青山学院中等部3年生―正しい勉強習慣を身に着けることで成績アップ!

青山学院中等部の成績アップ事例を紹介します。

この生徒は中学3年の6月に入塾しました。入塾前の1学期中間テストでは、英語が48点という状況でした。

しかし、入塾から1ヶ月間、当塾で学習していくことで、次の1学期期末テストでは英語69点と、大きく成績をアップすることができました。

なぜ成績が大幅に上がったのでしょうか? その理由をお伝えします。

入塾時の学習状況

この生徒は部活で忙しいこともあり、定期的な学習の習慣がなく演習量が不足している状況でした。学校の授業を受けてわからなかったところを解決できず、また、先生に質問をしてわかったものを反復練習して自分でできるようにできていなかったため、基礎的な学力が定着していないままテストを受けている状態でした。

120分の長時間指導で疑問点をその場で解消し、演習量を確保

当塾の指導時間は1コマ120分ですので、まずは定期的な通塾を通して演習量を確保させました。
指導は個別指導形式なので、解説を読んだり学校の授業を聞いたりしても理解できなかった部分をその場で質問し、解説を受けることができます。

初めは基礎が身についていないためいたずらに手を広げず、学校で使用する教材やプリントの疑問点を解消し、繰り返し解くことで演習量を確保し知識を定着させ、定期テストに備えました。

ある程度学力がつき基本問題が解けるようになったら、次は応用問題です。
定期テスト問題の多くは学校教材から出題されますが、テストのために作られた初見の問題が出題されることもあります。
当塾は各種中高一貫校用教材を取り揃えているため、他のテキストでの類題演習に取り組むことで、初見の問題への対応力を鍛えました。

演習量を確保し成績アップ!

1ヵ月の学習の結果、英語の点数は48点から69点と21点アップを達成しました。
当塾では指導時間内に間違えた問題の解き直しも行いますので、知識を身につけた上でアウトプットの習慣がつき、「わかるけど、テストで点が取れなかった」という事態にならないよう学習を進めることができました。

また、この生徒はテスト前にコマを追加し、数学の学習にも取り組みました。結果、英数のみならず全教科で平均点を超える好成績を残すことができました。

今後の目標

今後はさらに良い点を取るよう学習に励んでいます。前回のテストの自己分析として、取れる問題の取りこぼしがあったことや、時間配分に意識が及ばず手をつけられなかった問題があったことを反省点としていましたので、次のテスト対策ではより一層基礎を固めた上で、時間を意識した演習に取り組んでいきます。

個別指導塾WAYSでは、このような勉強習慣が身についていない生徒が多く入塾します。そして勉強習慣を身につけ、演習量を確保することで成績を上げていっています。学校の成績でお悩みの方は、是非ともお問い合わせください!

The following two tabs change content below.
関根亮太

関根亮太

個別指導塾WAYS 飯田橋教室 講師 自身の中高一貫校在籍経験を活かした指導を行う。趣味はギターとスノーボード。

コース紹介 中高一貫校生・高校生対象

中だるみ中高一貫校生の英語数学理科定期テスト対策コース 高校生定期テスト対策コース 大学受験準備コース 大学受験コース

あなたにぴったりな記事20選

今日の人気記事

新着記事

2021年07月02日 ネクステ(Next Stage)はわかりにくい?潜む罠と対抗策 2021年07月01日 内職をして成績は上がる?失敗パターンから見る内職の効率 2021年07月01日 【中高一貫生向け】大学受験を考えている人の注意点 2021年06月30日 実は9種類!?すべてのチャート式の種類&レベルを解説! 2021年06月29日 今の使い方で大丈夫?明日からできる英単語帳の〈真〉の使い方 2021年06月26日 「単語も覚えたのに…」長文ができない人へ!原因と対策 2021年06月25日 鎌倉女学院中学3年生―WAYSの学習空間と学習ルールで成績アップ! 2021年06月22日 鶴見大学附属高等学校1年生―効率的な学習法の定着で成績アップ! 2021年06月18日 洗足学園中学校2年生-解き直しを複数回することで成績アップ! 2021年06月15日 富士見中学校2年生ー演習時間の確保と教材3周ルールの徹底で成績アップ!

2019年11月19日