関東学院六浦中2年生―理解からの繰り返し練習で計算力をつけて成績アップ!

関東学院六浦中の成績アップ事例を紹介します。

この生徒は中学2年生の8月に入塾しました。入学した当初は平均点以上とっていたようですが、どんどんと成績が下がっていき、入塾前の1学期期末テストでは、数学が50点(平均61点)と平均点を下回る状況が続いていました。

しかし入塾から1ヶ月間、当塾で学習していくことで、次の2学期中間テストでは数学が65点(平均61点)と成績をアップすることができました。

なぜ短期間で成績が上がったのでしょうか? その理由をお伝えします。

入塾時の学習状況

この生徒はもともとクラブチームに所属しており、家に帰っても疲れて寝てしまうため、ほとんど勉強をしていない状況でした。

関東学院六浦中のテストの傾向としては、複雑な考え方や初見の問題が出題されることはほとんどありません。学校の問題集を繰り返し解き込んで、基礎力を固めれば十分に得点できます。

しかし、この生徒が初めて塾に来たときは基礎計算も危うい学力で、かなり前の単元内容でつまづいていました。そこで、計算の基礎まで遡って学習することにしたのです。

理解→練習の繰り返し

計算力を身につけるためには、計算方法の理解と練習の繰り返しが必須となります。

はじめは間違えた計算をその都度解説をして理解し直し、その場でもう一度解く練習を繰り返しました。また、同じ問題を繰り返すだけでは練習にならないため、似た類題を出して慣れるまで計算をしました。さらに指導時間の終わりに、再度正答できるかもう一度解き直しを徹底しました。

計算力とはただ方法を理解しただけでは身につかず、間違えずに解けるまで何度も練習を繰り返し、慣れることでようやく身につくためです。

計算力がついたことで成績アップ!

指導の結果、入塾後はじめての定期テストでは数学が65点(平均61点)と、平均点以上の点数を取ることができました。わからないところをそのまままにせず、理解して練習をするということを繰り返したおかげで、計算力がついていきました。

生徒本人も「わからないまま進むことがなくなって、自信をもって勉強できるようになった」と嬉しそうに語ってくれました。

最初はわからない点が多く、遡りながら学習を進めていったので不安なようでしたが、理解できた内容が増えたことで自信もつき、学習意欲も向上したそうです。

今後の目標

この生徒の今後の目標はさらなる得点の向上です。
クラブチームでの活動が忙しくなかなか勉強時間を確保しづらいですが、その中でも必要な勉強量をこなしていくことが直近の課題です。ひとまずは塾で勉強をしてわからない点を解消することで、演習時間を少しずつ増やしています。

個別指導塾WAYSでは、このように勉強第一ではなく、勉強の負担を減らして部活やスポーツに集中したいという生徒も多く入塾します。そして、指導時間内に繰り返し演習をすることで成績を上げていっています。

学校の成績でお悩みの方は、是非ともお問い合わせください!

The following two tabs change content below.

生澤和史

個別指導塾WAYS 大船教室教室長 慶応義塾大学環境情報学部卒 得意科目は数学 学部時代の専攻は教育経済学 集団塾講師、家庭教師の経験を活かし、生徒の学力向上に励んでいる。 趣味はベース、カラオケ、料理

コース紹介 中高一貫校生・高校生対象


あなたにぴったりな記事10選

今日の人気記事

新着記事

2021年10月22日 清風中学校3年生―テストの傾向の分析と解き直しで成績アップ! 2021年10月19日 【中高一貫校】中学生に塾は必要か?塾に行く理由とメリット 2021年10月19日 大妻中野高校2年生―計画的な学習で成績アップ! 2021年10月15日 清風高等学校1年生―わからない問題を粘り強く学習することで成績アップ! 2021年10月15日 要約を制する者は読解を制す!そのやり方とコツ 2021年10月13日 【大学受験・英語】正しい音読のやり方!速読力を伸ばす最強の勉強法 2021年10月12日 駒込高校1年生―演習量の大幅増で成績アップ! 2021年10月08日 東山中学校3年生―解き直しの徹底と確認テストの実施で成績アップ! 2021年10月08日 インプットアウトプットは中学生の勉強に役立つのか? 2021年10月08日 成績を上げたい中学生の保護者が知っておくべきポイント!

トップページに戻る


指導コース紹介

講座紹介

新規開校情報

新規開校 たまプラーザ教室

トップページに戻る