英単語帳で覚えられる単語数と幾つかの単語帳の紹介

new_pixta_14691733_m
前回、英単語において、覚えるものと、覚える量ということについてブログを書きました。

ふとした疑問

大学受験を経験した人は何の疑問も沸かないと思うのですが、前回のブログを見て、このような疑問を持つ生徒さんがいるかと思います。
それは「大学受験に必要な単語量って5000語以上って書いてあるけど、どう考えても普通の単語帳を全部覚えても足りないのではないか?」ということです。

確かに、中学生用の単語帳は1000-1500語程度のものが主流ですので、それを覚えるだけで中学における必修単語は大体押さえることが出来ます。
しかしながら、大学受験に必要な単語量というのは、高校生に必修と言われている3000語よりも圧倒的に多いです。
例えば有名なTarget1900などは、1900個の単語を覚えることが出来ますが、よく考えると1900語しか覚えることが出来ません。仮に中学修了時で1500単語覚えて瑛太としても、1500+1900=3400単語では、せいぜい高校卒業レベルの語彙力を身に付けた程度で、大学受験で必要と言われている単語量には到底及びません。
こう見ると「あれ?Targetだけで受験を乗り越えたっていう人もいるけど、あれは嘘なの?」と思うかもしれませんが、そうではありません。
今回は、単語帳で実際に覚えられる量や単語帳毎の性格について考えてみたいと思います。

レベル別で別れている単語帳

速読英単語という単語帳をご存知でしょうか?この単語帳は基礎編、必修編と上級編という3冊が存在します。
Targetも1200, 1400, 1900と種類が別れています。これは所謂レベル別で掲載単語の難易度を変えているものになっています。簡単な方を覚えたらより難しいレベルの単語帳を引き続き買ってやってもらおうというシステムです。
その為、Target1900は割合難しい単語が多く掲載されています。高校必修レベルはTarget1400で覚えて、受験レベルを1900で覚えるというようにすると、獲得語彙力は=1500+1400+1900=4800程度まで増えます。しかし、こう見るとそれでも大学受験レベルには足りませんね。

派生語や類義語、対義語を加味すること

大抵の単語帳には、掲載単語の横に、派生語と類義語、対義語のような関連語が掲載されています。
Target1900の場合1573語の関連語が存在するので、すべて合わせると3473語の英単語が覚えられます。基本的な高校必修レベルの単語力を身に着けている人がTarget1900の派生語を含めた単語を覚えれば6500語程度の語彙力を身につけることが出来るというわけです。

単語帳の種類と特徴

英単語帳は沢山の種類が発売されています。単語帳はものによってそれぞれ特徴があるため、自分にあった単語帳を選ぶ必要があります。それは、単語のレベルが自分が覚えるべきものと一致しているかという点だけでなく、単語の掲載法が好みに合っているかなども含めてです。ここでは、特に有名なものについていくつか紹介したいと思います。

Target1900

ターゲットシリーズは英単語帳の中でも1,2位を争う有名なものです。学校でこの単語帳を指定されている人も多いかと思います。特にTarget1900が一番有名で「ターゲット」というとこの単語帳になります。
特徴:この単語帳の特徴として、掲載単語が必修順となっているところが挙げられます。ページの前半に載っている単語は優先順位が高いという風になっているので、自分自身意識しながら単語を覚えられるというのが利点でしょう。
また、Target1900は高校必修レベルの簡単な単語はあまり掲載されていません。基礎レベルの単語はTarget1400や他の基礎単語帳で覚えましょう。
また、もう一つの利点として、ターゲットは音声ファイルを無料ダウンロード出来るため、発音、アクセントを音声を聞きながらやりたいという人にとって、別売りCDなどを買わなくても済むということがあります。
ちなみに掲載単語数は1900+1573=3473語となってます。

システム英単語

略称「シス単」です。シス単の特徴として、単語の使い方を例文ではなく、フレーズで紹介することが挙げられます。非常に短文なので、単語の意味だけでなく、使い方が同時に分かるという風に評価されている単語帳となっています。
掲載単語数は2021語、熟語も180語程度掲載されています。ただし、短文に掲載されている単語や関連語の総数に関しては記述がないため、総数としてはもう少し増えると思います。

DUO3.0

読み方は「デュオ」です。私自身はDUOを使っていました。DUOの特徴は覚えるべき掲載単語を複数用いた文章があることです。その為、一つの文章を覚えると複数の単語が同時に覚えられるということが出来ます。また単語帳ですが、熟語も掲載されているため、これを全部覚えると熟語帳を別途やる必要が無いという楽したい人にはオトクな本です。またデュオは総掲載単語数が表示されております。英単語が見出し単語、熟語が1572語、熟語997語に対して総数は5025語、熟語が2841語です。全部覚えると相当力になるでしょう。

デメリット

DUOには他の単語帳と異なるデメリットがあります。
DUOは他の単語帳と異なり中学-高校-大学受験という時期の学生用専用の単語帳ではありません。大学生や社会人が英語の勉強をする際にも使われるため、他の単語帳と比べると汎用性が高い代わりに受験用の専門性が失われています。その為、他の単語帳と比べると必ずしも入試必須単語が見出し単語に乗っているわけではありません。他の基礎単語帳や文章、関連語などを覚えないと、必須単語が覚えられない可能性があることを留意しましょう。

速読英単語

通称「速単」です。速単の特徴は200語程度の英語文章があり、その中に掲載単語が30語程度存在するという点です。単語を覚えるのと同時に英語の文章構成の把握なども同時に出来るという点で、長文読解の最初の一歩にもなります。
速読英単語は入門編、必修編、上級編と3種類あります。必修編の掲載単語数は見出しが1900語、関連語が1350語となっています。

まとめ

単語帳には、見出し単語以外にも派生語があるので、全部覚えると見出し単語数より多くの語彙力を身につけることが出来る。
単語帳はものによって掲載の仕方が大きく変わるため、自分にあった単語帳を見つけ、自分にあった覚え方をすることが重要。

以上です。次回はWays講師に聞いた様々な覚え方を紹介します。

The following two tabs change content below.
個別指導塾WAYS

個別指導塾WAYS

中だるみ中高一貫校生・高校生の定期テストの成績をたった90日で跳ね上げる個別指導塾。中高一貫校用教材に対応することで各中高一貫校の定期テストの点数に直結した指導を行います。低料金なので長時間指導が受けられるため、家で勉強できない中高一貫校生でも成績を上げることが出来ます。英語、数学をメインに指導を行っています。

コース紹介 中高一貫校生・高校生対象

中だるみ中高一貫校生の英語の数学定期テスト対策コース 高校生定期テスト対策コース 大学受験準備コース 大学受験コース

今日の人気記事

新着記事

新・英単語の暗記法~書かずに見て覚える方法~
中高一貫校生の最強パートナーは!?WAYSと一緒に成績爆上げ状態に!
二松学舎大学付属高校2年生―「出来ない」問題のみを繰り返すことで成績アップ!
【決定版】英検CSEスコアを知って、ライティング対策をしよう!
開智未来高校1年生―問題選定と演習時間の確保で成績アップ!
成績が上がったきっかけを伝授!学校と塾の授業に全力で挑んだ結果~
日本工業大学駒場中学校3年生―勉強法の定着で成績アップ!
成績が伸び悩んでいる生徒必見!成績の上がる教科書・問題集の使い方!
九段中等教育学校6年 大学受験対策をすることで定期試験の成績もアップ
鎌倉学園3年生―解答再現→解き直しのサイクルで成績アップ!

2016年10月11日