についていけるようにするのはむしろ得策です。

問題なのはむしろ、追えていないという現状を変えないことです。

変にプライドを持ってしまう、例えば「自分は中高一貫で授業を受けているから」と自負してしまい、ついていけていないまま受験勉強を始めることになります。

特に塾に通っていないと、同じ大学を受験する人が見えずらくなってしまい、自分の実力を客観的に見れなくなる場合もあります。

最難関大を受験したい

こちらは前の例とは打って変わって、学校内でも最上位の成績の人が塾に行く動機です。

鉄録会や大手予備校の中高一貫コースのようなところに通う人はそれに属すると思います。

この手の塾は、そもそも高難易度の入塾試験があるため、流れで入る、ということはできないです。

ただこれらの塾は、中高一貫校よりもさらに学習スピードが上がります

特に目的もないが学校で優秀だからという理由で入塾すると、痛い目を見てしまうかもしれません。

最難関大に合格したいというモチベーションを維持し続けられるかが重要になってきます。

学校内での受験勉強

定期テスト対策

中高一貫校のテストの難易度はもちろん高いです。

先ほども述べたように、スピードや内容のレベルが高いためです。

確かにそのようなハイレベルな定期テストは、受験に直結しています。

しかしそれは、テストでやったことを後にも覚えられていること前提です。

テストがハイレベルだからといって、それに随時対策していくだけで受験の基礎が固まるというのは厳密には間違いです。

正確に言うのなら、「定期テストの範囲を、それが終わったあともしっかり復習できていると、いつの間にか基礎が完成している」となるでしょう。

定期テストを受けるだけでなく活かせないと、中高一貫校のメリット半減してしまいます。

緊張感が薄い

中高一貫校に通う生徒は、通常の高校生に比べて受験の記憶が鮮明ではありません。

前者は6年前、後者は3年前だからです。

普通の高校に通う高校生は、高校受験の記憶を思い起こして、ある程度は焦ることができると思います。

ところが中高一貫生は、受験経験が遠い過去のこととなってしまっているため、それほど焦燥に駆られない、むしろ浮ついた態度で臨むことになるかもしれません。

特に周りに外部進学組がいない場合は、全体としても緩い雰囲気が漂ってしまい、大学受験の緊張感に気づきにくい環境になると大変です。

適度な緊張感を感じられるよう、学校外部の情報やムードも取り入れておきましょう

周りに左右される志望校

最上位の中高一貫校だと、周りのみんなの志望校は旧帝大や医学部ばかりです。

そのため、それ以下の大学に進学することはなんだか落ちこぼれなような気がしてきます。

また、大学の附属校などに通っていると、ほとんどの人が附属先の大学に内部進学するため、外部受験をする場合、アウェイな存在になってしまいます。

学校によっては、全体の空気感が必ずしも自分の志望大学と一致するとはかぎりません。

それによって、本当に自分の生きたい大学学部を身失ってしまう可能性もあります。

特に行きたいところややりたいことが決まっていない人はそちらの方が楽かもしれません。

しかし、真に自分の生きたいところや学びたいものが決まっている人は、学校全体の空気に流されないようにする努力や工夫が必要になります。

まとめ

中高一貫校に通っている生徒が大学受験を考える場合、他の学生とは異なった困難が待ち受けていることがわかりました。

ただ、中高一貫校といえど、「自分の努力次第」という側面は大きくなってくると思います。

その努力をどうゆう風にすればいいか、そこをこの記事で伝えられたのなら筆者としては幸いです。

The following two tabs change content below.

個別指導塾WAYS

中だるみ中高一貫校生・高校生の定期テストの成績をたった90日で跳ね上げる個別指導塾。中高一貫校用教材に対応することで各中高一貫校の定期テストの点数に直結した指導を行います。低料金なので長時間指導が受けられるため、家で勉強できない中高一貫校生でも成績を上げることが出来ます。英語、数学をメインに指導を行っています。

コース紹介 中高一貫校生・高校生対象


あなたにぴったりな記事10選

今日の人気記事

新着記事

2021年10月15日 清風高等学校1年生―わからない問題を粘り強く学習することで成績アップ! 2021年10月15日 要約を制する者は読解を制す!そのやり方とコツ 2021年10月13日 【大学受験・英語】正しい音読のやり方!速読力を伸ばす最強の勉強法 2021年10月12日 駒込高校1年生―演習量の大幅増で成績アップ! 2021年10月08日 東山中学校3年生―解き直しの徹底と確認テストの実施で成績アップ! 2021年10月08日 大人も使える!高校生におすすめの英語の勉強法 2021年10月08日 成績を上げたい中学生の保護者が知っておくべきポイント! 2021年10月07日 【おすすめ】定期テスト2週間前からの勉強計画 2021年10月05日 山手学院中学3年生―疑問点や分からない問題を塾で解決し成績アップ! 2021年09月28日 令和3年度 早稲田高校 1年生 数学 1学期 期末テスト分析

トップページに戻る


指導コース紹介

講座紹介

新規開校情報

新規開校 たまプラーザ教室

トップページに戻る