佼成学園高校2年生―繰り返し学習で成績アップ!

佼成学園高校の成績アップ事例を紹介します。

この生徒は高校1年の3月末に入塾しました。入塾前の学年末テストでは、数学(I)が27点、数学(A)が60点という状況でした。

しかし、入塾から3ヶ月間、当塾で学習していくことで、1学期期末テストでは数学が69点と、大きく成績をアップすることができました。

なぜ成績が大幅に上がったのでしょうか? その理由をお伝えします。

入塾時の勉強方法

佼成学園の文系数学のテストは、基本的な問題を中心に出題されています。普段の授業を理解できていれば点数が取れるようになっていますが、この生徒は数学に対する苦手意識が強く、学習してもなかなか点数が伸びないということで入塾しました。

今までは学校教材の『4STEP』を使って学習していました。しかし、本生徒の実力と問題集のレベルに差があり、中々定着できていない状態でした。

中高一貫校では非常に難易度の高い参考書を扱います。それを解ければ実力がつきますが、参考書とのレベル差に苦労する場合も多いです。

試験プリントを5周して公式理解&暗記

当塾では学校教材をメインに使って授業をしていきますが、この生徒のように学校教材のレベルが合っておらず、思うように進まない生徒も多く在籍しています。その場合、塾にある教材を使用し各生徒に合った問題集を進めていきます。

今回は中間テストの傾向を分析して、学校で配られたプリントを重視して進めることにしました。

間違えた問題は3周することで定着を図っていますが、この生徒は公式を覚えるのが苦手でした。そのため、プリントを5周することで計算方法や公式を覚えていきました。

公式を覚えるのが苦手な生徒や計算ミスが多い生徒に対しては、1周目で正答できた問題も再度解くことをオススメします。繰り返し解くことで、なんとなく覚えていた部分もしっかり定着していきます。

教材を絞って学習し成績アップ!

このように問題傾向を分析し、教材を絞って学習することで「何を勉強すればよいか」が明確になります。

その結果、数学の点数が69点となり、高校に進学してから最高得点を取れました。この点数に学校の先生も驚いていたようです。

今後の目標

今後も数学の点数を維持できるように苦手単元を復習し、英語も同じように成績を上げるために夏期講習で総復習する予定です。

個別指導塾WAYSでは、このような勉強がなかなか点数に繋がらない生徒が多く在籍し、生徒に合った内容で勉強することで成績を上げていっています。

学校の成績でお悩みの方は、是非ともお問い合わせください!

コース紹介 中高一貫校生・高校生対象

中だるみ中高一貫校生の英語の数学定期テスト対策コース 高校生定期テスト対策コース

今日の人気記事

新着記事

攻玉社中学校3年生ー効率の良い勉強サイクルを継続することで成績アップ!
巣鴨中学校2年生ープリントの全範囲を網羅することで成績アップ!
淑徳高校1年生ー問題集を難易度別で段階的に解いて成績アップ!
富士見中学校3年生ー学校課題を無理なくこなせるようにすることで得点アップ!
中高一貫校生が英検®準備を始める時期は?英検®への意識
中高一貫校生はリスニング、リーディング、スピーキング、ヒアリングどの分野が得意・苦手?
中高一貫校生の英検®の所持率は89.7%、持っている級は何級?
帝京大学中学校2年生ー効率の良い勉強方法をマスターすることで成績アップ!
海城中学校2年生―質問力を身につけることによって成績アップ!
桐朋中学校3年生―英語の三段階学習法で成績アップ!

2017年08月04日