【新高1必見】中学英語と高校英語の違いを徹底解説

中学英語と高校英語はここが違う!

中学英語と高校英語では、覚えるべき英単語の量や文法の難易度などが異なっています。
そのため、勉強内容や取り組み方がそれぞれ異なってきます。

今回は、中学英語と高校英語の違いを明らかにし、勉強の取り組み方を考えていきましょう。
まず、教科書や入試問題から各学習課程での目標、指導内容を以下に示します。

小中高の英語における内容の変化

英語本

小学英語

2020年度から小学校でも英語の授業が必修化となりました。

小3・小4ではアルファベット・英単語・発音に慣れることを目標として、年間35コマ(週1回程度)授業が行われます。
小5・小6では国語・算数のように評価がつく科目として、年間70コマ(週2回程度)授業が行われています。
小学校高学年では、英語の授業回数がおよそ2倍になっており、中学に進学した後、スムーズに学習ができるようになっているようです。
小学校では「聞く」「話す」といった英語によるコミュニケーション力を重視しています。

さらに、小学校で習得目標となっている単語数にも注目が集まっているようです。
小学生の段階で、600〜700程度の英単語が習得目標となっており、小学生から日常的に簡単な英語に触れることで英語力を伸ばそうという狙いもあり、中学での英語アレルギーを予防できます。

中学英語

中学校では、英文法・長文になんとなく慣れることを目標としています。
大まかな英文法を学び、英文構造が簡易な長文を読みます。
ここで扱われる英文法は主に語順、動詞の活用です。
あとは必要な語彙を覚えれば長文が読めてしまいます。

また、中学校では1600〜1800語の英単語を取り扱います。
中学英語だけでも、初歩的な英語絵を使った日常会話程度であれば可能です。
中学で覚える単語数は1600〜1800ですが、普段の会話・TV・新聞・雑誌・ラジオなどで頻出する英単語は2500語以上にもなります。

基本的な文法・英単語は中学校でも学習しますが、社会で使えるような英語力を身につけたいのであれば、プラスαで英単語や表現力を身につけなければいけません。

高校英語

英文法を理解し、英文構造の把握、長文を論理的に読むことを目標とします。
中学の英文法を前提として、より細かな英文法を学んでいくことになるでしょう。
さらに、中学英語では見られなかった英文構造が複雑な英文が出題されます。
英文法に加えて、英文の中でどれが主語でどれが目的語なのか等を見極める必要があります。

これら英文法、英文構造を理解した上で、長文を文脈を考えつつ読んでいかなければなりません。

高校英語の特徴

英単語

暗記量の増加

高校英語では、中学英語と比較して内容が細かくなり、暗記量が飛躍的に多くなります。

具体的には、英語の問題を解くために覚えなければならない英単語、英熟語、英文法の量が増えます。

中学から大学入試までの語彙数を確認していきましょう。
=========================================================
中学卒業レベル:2200〜2500語
難関高校入試レベル:2500語以上
大学入学共通テスト・英検2級(高卒)レベル:4000〜5000語程度
難関私大入試レベル:6000~7000語
=========================================================

中学生ではあまり語彙数は求められませんでしたが、大学入学共通テストや私大入試のレベルになるとかなりの語彙数が必要となります。

大学入学共通テストや英検2級までは、語彙数を考えて英文が作られています。
私大入試では、長文の出典元が米国の論文やニュース等であることが多いため、語彙の規定数がなくなることもあるでしょう。

暗記に工夫が必要

語彙だけでもこれだけの暗記量を必要とし、さらに細かな英文法を覚えなければなりません。

ただ単純に暗記をするのでは、太刀打ち出来ない量です。
暗記法にはいろいろありますが、ここでは理論に落としこむことで暗記を楽にするのが良いでしょう。
例えば英単語の暗記では、接頭辞、接尾辞の意味を覚えてから暗記するのがおすすめです。
動詞形を覚えるだけで名詞形、形容詞形、副詞形等がわかるようになるからです。
英文法でも理論を知ることで、まとめて覚えられる場合が多々あります。

中学英語を疎かにしないことがやっぱり大事

高校英語では中学範囲の英文法、語彙を覚えてる前提で進んでいきます。

中学英語ができないと、英文の至る所でつまづいてやけに時間がかかったり、理解がしづらいこともあります。

高校受験を利用して、中学範囲の英語をしっかり習得してから高校の英語の授業に望みましょう。

The following two tabs change content below.

個別指導塾WAYS

中だるみ中高一貫校生・高校生の定期テストの成績をたった90日で跳ね上げる個別指導塾。中高一貫校用教材に対応することで各中高一貫校の定期テストの点数に直結した指導を行います。低料金なので長時間指導が受けられるため、家で勉強できない中高一貫校生でも成績を上げることが出来ます。英語、数学をメインに指導を行っています。

コース紹介 中高一貫校生・高校生対象

あなたにぴったりな記事10選

今日の人気記事

新着記事

2023年01月28日 【中高一貫校】カリタス女子中学校・高等学校の教育・評判を徹底解明 2023年01月28日 理系の大学受験はどの塾がおすすめ?選ぶポイントと適性紹介 2023年01月27日 【中高一貫校】鴎友学園女子中学校・高等学校の教育・評判を徹底解明 2023年01月27日 成績が伸びる!中高一貫校生の塾選び5つのポイント 2023年01月26日 【中高一貫校生向け】新学期のスタートダッシュが叶う春休み勉強法! 2023年01月26日 【中高一貫校】日本大学高等学校・中学校の教育・評判を徹底解明 2023年01月25日 【中高一貫校】東京都立白鴎高等学校・附属中学校の教育・評判を徹底解明 2023年01月25日 【大学受験対策】過去問はいつから解くべき?最強赤本活用術! 2023年01月24日 【中高一貫校】明治大学付属中野八王子中学校・高等学校の教育・評判を徹底解明 2023年01月24日 偏差値40の人でも大学受験は成功する?志望校合格術を伝授

ブログを検索する

キーワード・学校名などを
入力してください。

トップページに戻る


指導コース紹介


トップページに戻る