【高校英語】Next Stage(ネクステ)は使いづらい?Next Stageの正しい使い方を徹底解説

ネクステ サムネイル

Next Stage」は有名な英語文法問題集の一つです。

英文法 参考書 おすすめ」と検索するとほとんどのサイトで出てくるくらい有名な参考書です。

また、ベストセラーであるため歴史は長く、自分たちより上の世代の人、すなわち学校や塾の先生がおすすめとして挙げるでしょう。
実際、指定の教材として使われている学校もあるそうです。
そんな「Next Stage」(以下ネクステ)ですが、人によっては、
やっても成績が上がらない」
「そもそも解説がわかりにくい

などの不満をこぼしています。
こうしてみると、ネクステはベストセラーだから良書なの?それとも古臭い悪書なの?という疑問を抱くでしょう。

今回の記事はそんなネクステの正しい使い方、勉強法についてご説明します。

Next Stageは使いづらい?間違った使い方

ネクステには、たしかに多くの人の成績を伸ばしてきた実績があります。
ところが、最初に述べた通り、なぜかネクステをやってもわからない、成績が伸びないという生徒は少なくはありません。

その理由は、「使い方を間違ってしまっているから」です。

これは必ずしも使用者が悪いというわけではなく、ネクステという参考書そのものの仕様にも関係があります。

文法用語

ネクステの解説はコンパクトです。

しかし、その解説を理解できなければ意味がありません

「解説を理解できないんならわかりやすくなんてないじゃないか」
と考える人がいるかもしれませんが、そうではないのです。

実は、ネクステの解説には文法用語が説明なしで多く使われています。

文法用語とは、例えば「主語」「目的語」「動詞」「形容詞」「名詞節」「副詞節」などを指します。
皆さんは、上記の用語を自分でいくつ解説できるでしょうか。

前半3つはまだできるかもしれませんが、後半3つは怪しい人、もしくは意味がわからないという人もいるのではないでしょうか。
ネクステではこれらの用語がわかっている前提で話が進みます。

ネクステの解説サイトで、「初学者からでも使用可能」と書いてある場合があります。
実際には、完全な初学者が最初にこの教材をやってしまうと、解説の理解に時間がかかってしまうのです。

単元別

ネクステは単元別に分かれています。

「第4章 仮定法」のように、それぞれのページの単元がわかる構成です。
これは良い点でもあるのですが、同時に問題点でもあります。

それは「今やっている問題がその単元の問題であることがわかってしまう」ことです。

文法問題の中には、時折どの文法事項を使うかを問う問題があります。
しかし、ネクステでは、仮定法のページは仮定法を使えばいいんだなということがわかってしまいます。

当然ですが、実際の入試やテストでは『仮定法』のように分野が書かれていません。
そのため、厳密にいえばネクステで解く問題はヒントが与えられた状態なのです。

ネクステをやっても成績が上がらない生徒は、このヒントに依存している可能性が高いです。

問題量

ネクステは網羅率が高い分、演習にはやはり時間がかかってしまいます。
しかし、ネクステは「文法」の参考書というよりは「文法問題」の、言い換えるとインプットではなくアウトプット用の参考書です。

ですので、例えば受験で「文法問題」が出題されない場合、その優先度は低くするべきです。
とくに、近年はセンター試験から共通テストへの変更により、独立した文法問題に出会う機会が減ってきています。

センター試験があったころに書かれたサイトでは、文法問題をほとんどの受験生が解かなければならなかったためか、ネクステの重要度を高めに設定していることがあります。
それを参考にすると、ネクステのようなアウトプット問題集に比重を置いてしまうのです。

Next Stageの正しい使い方

ここまで、ネクステ特有の仕様と使用者との乖離を紹介しました。

しかし、使用者側がうまく工夫すれば、高校英語の対策が可能になります

別の参考書を挟む

最も簡単にできる対策は、文法の別の参考書と組み合わせて使うという方法です。

いたずらに何冊もやるのは効率が悪いので、「文法解説書」と「ランダム系」の2種類を1冊ずつやることをおすすめします。

「文法解説書」とは、文法の解説がぎっしり書いてある辞書のような参考書です。
ロイヤル英文法』(旺文社)や『Evergreen』(いいずな書店)などは持っている人も多いのではないでしょうか。

ネクステがアウトプット用なら、これらはインプット用です。
ネクステもやりながら、解説でわからない用語や文法事項がでてきたときに、解説書を参照しましょう。

「ランダム系」は、文字通り、文法問題がランダムに並べられているだけの問題集です。
有名なものだと『英文法ファイナル問題集』(桐原書店)や『関正生の英文法ファイナル演習ポラリス』(KADOKAWA)が挙げられるでしょう。
どちらもレベル別に何冊か出ているので、書店で確認して自分に合ったレベルのものを選んでみてください。

関連

英語嫌いの中高一貫校生が基礎を学ぶならこの問題集!厳選6冊紹介

目標とするところの過去問を参照する

受験なら、志望校の過去問を見て、4択文法問題や語順整序などがどのくらいでるかを予め確認しておきましょう。

定期テストなら、先生への質問や去年の同じ時期のテスト分析を通して、ネクステに載せられているような問題が独立して出題されるかを予想しておきましょう。

これにより、他の科目や分野にも時間を回すことができます。

もちろん、出ないからといってせっかく持っているネクステにまったく手を付けないわけにはいきません。
あくまで比重を減らすくらいに考えておくと良いでしょう。

まとめ

「で、結局ネクステは良書なの?悪書なの?」
と思った人もいるでしょう。

しかし、ここで私が強調したいことはそれは「使う人次第」ということです。

使うのであれば、この記事で述べた問題点に気を付けつつ、自分の用途に合わせた方法や頻度で使っていけば、良書と呼べるでしょう。

結局、それらを決めるのは使う側自身なのです。

「せっかく問題集を買っても、自分一人ではなかなか手を付けない」
「参考書・問題集の使い方がわからない!」

といったお子さんは、「中高一貫校専門個別指導塾WAYS」にお任せください。

中高一貫校で使用するオリジナル教材にも対応し、定期テスト対策を含めた勉強法を指導していきます。
一人ひとりに合った勉強法だからこそ、早く結果につながります。

無料体験指導・学習相談も行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

学習相談 Web予約

The following two tabs change content below.

個別指導塾WAYS

中だるみ中高一貫校生・高校生の定期テストの成績をたった90日で跳ね上げる個別指導塾。中高一貫校用教材に対応することで各中高一貫校の定期テストの点数に直結した指導を行います。低料金なので長時間指導が受けられるため、家で勉強できない中高一貫校生でも成績を上げることが出来ます。英語、数学をメインに指導を行っています。

コース紹介 中高一貫校生・高校生対象

あなたにぴったりな記事10選

今日の人気記事

新着記事

2022年12月01日 【期間延長!】大学受験コースの12月入塾金無料キャンペーンのお知らせ 2022年12月01日 【中高一貫校】法政大学中学校・高等学校の教育・評判を徹底解明 2022年12月01日 中高一貫校生の英語教科書『NEW CROWN』活用法 2022年11月30日 中高一貫校生は数学問題集『4STEP』を味方に成績UP!特徴と活用法紹介 2022年11月30日 【中高一貫校】香蘭女学校中等科・高等科の教育・評判を徹底解明 2022年11月29日 中高一貫校生の勉強時間は平均より少ない?勉強時間を増やすコツを紹介 2022年11月29日 【中高一貫校】千代田区立九段中等教育学校の教育・評判を徹底解明 2022年11月28日 英語で落ちこぼれの中高一貫校生必見!その理由と逆転のための3つの秘訣 2022年11月28日 【中高一貫校】山手学院中学校・高等学校の教育・評判を徹底解明 2022年11月27日 【中高一貫校】慶應義塾中等部の教育・評判を徹底解明

ブログを検索する

キーワード・学校名などを
入力してください。

トップページに戻る


指導コース紹介


トップページに戻る