本郷中学校2年生―勉強習慣を身につけて成績アップ!

本郷中学校の成績アップ事例を紹介します。

この生徒は中学1年の3月に入塾しました。入塾前の3学期期末テストでは、全教科平均が学年の下位5%以下、数学が平均点を大きく下回る苦手科目という状況でした。

しかし、入塾から2ヶ月間、当塾で学習していくことで、次の中学2年の1学期中間テストでは数量が70点(平均点63点)、図形が63点(平均点59点)と平均点を大きく上回り成績アップができました。また、他の科目も、平均点近くや、平均点以上に点数を持っていくことができました。

なぜ成績が大幅に上がったのでしょうか? その理由をお伝えします。

入塾時の学習状況

入塾時、この生徒は学校から出た宿題はとりあえず提出していたのですが、それ以降は見直しをしない状況でした。テストまで分かる問題だけをたくさん解き、間違えた問題や分からない問題はそのままにしていました。その状態でテストに臨んでいたため、結果成績UPにつながりづらい状態でした。

また、部活も忙しく、帰ってくると疲れから中々集中できずに寝てしまっていました。それゆえ、勉強時間をしっかり確保することができていませんでした。

このような要因で、勉強方法と勉強習慣をしっかり身につけられていなかったのです。

中学2年生に向けて、勉強法を見直す

この生徒が入塾したのは、中学1年生の終わる春頃でした。春期講習が始まるタイミングでの入塾だったので、講習の時間を使い、しっかり勉強方法を見直すことができました。最初に「間違えたところは最後にもう一度解く」ことを徹底し、反復することの大切さを実感してもらいました。

また、WAYSは1コマ2時間です。他塾に比べて長めの指導時間に慣れてもらうことで、勉強習慣を身につけてもらうことができました。

間違えた問題を徹底的に繰り返すことで、「反復をすれば、分からないことが分かるようになり、できるようになる」ことを、理解していきました。

勉強習慣を身につけることで成績大幅アップ!

この生徒は、分からない問題があると考え込んでしまう癖がありました。その場合は、「一度答えを見て、2周目にできるようする」というルールを設けました。とにかく何周も問題集をこなしていくことの重要性を指導しました。

その結果、下位5%未満であった数学の成績が、次のテストでは、数量が70点(平均点63点)、図形が63点(平均点59点)と、大きく跳ね上がりました。勉強習慣と勉強方法を見直すことで、平均点を超えることができたのです。

今後の目標

今回のテストで、数学の点数を平均点以上にすることができました。ただ、英語や理科などはまだ平均点に達していません。今後も繰り返して問題集をこなしていく勉強方法を実践し続けて、他の教科も平均点以上にしていくことが、これからの目標です。

 

個別指導塾WAYSでは、どのように勉強すれば良いのか分からない生徒が多く入塾します。そして、勉強習慣と勉強方法を見直すことで成績を上げていっています。

学校の成績でお悩みの方は、是非ともお問い合わせください!

The following two tabs change content below.
小泉生

小泉生

個別指導塾WAYS 駒込教室 室長 小泉生 早稲田大学社会科学部卒。「教養は人生を楽しくする」をモットーに、日々生徒たちの学力向上に励んでいる。受験での経験を活かし、誰もが楽しく学習できる勉強法の確立を目指す。趣味はピアノ、絵を描くこと。

コース紹介 中高一貫校生・高校生対象

中だるみ中高一貫校生の英語の数学定期テスト対策コース 高校生定期テスト対策コース

今日の人気記事

新着記事

大船教室開校!2019年1月4日まで入塾金無料!
2018年9月10日より「英検」対策講座開始!
吉祥寺第2教室開校!2018年11月15日まで入塾金無料!
獨協中学校2年生―反復演習と学習リズム形成で成績アップ!
学習院中等科2年生―効率の良い勉強方法を身につけて成績アップ!
東洋英和女学院中学部3年生―単語の暗記で英語の成績大幅アップ!
成城高校3年生―「できる」問題を増やすルールを徹底して成績アップ!
成城中学校2年生―問題集を繰り返し解くことで成績アップ!
本郷中学校2年生―勉強習慣を身につけて成績アップ!
都立文京高校2年生―演習量の確保と勉強習慣の見直しで成績アップ!

2018年08月17日